(画像はイメージです/PIXTA)

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

ハンセン指数 19,597.31 pt (▲1.79%)
中国本土株指数 6,742.04 pt (▲1.79%)
レッドチップ指数 3,667.96 pt (▲0.98%)
売買代金1,056億5百万HK$(前日1,365億5万HK$)

米国はタカ派的発言が相次ぎ市場のセンチメントは悪化

米国市場はFRBによる大幅利上げ継続への懸念が根強い中、前日の米主要3指数は4営業日続落した。

 

連日、米国の中央銀行高官によるタカ派的発言が相次ぎ、株式市場のセンチメント悪化が続く。明日の8月の米雇用統計の発表を控え、投資家の間では結果を見極めたいという姿勢が強いようだ。

 

内容については足元の雇用の堅調さが示されればFRBの大幅利上げ継続を後押しする材料となり得るため、指標が減速したほうが株価にはプラスに働く可能性が高いと見られる。

 

ただ、雇用統計に先立って発表された民間機関が算出する8月のADP米雇用統計は非農業部門就業者数が前月比13万2,000人増と、7月の26万8,000人増から伸びが大きく鈍化し、市場予想の28万8,000人増も大幅に下回った。

 

加熱していた労働市場が転換点に差し掛かっている局面もあり、明日の雇用統計を手がかりに米国経済の現状を映しだす指標として一層注目が集まる。

 

1日の香港市場はハンセン指数が前日比1.79%安と一本調子で下げ幅を広げた。取引時間中に発表された8月の財新中国製造業PMIは49.5と市場予想を下回り、前月から悪化。景況判断の節目となる50を3ヵ月ぶりに割り込んだ。

 

8月は中国各地では厳格な新型コロナウイルス対策が続いていることに加え、猛暑の影響で電力不足が深刻化したことも受け、中国の景気には回復の勢いがみられない状況を示す結果となった。9月に入ってもハンセン指数は20,000ptでの攻防が続く。

 

中国財新中国製造業PMI

インターネットサービス大手の企業株売却報道の影響も

自動車関連株が下げ幅を広げハンセンテック指数は前日比1.63%安と下落。新興EVメーカーのNIO(9866)は5.2%安、自動車メーカーの小鵬汽車(9868)は4.4%安、自動車ディーラーの中升集団(0881)は4.0%安、吉利汽車HD(0175)は2.8%安と売りが先行した。

 

また、インターネットサービスのテンセント(0700)は0.7%安。同社が有する上場企業株のうち1,000億元相当を年内に売却する方針との報道が流れたことでフードデリバリーの美団(3690)は5.8%安となった。同社は出資持ち分を減らす目標金額や時期は一切設定していないと否定するも、影響は限定的となった。

 

そのほか、幅広い銘柄に売りが散見され、自動車・電池メーカーの比亜迪(1211)は前日の大幅安に続いて3.9%安。2日で約12%強の下げとなった。ビール大手の華潤ビール(0291)は4.9%安、Eコマースのアリババ(9988)は2.2%安、香港取引所(0388)は2.0%安だった。

次ページ中国の今後の景気刺激策支援に期待も

あなたにオススメのセミナー

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ