医者にも多い…頭の回転が速い人ほど「人の話を聞かない」ワケ (※画像はイメージです/PIXTA)

人の話に耳を貸せない人は、自分中心に物事を捉えている人が大半です。このような人たちは、こだわりが強く、自分と違う考えに興味を持ちません。どのように対処したらいいのでしょうか。産業医の井上智介氏が著書『職場のめんどくさい人から自分を守る心理学』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

頭の回転が早い人に多い先回りで結論を言う

■こんな時どうしたらいい? シーン別対処法

▶人の話を聞かない、自分に都合よく解釈されてしまう

人の話に耳を貸せない人は、自分中心に物事を捉えている人が大半です。専門用語では「自己中心性が高い」と言います。

 

このような人たちは、こだわりが強く、自分と違う考えに興味が持てません。

 

さらに、自分の思い通りにものごとを進めてうまくいった経験があるため、周囲の意見や考えを聞くことを軽視しがち。

 

人が何を言おうとも自分のやり方が決まっていて、完結しているのです。

 

こうした人たちは、医師にもたくさんいます。

 

患者さんがまだ1しか話していないのに、先回りして結論を言ってしまう。

 

頭の回転が速い人が多いため、本人としては言われなくても分かっていると思っているのでしょうが、患者さんにしてみれば、「人の話を聞かない医者だな」と感じるわけです。

 

そのような性質がいいように働く場合もあるかもしれませんが、たいていの場合は気づかないうちに身勝手な行動をとっていたり、相手を傷つける言動をしていることも少なくありません。

 

残念ながら、こういう人たちに正論やあなたの考えをぶつけても無駄です。

 

相手がどう思っているかなんて関心がないので、何を言っても右から左に通り過ぎるだけ。

 

そんな人たちに注意を向けてもらうためには、あなたがちょっと工夫する必要があります。

 

聴覚に訴えるだけではスルーされてしまうのであれば、視覚を使ってみましょう。表やフローチャートなどを使って、細部まできちんと説明するのです。

 

さらに別の方法として、あなたが話を始める時に、

 

「○○さんの意見が聞きたいのですが……」

 

と前置きをして話してみてください。

 

こういう人は大体自分に自信を持っているので、この一言で、よりあなたの話に興味を持ち、意見も聞いてくれやすくなるでしょう。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】8/18(木)開催決定
節税、相続、贈与対策から資産形成まで
10万円から始める不動産クラウドファンディング
「グッドコムファンド」販売、緊急セミナー>>>>

産業医 精神科医 健診医

島根大学医学部を卒業後、現在は産業医・精神科医・健診医の3つの役割を中心に活動している。産業医としては毎月30社以上を訪問し、精神科医としては外来でうつ病などの精神疾患の治療にあたっている。その一方で、多くの人に「おおざっぱに笑ってラフに生きてほしい」という思いを込めてブログやTwitter などでも積極的に情報発信を行っている。著書には『ストレス社会で「考えなくていいこと」リスト』(KADOKAWA)や『職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全』(大和出版)などがある。

著者紹介

連載「仕事の悩みは人間関係が8割」職場の心理学

※本連載は井上基介氏が著書『職場のめんどくさい人から自分を守る心理学』(日本能率協会マネジメントセンター)から一部を抜粋し、再編集したものです。

職場のめんどくさい人から自分を守る心理学

職場のめんどくさい人から自分を守る心理学

井上 智介

日本能率協会マネジメントセンター

「仕事の悩みは人間関係が8割」だといいます。 職場ではさまざまな人と関わる必要があり、仕事の関係上、自分が人間関係を選ぶことも難しい。自分に都合の悪いことは無視する上司、融通がきかない部下、承認欲求が強く、自己…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ