不器用な人ほど「空間認識能力」を鍛えたほうがいい納得の理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

空間認識能力は、「物体同士の空間的な関係を理解し、記憶する能力」です。この能力はクリエーティビティーやイノベーションにおいて主要な役割を果たすことが、最近の研究でも紹介されています。記憶力日本選手権大会6回の最多優勝者の池田義博氏が著書『世界記憶力選手権グランドマスターの 驚くほど簡単な記憶法』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】12/15(木) 開催決定
東京23区・駅近投資で資産防衛・相続対策!
高い資産価値を維持する「新築一棟賃貸マンション」
開業医のための「個人資産の増やし方」セミナー 詳しくコチラ>>>

仕事の手順を考えるのは「空間認識能力」

■イメージ記憶で作業効率もアップする

 

下段の3つのうち、上段の立体と違うものはどれでしょうか?

 

 

 

イメージングによって、記憶能力をアップさせることができるとお伝えしてきました。それは同時に、頭の中でイメージを操作する能力に長けてくることを示しています。

 

この能力向上は、ビジネスパーソンとして最強の武器を手に入れたことを意味します。その武器の名前は「空間認識能力」といって、「物体同士の空間的な関係を理解し、記憶する能力」です。言葉にすると難しそうですが、人間誰しもが持っている能力です。

 

例えば、子どもの頃よく行った祖父母の家や親戚の家の間取りなどは、時間が経ったあとも、案外すみずみまで思い出せるのではないでしょうか。あるいは、学生時代に住んでいた街の地理なども、今でも頭の中に思い描けるのではないでしょうか。

 

こういった能力も、空間認識能力の1つです。人間がこれまで生き延びられてきたのは、空間(場所)を認識する能力が高かったことが要因の1つにあります。その名残が、今でも脳内にあるというわけです。

 

この空間認識能力を表す特徴は、ほかにもあります。冒頭で述べた頭の中でイメージを操作する能力も、実は空間認識能力の1つなのです。

 

冒頭の問題は、空間認識能力を使って考える問題です。ちなみに、答えはCです。あるべきブロックが1つなくなっています。

 

この問題は、空間認識能力の中でも「メンタルローテーション(心的回転)」とよばれるものです。簡単にいうと、「同じ物体を異なる角度から見た図をイメージする」能力です。空間認識能力は、クリエーティビティー(創造)やイノベーション(変革)において主要な役割を果たしうるということが、最近の研究でも紹介されています。

 

物事の認識や判断・思考、そしてもちろん記憶においても空間認識能力の働きが必要となってくるため、この能力が低い人は判断を誤ることが多かったり、なかなか記憶ができなかったりするのです。

 

また、仕事の手順を考えるときなども、この能力が必要になってきます。個々のタスクを頭の中で並べたり組み替えたりして、最適化した形の全体像を頭の中で把握するといった能力が、まさに空間認識能力なのです。したがって、空間認識が苦手な場合は、要領も悪く仕事も遅いということにつながってしまうのです。

 

東京大学の池谷裕二教授によると、空間認識能力の向上により、論理的に考えることができる「垂直思考」、そして、アイデアを生み出すときに必要な既成の枠にとらわれずに考えることができる「水平思考」の2つを手に入れることができるのだそうです。仕事でロジックツリーやマインドマップなどの思考ツールを利用している人は、ツールの効果が倍増しそうですね。

 

あなたにオススメのセミナー

    記憶力日本選手権大会最多優勝者(6回)
    世界記憶力グランドマスター

    一般社団法人記憶工学研究所 代表理事/所長、世界記憶力グランドマスター、ライフキネティック日本支部 アンバサダー、アクティブ・ブレイン協会 テクニカルディレクター。
    記憶法との出会いをきっかけに記憶という能力に興味を持つ。独自に研究、トレーニングの末、初出場にもかかわらず2013年の記憶力日本選手権大会にて初優勝。その後、2019年まで出場した6大会にてすべて優勝。また、2013年にロンドンで開催された世界記憶力選手権において日本人初の「世界記憶力グランドマスター」の称号を獲得。現在は記憶能力も含め、多くの人の「脳力」向上に貢献することを自身のミッションとして活動中。テレビ・ラジオの出演および著書多数。
    一般社団法人記憶工学研究所
    https://mei.or.jp/
    池田義博オフィシャルサイト
    https://ikedayoshihiro.com/

    著者紹介

    連載誰にでも簡単にできる「記憶能力アップ」法

    本連載は池田義博氏の著書『世界記憶力選手権グランドマスターの 驚くほど簡単な記憶法』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    世界記憶力選手権グランドマスターの驚くほど簡単な記憶法

    世界記憶力選手権グランドマスターの驚くほど簡単な記憶法

    池田 義博

    日本能率協会マネジメントセンター

    在宅勤務など個人単位で働く機会が増え、従来よりも個人の成果に焦点があてられ、成果物の質を決める「思考力」が要求されています。まずは頭の中の知識・情報の量を増やし、これらを有機的に結び付け、価値のあるアイデアを生…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ