ひらめきはスキル?…知識が多い人ほどアイデアが湧き出る理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

覚えた知識をそのままの形でしか使えないのだとしたら、人間の記憶の価値というものはそれほど高くないかもしれません。しかし、記憶した知識を組み合わせて新しい価値のあるものを生み出せるところに、人間の記憶の価値があります。記憶力日本選手権大会6回の最多優勝者の池田義博氏が著書『世界記憶力選手権グランドマスターの 驚くほど簡単な記憶法』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

アイデアは既存の要素の新しい組み合わせ

次の品物の中のどれか2つを組み合わせて、新しい製品のアイデアを出せますか?


はさみ
ヘッドフォン
歯ブラシ
マスク
懐中電灯
フライパン
スプレー
ノート
磁石
タイマー
自転車
ポット

 

ここまでお伝えしてきたことで、私がイメージを使った記憶トレーニングを続けてきた中で、記憶能力はもちろん、そのほかにもさまざまな能力が向上してきたことは、皆さんにもご理解いただけたのではないかと思います。その中で、私自身が何よりも一番効果を実感し、今につながる要因になってくれた能力があります。それは「閃(ひらめ)き」の能力です。言い換えると、アイデア創出力でしょうか。頭の上で電球がピカっと光る、あのイメージです。

 

私は現在、本の執筆や能力開発を目的とした講座および教材といったコンテンツを開発することを主な仕事としています。どんな仕事でも要求される能力だとは思いますが、私の場合は、特に新しいものを創り出す、いわば創造力が要求される場面が多いのではないかと思います。

 

本音をいわせていただくと、もし、記憶競技というものに出会わなかったら、そして、記憶のトレーニングをしてこなければ、多分こうはならなかっただろうと実感しています。しかし、記憶能力を向上させるための研究をしていく中で、脳のメカニズムを知った今では、その理由もよくわかります。

 

ここで、アイデアというものがどのように生まれるのか考えてみましょう。

 

まず、アイデアは、果たして頭の中に何の情報や知識といった「種」がない状態で生まれるものでしょうか。皆さんも、まったくのゼロの状態から何かが生まれるとは考えにくいと思うのではないでしょうか。まさにそのとおりで、閃きやアイデアというものは、ゼロから生まれるものではありません。

 

アイデアの創出に関しては、昔から現在に至るまでさまざまな考え方が発信されてきました。しかし、すべてにおいてアイデアの本質は共通しています。「アイデアとは、既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」ということです。

 

この言葉は、初版1940年という、今から何十年も前にジェームス・W・ヤングによって書かれた『アイデアのつくり方』という本の中に書かれている一節ですが、何十年もたった今でもアイデア創出のメカニズムの普遍性は揺るぎません。

 

 10月14日(金)開催 
【経営者・高所得サラリーマン必見】
「年内償却」を活用した所得税対策とは?

~まだ間に合う!「富裕層を熟知した税理士」が教える
年収1,000万円以上の人が実践しているテクニック~

詳細はコチラ>>

あなたにオススメのセミナー

    記憶力日本選手権大会最多優勝者(6回)
    世界記憶力グランドマスター

    一般社団法人記憶工学研究所 代表理事/所長、世界記憶力グランドマスター、ライフキネティック日本支部 アンバサダー、アクティブ・ブレイン協会 テクニカルディレクター。
    記憶法との出会いをきっかけに記憶という能力に興味を持つ。独自に研究、トレーニングの末、初出場にもかかわらず2013年の記憶力日本選手権大会にて初優勝。その後、2019年まで出場した6大会にてすべて優勝。また、2013年にロンドンで開催された世界記憶力選手権において日本人初の「世界記憶力グランドマスター」の称号を獲得。現在は記憶能力も含め、多くの人の「脳力」向上に貢献することを自身のミッションとして活動中。テレビ・ラジオの出演および著書多数。
    一般社団法人記憶工学研究所
    https://mei.or.jp/
    池田義博オフィシャルサイト
    https://ikedayoshihiro.com/

    著者紹介

    連載誰にでも簡単にできる「記憶能力アップ」法

    本連載は池田義博氏の著書『世界記憶力選手権グランドマスターの 驚くほど簡単な記憶法』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    世界記憶力選手権グランドマスターの驚くほど簡単な記憶法

    世界記憶力選手権グランドマスターの驚くほど簡単な記憶法

    池田 義博

    日本能率協会マネジメントセンター

    在宅勤務など個人単位で働く機会が増え、従来よりも個人の成果に焦点があてられ、成果物の質を決める「思考力」が要求されています。まずは頭の中の知識・情報の量を増やし、これらを有機的に結び付け、価値のあるアイデアを生…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ