「不動産を売りたいが…」高値売却を実現する〈プロたちのテクニック〉基本編

不動産を売却するなら、少しでも高く売りたいと思うもの。しかし、知識のない一般人が思い通りの結果を得るのは至難の技です。本記事では、実家の売却を考えている若い会社員の「ミツウラアサミ」と、不動産売買の秘密を教えてくれる、小さなおじさんの姿をした不思議な家の精霊「家の精」とのコミカルな会話を交えつつ、不動産業界のウラや売買のヒントをやさしく解説します。

不動産の売却価格は「ニーズの高さ」で決定する

中古不動産は、「売り方」によって売却価格がかなり上下します。

 

「この不動産がどうしても欲しい!」という人が一人しか出てこなかったら、価格競争が生まれないため安い価格に落ちついてしまいます。

 

一方、「この不動産がどうしても欲しい!」という人が2人や3人、さらに10人いたらどうでしょうか。価格競争が生まれることで一気に価値が高まり、売却価格も自然と高額になっていきます。

 

要するに「どうしても欲しい」というニーズをどれだけ引き出せるかが、最終的な不動産の売却価格を決定づけるということです。

 

これにはまず、効率的な広告展開を仕掛けることが重要となるわけですが、費用面や委託先など十分に考慮する必要があり、また必ずしもたくさんのニーズを引き出せるとは限らないため、一定のリスクがつきまといます。

 

もう一つ、時間やお金などの負担をほとんどかけることなく、売主だからこそできる重要な「売り方」があります。

 

その売り方とは、売主の視点から物件の魅力・アピールポイントを思いつく限り羅列して、買主候補へ向けて発信することです。

 

ポイントとしては、そこに住む人がどんな生活を送ることができるのか、土地利用の側面から考えることです。「幼稚園と小学校が近いから子どものいる家庭に向いている」とか、「夜や休日は車の通りが少なく静かなので、喧騒が苦手な人にお勧め」といったように、そこで生活を営んできた人だからこそ見えてくる魅力をアピールすることが、新しいニーズを引き出す一つの材料となります。

 

*  *  *  *  *

 

家の精:もちろん、不動産関係者の専門的な視点も、アピールポイントにガンガン詰め込んでいこう。

 

アサミ:過去の事例や専門的知識をたくさん有している不動産のプロの視点と、不動産については素人だけど該当物件のことを誰よりも知っている売主の視点。二つの視点が合わされば、不動産に価値を感じてくれるニーズも倍増して、より高値のつく可能性が高まるのね。

 

*  *  *  *  *

 

不動産仲介業者に営業を委託する場合も、抽出した魅力・アピールポイントを資料としてまとめて、買主候補に渡してもらうよう頼む手段は有効です。少しでも高く売れる可能性が高まる方法の一つですから、不動産仲介業者も嫌がることはないでしょうし、拒まれるようなら仲介契約の条項に入れて確約してもらうという奥の手もあります。

 

不動産を探している人に対して、どれが最強のアピールポイントになるのか、売主にも不動産関係者にも分かりません。「コンビニまで徒歩10秒」が購入の決め手になるかもしれないですし、「バス停が家の目の前」や「春は自宅から満開の桜が見られる」に大きな魅力を感じてもらえるかもしれないのです。

 

一方で、不動産のプロの目線からは「車を2台停められる駐車場スペースを確保可能」や「1棟9室のワンルームマンションが建設可能」といった、専門的な立場からのアピール材料を引き出すことができます。これら専門的な知見による土地活用法を見て、建設会社が問い合わせすることも考えられ、一気に価値が高まる期待がもてるわけです。

 

売却のことばかり考えるよりも、まずは土地利用の側面から考えを展開していくことで、より満足のいく不動産売買が成し遂げられます。

 

【10月15日(土)開催セミナー】
1棟アパート投資〈相続市場〉を狙って「利回り20%」「売却益2千万」を獲得!

(年収500万からOK、全国対応OK)

あなたにオススメのセミナー

    元・藤和コーポレーション創業者 現相談役
    一般社団法人「不動産売却支援ネット」 理事長
    「不動産高く売りたい.com」 サイト運営
     

    神奈川県出身。
    1985年大学卒業後、ハウスメーカーの現場監督として就職。1989年建設業を起業。
    独立以後、木造住宅、分譲住宅、店舗、造成土木工事、アパート、マンションなど1000棟以上を建築し、住宅に係るすべての事業を経験。2004年より「新築大家さん」を開始。
    元祖「土地のないサラリーマンに出来る新築不動産投資」b’CASAシリーズのブランドにて300棟以上販売。
    著書に『不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと』(現代書林)、共著書に『不動産投資は儲からない』(ジュリアン)がある。

    不動産のオークションジャパン
    http://fudosan-japanauction.jp/seller

    著者紹介

    連載オークションで不動産を高く売る方法

    ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

    ストーリーで分かる オークションで不動産を高く売る方法

    露木 裕良

    幻冬舎メディアコンサルティング

    早く確実に売り切りたい 物件情報を広範囲に発信したい 市場価格より高値で売却したい 売主の希望を最大限叶える不動産売却方法とは―― 物件を高く売りたい――不動産を所有している人であれば誰でも思うことです。 しか…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ