中国・香港では新型コロナウイルス規制による景気後退の懸念が再燃。両市場は、モメンタム悪化 (画像はイメージです/PIXTA)

香港在住・国際金融ストラテジストの長谷川建一氏(Wells Global Asset Management Limited, CEO)が「香港・中国市場の今」を解説していきます。

ハンセン指数 19,949.03 pt (▲0.37%)
中国本土株指数 6,840.17 pt (▲0.47%)
レッドチップ指数 3,712.17 pt (▲0.25%)
売買代金961億4百万HK$(前日917億9万HK$)

2年米国債利回りが、約14年9ヵ月ぶりの高水準

FRBのパウエル議長が前週末の講演で政策金利の積極的な引き上げ姿勢を示したことから連日、債券には売り圧力が顕在化し、利回りは上昇した。

 

政策金利の動向に敏感な2年米国債利回りは一時3.48%台まで上昇しており、2007年11月以来、約14年9ヵ月ぶりの高水準をつけた。米長期金利の指標となる10年米国債利回りも3.13%と約2ヵ月ぶりの水準まで上昇した。

 

今週2日に発表を控える8月の米国雇用統計を前に、マーケットは9月の米FOMCで75bpsの大幅な利上げを織り込む動きを見せている。CME Fed Watchによると次回の75bpsの利上げ幅の確率は70%台を超えてきている。9月FOMCでは50bpsの利上げにとどまるとみていた市場にとっては、今回の引き上げ幅拡大は、大方の想定外である。

 

さらに、FRBが成長鈍化という痛みを伴ったとしてもインフレ抑制を優先するという見解は、これまでFRBのハト派的なスタンスを期待していたマーケットにとっては、落胆させる材料となっている。

 

中国は再び感染拡大で中心地区24駅の地下鉄が運行停止

中国本土では、再び複数の大都市で新型コロナウイルスの感染拡大が確認され、規制が強化されると伝わった。

 

中国の感染者は8月に入って高止まりしており、千人超の推移が続く(下図参照)。深圳市では、公共施設が9月2日まで感染防止のため封鎖されたほか、中心地区の24駅の地下鉄が運行停止された。また大豆や鉄鉱石輸入の主要港である大連では、約300万人の住む都市の大部分が封鎖された。

 

ここ数日の間、感染者(無症状者含む)が数人単位であっても、都市封鎖を実施する動きが一部都市で散見されている。今後こうした動きが主要都市にも広がれば、再び中国経済にとっては打撃となる可能性がある。このところの感染状況は、中国・香港の株式市場のモメンタムをくじくには十分である。

 

 

あなたにオススメのセミナー

    Wells Global Asset Management Limited, CEO 国際金融ストラテジスト <在香港>

    シティバンク東京支店及びニューヨーク本店にて、資金証券部門の要職を歴任後、シティバンク日本のリテール部門やプライベートバンク部門で活躍。

    2004年末に東京三菱銀行(現MUFG銀行)に移籍し、リテール部門でマーケティング責任者、2009年からは国際部門に異動しアジアでのウエルスマネージメント事業戦略を率いて2010年には香港で同事業を立ち上げた。

    その後、MUFG銀行を離れ、2015年には香港金融管理局からRestricted Bank Licence (限定銀行ライセンス)を取得し、Nippon Wealth Limitedを創業、資産運用を専業とする銀行のトップとして経営を担った。

    2021年5月には再び独立し、Wells Global Asset Management Limitedを設立。香港証券先物委員会から証券業務・運用業務のライセンスを取得し、最高経営責任者として、アジアの発展を見据えた富裕層向けサービスを提供している。

    世界水準の投資機会や投資戦略、資産防衛に精通。個人公式サイトなどを通じて、金融・投資啓蒙にも取り組んでいる。(個人ブログ:HASEKENHK.com

    京都大学法学部卒・神戸大学経営学修士(MBA)、名古屋市生まれ

    著者紹介

    連載国際金融ストラテジスト長谷川建一の「香港・中国市場Daily」

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ