中古アパート投資…「インカム狙い」と「キャピタル狙い」どちらが正解? (※写真はイメージです/PIXTA)

不動産投資で収益をあげるには、家賃収入を得る「インカムゲイン」と、物件が値上がりしたら売って、差額を得る「キャピタルゲイン」の2つがあります。中古アパート投資では、どちらを狙うべきでしょうか、目的別にみていきます。

「資産形成目的」ならインカムゲイン

「不動産投資を始めたい」と考える人の目的はさまざまですが、とくに資産形成を目的に始める人が多いのではないでしょうか。

 

このように「資産形成」を目的にするのであれば、「インカムゲイン」狙いの不動産投資がおすすめです。

 

「インカムゲイン」とは、購入した資産が継続的に生み出してくれるお金を得ることをいいます。預金なら「利息」、株式なら「配当金」を受け取ることが、インカムゲインに相当します。

 

不動産投資におけるインカムゲインは、取得したアパート・マンションやビルなどを賃貸して「家賃収入」を得ることです。毎月数万円、数十万円が入ってくるのですから、金融商品への投資のみならず、現物不動産への投資による資産形成方法だといえます。

 

ただし、家賃収入はそのまま自分の懐に入るわけではありません。ローンを組んで物件を買った場合は、その月々の返済額を家賃収入から差し引く必要がありますし、物件管理や修繕の費用、税金などもかかります。これらの諸費用を家賃収入から差し引いたものが、「正味のインカムゲイン」となるわけです。

 

一方、投資で利益を得る方法には、「キャピタルゲイン」という方法もあります。こちらは、購入した資産が値上がりしたときに売却して、買ったときの値段との差額を得る方法です。5,000万円で買ったアパートがその後値上がりし、6,000万円で売却したとすれば、1,000万円のキャピタルゲインが得られるというわけです。

 

このようにキャピタルゲイン狙いの不動産投資では、物件を売却すると、一度にまとまったお金を得ることも可能です。人気のあるエリアの物件なら値上がり率も高いので、比較的短期間で大きなキャピタルゲインを得られる可能性もあります。

 

ただし、買った物件が必ず値上がりするという保証はありません。とくに中古アパートの場合、建物の価値は経年劣化によって下がってしまうので、土地の値段がいくらか上がったとしても、全体としての価値は目減りするのが一般的です。

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

アパート経営オンラインは、堅実・健全な不動産賃貸経営業をナビゲートする情報メディアを目指し、既に不動産を経営されている方、初めて行う方に向けてお届けするサイトです。
様々なことに向き合い、改善するきっかけとなりますようアパート経営オンラインでは、成功事例や失敗事例を交え、正しい不動産の経営方法をお伝えいたします。

詳しくはこちら

著者紹介

連載入口戦略から出口戦略まで完全網羅「堅実なアパート経営」のススメ

本記事は『アパート経営オンライン』内記事を一部抜粋、再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ