(※写真はイメージです/PIXTA)

ビジネスにおいて高いパフォーマンスを発揮するために必要な能力は集中力です。集中力をキープするための鉄則というものがあります。記憶力日本選手権大会6回の最多優勝者の池田義博氏が著書『世界記憶力選手権グランドマスターの 驚くほど簡単な記憶法』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

記憶するために集中力は必須の能力

それでは、集中力という能力自体に目を向けて、これをいかに伸ばすかですが、ここでも記憶能力が非常に密接に関わってきます。私自身は、記憶能力とは、ほぼ集中力とさえ考えています。というのも、何かを記憶するためには集中力は必須の能力だからです。集中力が働いていない状態で何かを記憶するというのは、ほぼ不可能です。

 

一口に記憶といいますが、この記憶についても心理学的な定義が存在します。

 

「記銘(覚える)」→「保持(覚えておく)」→「想起(思い出す)」という3つの工程を経て、はじめて記憶とよぶことができるのです。テキストをただ眺めているだけでは内容を覚えられない、何も意識せずに人と会うだけでは名前を覚えられないというのは、記憶のための工程があるからです。

 

何かを覚えるためには、「これを覚えよう」という意志を持たなければならないということです。意志を持つことで、はじめて脳の記憶のスイッチが入るのです。そして、その意志とは何かといえば、ずばり集中力なのです。

 

また記憶競技の話で恐縮ですが、種目の中に、1時間でできる限り円周率のようなランダムな数字を記憶する競技があります。問題用紙にずらっと並んでいる数字を1時間掛けて覚えます。続いて覚えた数字を再現する解答の時間になりますが、その時間が2時間です。要するに、3時間連続で脳を使い続けることになります。こうなると、もはや記憶能力というよりも集中力の勝負なのです。

 

池田義博著『世界記憶力選手権グランドマスターの 驚くほど簡単な記憶法』(日本能率協会マネジメントセンター)より。
池田義博著『世界記憶力選手権グランドマスターの 驚くほど簡単な記憶法』(日本能率協会マネジメントセンター)より。
 

当然私も、最初からこれほどの集中力を持っていたわけではありません。この競技のトレーニングを続けることによって、だんだんと覚えられる量が増えました。それに比例して、3時間もの集中力も同時に身に付けることができたというわけです。

 

集中力は測ることが難しいですが、記憶能力は覚えた量がわかるので、定量的に能力がアップしたことがわかります。記憶できた量が、間接的に集中力のバロメーターとなってくれるというわけです。したがって、「記憶能力=イメージ力」の方程式と合わせて、「集中力=記憶能力=イメージ力」とも表せることになります。

 

イメージ力がアップすれば、記憶能力もアップし、記憶能力がアップすることで、さらにイメージ力もアップするというサイクルでした。ここで述べたように、記憶能力と集中力が結び付いているのなら、イメージ力を上げて記憶能力を上げることが、集中力をも向上させることにつながっているのも、理解できるのではないでしょうか。

 

そして、皆さんも感じ始めているかもしれませんが、このアップした集中力は、ビジネスの場面で要求されるさまざまな能力を高めるための触媒にもなりうるのです。

 

池田 義博
記憶力日本選手権大会最多優勝者(6回)
世界記憶力グランドマスター

 

 

↓コチラも読まれています 

ハーバード大学が運用で大成功!「オルタナティブ投資」は何が凄いのか

富裕層向け「J-ARC」新築RC造マンションが高い資産価値を維持する理由

 業績絶好調のジャルコのJ.LENDINGに富裕層が注目する理由 

コロナ禍で急拡大!トラックリース投資に経営者が注目する理由

  「給料」が高い企業300社ランキング…コロナ禍でも伸びた会社、沈んだ会社

あなたにオススメのセミナー

    本連載は池田義博氏の著書『世界記憶力選手権グランドマスターの 驚くほど簡単な記憶法』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋し、再編集したものです。

    世界記憶力選手権グランドマスターの驚くほど簡単な記憶法

    世界記憶力選手権グランドマスターの驚くほど簡単な記憶法

    池田 義博

    日本能率協会マネジメントセンター

    在宅勤務など個人単位で働く機会が増え、従来よりも個人の成果に焦点があてられ、成果物の質を決める「思考力」が要求されています。まずは頭の中の知識・情報の量を増やし、これらを有機的に結び付け、価値のあるアイデアを生…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ