北海道は中国の移民地に?日本で懸念される「移民戦」の脅威 (※写真はイメージです/PIXTA)

移民を利用して政情や治安を不安定にさせる「移民戦」が国際的な問題になっています。日本では団地に中国人が大勢住むようになったり、地方の高校が中国人留学生で溢れたり、中国人が北海道の土地を買いあさっているといいます。日本人の土地、財産が危険にさらされています。元・陸上自衛隊東部方面総監の渡部悦和氏が著書『日本はすでに戦時下にある すべての領域が戦場になる「全領域戦」のリアル』(ワニプラス)で解説します。

日本でも懸念される移民戦が国際的な問題に

「移民戦」という言葉を知っているだろうか。ベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領が移民を利用して、ポーランドなどの隣接国の政情や治安を意図的に不安定にすることを狙っているが、このような戦いのことを「移民戦」という。

 

その移民戦が国際的な問題になっている。ルカシェンコ大統領による移民戦は以下のような展開だ。まず欧州への移住を希望する中東などの人々に呼び掛け、応募者を航空機でベラルーシの空港に到着させる。

 

次に、その移民希望者たちをポーランドとベラルーシの国境付近に移動させ、ポーランドへの越境をそそのかし、ポーランドに混乱をもたらす。あまりにも非常識な計略である。

 

ルカシェンコ大統領の計略の背後には、欧米民主主義国家の混乱を画策するロシアのウラジーミル・プーチン大統領がいると報道されている。

 

かつて、中東やアフリカなどからの難民が欧州に押し寄せて大問題になったが、移民を隣国との戦いのために利用するという理不尽なことが現実に起こっていることを、我々は知らなければいけない。そして、いま日本で起こっていることは、じつは移民戦に近いことではないかと、私は思っている。

 

日本の団地に中国人が大勢住むようになって、団地(例えば埼玉・川口市の芝園団地)が彼らに占領されかねない例、日本人学生16人に対して167人の中国人留学生が学ぶ日章学園九州国際高等学校の例、北海道東川町が人口減少対策として町が自ら留学生集めに乗りだし、人口を増やすことに成功(もちろん増えたのは中国人)している例など、外国人が日本を目指して殺到した場合のリスクをもっと真剣に考えるべきだ。

 

また、外国資本が自衛隊や海上保安庁の基地周辺の不動産や北海道などの広大な土地を買いあさっている例、対馬や沖縄にある国境の離島の土地が買収されている例なども懸念されることだ。

 

もしこれらの土地が外国資本に買収されると、そこを拠点として情報収集活動をされたり、自衛隊等の活動に対する妨害や反対運動をされたりする可能性がある。

 

いずれにしろ、いまや在日外国人数は約289万人(2020年6月末現在)で、そのなかで在日中国人の約78万人(2020年末現在)がもっとも多い。オーストラリアの在留中国人が100万人以上で、これは統一戦線工作に適する数だと言われているが、それに近い状況になっていることに我々は危機感をもつべきだろう。北海道が「中国北海道自治省」になるような事態は絶対に回避すべきだ。

 

前・富士通システム統合研究所安全保障研究所長
元ハーバード大学アジアセンター・シニアフェロー
元陸上自衛隊東部方面総監

1978(昭和53)年、東京大学卒業後、陸上自衛隊入隊。その後、外務省安全保障課出向、ドイツ連邦軍指揮幕僚大学留学、函館駐屯地司令、東京地方協力本部長、防衛研究所副所長、陸上幕僚監部装備部長、第2師団長、陸上幕僚副長を経て2011(平成23)年に東部方面総監。2013年退職。著書に『米中戦争―そのとき日本は』(講談社現代新書)、『中国人民解放軍の全貌』(扶桑社新書)、『日本の有事』(ワニブックス【PLUS】新書)、共著に『台湾有事と日本の安全保障』『現代戦争論―超「超限戦」』(ともにワニブックス【PLUS】新書)がある。

著者紹介

連載日本はあらゆる領域が戦場になる戦時下である

日本はすでに戦時下にある

日本はすでに戦時下にある

渡部 悦和

ワニブックス

中国、ロシア、北朝鮮といった民主主義陣営の国家と対立する独愛的な国家に囲まれる日本の安全保障をめぐる状況は、かつてないほどに厳しいものになっている。 そして、日本人が平和だと思っている今この時点でも、この国では…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ