不動産を売却するなら、少しでも高く売りたいと思うもの。しかし、知識のない一般人が思い通りの結果を得るのは至難の技です。本記事では、実家の売却を考えている若い会社員の「ミツウラアサミ」と、不動産売買の秘密を教えてくれる、小さなおじさんの姿をした不思議な家の精霊「家の精」とのコミカルな会話を交えつつ、不動産業界のウラや売買のヒントをやさしく解説します。

「完全成果主義の業者」+「知識が欠如している売主」

不動産業界のなかには一定数、売主の利益を完全無視した営業を行う仲介業者が存在するので、十分に警戒する必要があります。

 

そもそも、なぜこのような悪質な手口が当たり前のように蔓延しているのかというと、不動産業界の「特殊な性質」が関わっていることは間違いありません。

 

まず一つとして、「契約が成立して初めて儲けが出る商売」であるというビジネスモデルが要因となっています。

 

不動産は一つひとつの商品が高額であり、毎日のように売れるわけではなく、時間をかけて契約を獲得し、売上を出すのが基本の儲け方です。一つの契約成立が、会社の今後を大きく左右することも普通にあり得る世界なのです。

 

ですから彼らは血眼になって、なんとしても契約を取ろうと必死になります。時には契約のためなら手段を選ばず、グレーゾーン以上の、限りなく違法に近い手口も選ぶわけです。

 

不動産仲介業に従事する各社員の基本給は比較的低めに設定される傾向があり、契約が成立したらインセンティブ報酬が出るというのが、オーソドックスな給与体系です。ですから、やはり契約を取ってなんぼのワークスタイルであり、売主の前では悪いところをひた隠しにして、その背景では関係者と口裏を合わせて、契約を取ろうとします。

 

「成果主義への過剰な崇拝」という根本の体質が、売主を不利にする悪しき循環を生んでいます。

 

加えて、不動産は高い商品であるゆえに、顧客である売主にとって売買取引は一生に一度あるかどうかの体験です。当然、売主には知識がありません。したがって、経験と知識不足から、彼らが嘘をついているかどうかを見抜く力が備わっていません。

 

つまり、売主が問題に気づけないまま、仲介業者の思惑どおりに事が運んでしまっているケースが多々発生しています。時に問題が浮き彫りとなり、報道され、特定の不動産関連業者がやり玉に挙げられることもありますが、「氷山の一角だ」という批評はなされても、他社にまで対象を広げさらなる調査を行うまでには至っていません。どこかの段階で蓋をされ、何事もなかったかのように、また同じ手口は繰り返されてしまっています。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ完全成果主義の不動産業者、知識が不足している売主

あなたにオススメのセミナー

    ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

    ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

    露木 裕良

    幻冬舎メディアコンサルティング

    早く確実に売り切りたい 物件情報を広範囲に発信したい 市場価格より高値で売却したい 売主の希望を最大限叶える不動産売却方法とは―― 物件を高く売りたい――不動産を所有している人であれば誰でも思うことです。 しか…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ