「不動産投資は儲からない」という人が見落としがちな資産拡大効果

不動産投資は「儲からない」と批判する人がいます。不動産投資は儲かる話ではありませんが、投資対象としてふさわしくないわけでもありません。あなたが「堅実に」資産を作っていきたいのであれば、不動産投資ほど適した投資法はありません。24,000戸以上を管理する不動産会社の代表の重吉勉氏が著書『不動産投資が気になったらはじめに読む本』(金風舎)で明らかにします。

ローンは活用次第で資産形成の武器になる

ほかの資産運用商品と異なり、不動産投資はローンを利用できるという特徴があります。手元に投資用マンションを購入するだけの資金がなくても、ローンを利用することで不動産投資を始めることができます。

 

これから不動産投資を始めようという方のなかには、借金はこれまでまったくしたことがない人もいるのではないでしょうか。そういう方ほど、「借金は怖い」「借金だけはしてはいけない」と考えているかもしれません。

 

借金は怖いからとって、まったく借入れを利用しなければ、現金で投資用マンションを購人することになります。東京の中古ワンルームの現在の価格は1000万円から3000万円ですから、これだけのお金をいちから貯めようと思うと果てしなく時間がかかってしまいます。

 

これではいつまでたっても不動産投資を始めることはできません。借金は怖い、かといって投資するだけのお金も貯められない……。ではどうやって不動産投資を始めればよいでしょうか。この答えこそが、この連載でもっともお伝えしたいローンを活用した資産形成の法則「レバレッジの黄金率」です。

 

■レバレッジの黄金率とは?

 

レバレッジの黄金率は資産形成のスピードを加速させ、金利上昇リスクにも対応することのできる借入れ比率です。このレバレッジの黄金率を用いた投資法をいったんマスターしてしまえば、あとは借入れ比率を意識するだけでマンションをどんどん増やしていくことが可能です。

 

具体的には、次の状態をレバレッジの黄金率と呼んでいます。

 

①ローンのないマンションが2戸、ローンのあるマンションが1戸ある状態
②借入れ比率40%以下を維持した状態

 

②については後述しますが、いったんこの形ができれば、あとはマンションから得られる家賃収入だけで、次から次へとマンションを増やしていくことが可能です。

 

レバレッジの黄金率を利用して物件を増やしていけば、給料以上の家賃収入をつくることも夢ではありません。実際に、サラリーマンとして働きながらレバレッジの黄金率を実践して給料以上の家賃収入を作り上げた方は少なくありません。

 

ただし、レバレッジの黄金率はすぐにでも毎月何十万円もの不労所得が自動的に入ってくるようなうまい話、儲かる話ではありません。あなた自身にも、ローンを繰上げ返済するための努力をしていただくことになります。

 

それでも、巷にあふれる誰が買うのかわからない暗号通貨や情報商材を使ったお金儲けの情報に振り回されて、先の見えない努力を続けるよりも、確実に資産形成を行うことのできるやり方です。その努力を続けることが、給料以上の不労所得を得るための近道になるのです。

 

「すぐにお金が欲しい、そして自分のお金はかけたくない」という人には向かない方法ですが、1年経過するごとに着実に、資産も、入ってくる家賃収入も増やしていきたいという方、そしてそのための努力ができる方には、この方法がまさにぴったりです。

 

サラリーマンの方が確実に資産を形成し、不労所得をつくるにはベストの方法だと確信しています。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

株式会社日本財託 代表取締役社長

1962年生まれ。石川県小松市出身。早稲田大学社会学部中退。
1990年、株式会社日本財託を設立するが、まもなくバブル景気が崩壊。それまで羽振りのよかった不動産会社が次々と倒産。地獄のような苦しみを味わうなか「生き残るには地道な固定収入が大切だ」と気づき、「不動産業の原点は管理業だ」と確信する。
31年間の賃貸経営サポート業務を通じ、失敗した人を多く見たこと、そして自分自身もバブル崩壊で失敗した苦い経験があることなどから「失敗しないための不動産投資法」などのセミナー活動を積極的に行う。「管理を通じてお客様と一生涯のお付き合い」を経営理念として、日本で最も信頼される不動産会社を目指している。
著書に『中古ワンルームマンションで収益を上げる!』『東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい』『中古ワンルームは「東京23区」を買いなさい!』『中古ワンルーム2戸からはじめる家賃40万円稼ぐ黄金の法則』『今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!』『低金利時代の不動産投資で成功する人 失敗する人』(いずれもかんき出版)がある。
2021年8月末現在、オーナー数は8,677名、24,341戸を管理。年間平均入居率98%という、他社には類を見ない高い入居率を維持している。

日本財託グループ
http://www.nihonzaitaku.co.jp/

著者紹介

連載サラリーマンがはじめての「不動産投資」で成功するノウハウ

本連載は重吉勉氏の著書『不動産投資が気になったらはじめに読む本』(金風舎)から一部を抜粋し、再編集したものです。

不動産投資が気になったらはじめに読む本

不動産投資が気になったらはじめに読む本

重吉 勉

金風舎

不動産投資から得られる家賃収入は、あなたに人生の選択肢を増やしてくれます。 不動産投資で失敗しない物件選びからリスクとその解決法、購入後の賃貸管理と効率の良い物件の増やし方までを、具体的かつ再現可能な方法でご紹…

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

重吉 勉

かんき出版

空前の低金利で不動産投資がブームになっています。なかには、頭金ゼロを謳っている投資会社も。 でも、本当に今借金しても大丈夫なのでしょうか。頭金ゼロで何億円もの資産をつくった人の将来は安全なのでしょうか? 本書は…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ