高齢者を食い物にして荒稼ぎ…悪徳不動産仲介会社の非情な手口

不動産を売却するなら、少しでも高く売りたいと思うもの。しかし、知識のない一般人が思い通りの結果を得るのは至難の技です。本記事では、実家の売却を考えている若い会社員の「ミツウラアサミ」と、不動産売買の秘密を教えてくれる、小さなおじさんの姿をした不思議な家の精霊「家の精」とのコミカルな会話を交えつつ、不動産業界のウラや売買のヒントをやさしく解説します。

子は独立、妻は介護施設…自宅売却を決めた高齢男性

ある高齢の男性が、自宅の不動産を売却することに決めました。子どもは同居しておらず、妻は介護施設に入ることが決まり、一人暮らしするには広過ぎるし不便だと感じたからです。

 

「売却金があれば自分も介護施設に入ることができるし、バリアフリーのマンションを借りるのもいいな」と思っての判断でした。近所の不動産屋に相談したところ、担当者からは非常に前向きな返答が得られました。

 

「日当たり良好の土地なので、良い条件で売ることができますよ!」

 

担当者の営業文句に気を良くした男性は、その場で専任媒介契約を結んだのです。ところが、そのあとに待っていたのは、「もう買手がつきましたよ!」といううれしい報告ではなく、担当者からのさらなる営業のオンパレードでした。

 

「少し家の造りが古いので、リフォームをしましょう。若い方がきっと買ってくれますよ」

 

「お庭もお手入れして見栄え良くしましょう。いい造園業者を知っていますから」

 

「家は何も置かれていない状態のほうが、内見も気軽に行っていただけます。余裕がおありでしたら、次のマンションに移られてはいかがですか。賃貸でもいいですが、買うのもいいかもしれません。いいお部屋をお探ししますよ」

 

これら担当者の「気遣い」は、もちろん営業の一環で儲けのためなのはいうまでもありません。

リフォーム会社や造園業者を斡旋し、紹介料ゲット

リフォームや庭の手入れの斡旋は、不動産の価値を高めるためというのはうわべだけの話で、仲介業者が懇意にしているリフォーム会社や造園業者に依頼することで、各依頼先から紹介料を受け取っているのです。

 

売主からの仲介手数料と買主からの仲介手数料、両手から儲ける双方代理だけでなく、各リフォーム会社からのマージン、さらには引越し先探しの仲介料まで受け取り、仲介業者は一つの売却物件でおいしいところを総取りしようという魂胆です。もちろんその結果、男性の不動産が期待以上の価格で売却でき、なおかつ理想に合った部屋に引っ越すことができればそれでいいわけですが、事情をよく知る者から見れば、

 

「リフォーム会社なんて、自分で依頼すればもっと安いのに」

 

「そもそも最初から営業力の高い業者だったら、もっと早く高く売れたと思う」

 

と、売主の不利益を感じずにはいられません。

売買成立どころか、解体を持ち掛けられ…

もっとひどいと、内見に来てもなかなか売買成立まで至らず、業を煮やし、

 

「いっそ解体して更地にするのもいいかもしれません。いい解体業者を知っていますよ」

 

と持ちかけてくることもあります。こうなったら呆れるしかありません。仲介業者はノーリスクで丸儲け、立て続けの出費に泣くのは売主だけです。

 

このようなケースには高齢の方ほど引っかかりやすいようです。若い方はこのような営業を受けてもその場では受け入れません。インターネット上に情報が溢れているということもあり、「まず自分で探してみます」と冷静に対応する傾向にあります。

 

家の精   情報収集力が乏しく、判断力が低下傾向にあるお年寄りがターゲットにされやすいわけだな。

 

アサミ   若くても油断はできないわね。同年代の話しやすい担当者だと、つい気を許しちゃいそう。

 

もしあなたが高齢なのであれば、この点には十分に注意しましょう。身近にいる若い方にも協力を仰いで、冷静に「急であっても急がない」の精神で、売却までのプランを固めていくようにしましょう。

 

また、身近に高齢な方がいて不動産の売却を検討しているようであれば、事細かに支援する姿勢を大切にしてください。決して仲介業者の食い物にされぬよう、予防線をばっちり張り巡らせましょう。
 

 

露木 裕良
一般社団法人「不動産売却支援ネット」 理事長
「不動産高く売りたい.com」 サイト運営

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

あなたにオススメのセミナー

    元・藤和コーポレーション創業者 現相談役
    一般社団法人「不動産売却支援ネット」 理事長
    「不動産高く売りたい.com」 サイト運営
     

    神奈川県出身。
    1985年大学卒業後、ハウスメーカーの現場監督として就職。1989年建設業を起業。
    独立以後、木造住宅、分譲住宅、店舗、造成土木工事、アパート、マンションなど1000棟以上を建築し、住宅に係るすべての事業を経験。2004年より「新築大家さん」を開始。
    元祖「土地のないサラリーマンに出来る新築不動産投資」b’CASAシリーズのブランドにて300棟以上販売。
    著書に『不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと』(現代書林)、共著書に『不動産投資は儲からない』(ジュリアン)がある。

    不動産のオークションジャパン
    http://fudosan-japanauction.jp/seller

    著者紹介

    連載オークションで不動産を高く売る方法

    ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

    ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

    露木 裕良

    幻冬舎メディアコンサルティング

    早く確実に売り切りたい 物件情報を広範囲に発信したい 市場価格より高値で売却したい 売主の希望を最大限叶える不動産売却方法とは―― 物件を高く売りたい――不動産を所有している人であれば誰でも思うことです。 しか…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ