無視できないSNS「口コミ」マーケティングの成功ポイント (※写真はイメージです/PIXTA)

商品を購入するときの情報源として重要視されているのが、実際に利用した人の体験談やクチコミです。そうした生活者のリアルなクチコミは、「生」の情報として、生活者の購買に大きな影響を与えているのです。コンサルタントの井口嘉則氏が著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)で解説します。

【オンライン開催(LIVE配信)】7/9(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

ブログを続けて、潜在顧客を顕在化させる

Web上に日記風のログ(log:記録)を残すことができるようにしたのが「ブログ」(ウェブログの略)で、個人の利用から始まりましたが、近年企業の利用も増えています。

 

自社サイトを閲覧した人や、資料をダウンロードした人等にメールアドレスを登録してもらい、そうした人たちに定期的にブログ配信を行うことで、商品・サービスを紹介したり、自社サイトの閲覧を増やしたり、最終的には購買や引き合いに繋げることもできます。

 

ブログは、利用目的により以下の3種類に分類できます。

 

(1)ビジネス用ブログ(企業ブログ)

企業・法人がビジネス目的で使うためのブログで、一般企業のブログ、ECサイト(インターネット通販サイト)のブログ、個人事業主のブログ等があります。利用目的は、その運営サイトへのアクセス数アップや商品・サービス紹介です。

 

(2)アフィリエイト用ブログ

ネット専用の広告代理店(ASPといいます)に登録された企業の商品やサービスを紹介し、その商品が売れたり、会員登録されたりした場合に成果報酬がもらえるものです。副業が解禁されたため始める人が多くなっています。主に個人の人が書いていることが多いです。

 

アフィリエイトのカテゴリーには、健康、スポーツ、美容・健康、エンタメ、不動産・引越し、恋愛・婚活、グルメ・食品、金融・投資・保険、ギフト等があります。

 

(3)個人用ブログ

個人が自分の好きなジャンルについて、好きなことを趣味的に書いています。書き手としては、ブログのアクセス数が増えたり、反応があったりすると励みになります。またここから同じ趣味を持った友人を増やすこともできます。

 

個人利用の場合でも、GoogleのGoogleAdSense(グーグルアドセンス)というサービスを使うことで広告掲載も可能となり、それで広告収入を得る人もいます。

 

ブログには、無料で利用できるものと、有料で利用するものとがあります。

 

①有料ブログ(インストール型)

自社・自分でサーバーをレンタルし、そこにWordPress等のブログにも使えるソフトをインストールして使うタイプです。ブログソフト自体は、無料のものと有料のものとがあります。

 

②無料ブログ(レンタル型)

Amebaブログなどのサービサーがブログ用のサーバーとテンプレートを提供し、それを利用するタイプで、以下が主要なサービス例です。

 

・FC2:デザインテンプレートが約6000種類と豊富
・Ameba:多くの芸能人がブログ利用していることで有名
・livedoor: カスタム性に優れていて、トップページやカテゴリー、個別の記事など各ページでカスタマイズ可能

 

Amebaブログ(通称アメブロ)は、芸能人が多く、ブログの閲覧PV(Page View)が月に1億回を超える人もいて、そこに広告が掲載されて、多額の広告収入を得ている人もいます。

 

企業で使う場合は、ホームページをWordPress等のようなCMSで構築し、そのコンテンツの一つとしてブログを載せ、顧客のファン化を図ります。

 

ポイント
ブログで潜在顧客に情報提供し続け、顕在顧客化する

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット 代表取締役
オフィス井口 代表

岐阜県出身。東京大学文学部社会学科卒業、シカゴ大学MBA。

日産自動車にて情報システム部門、海外企画部門を経験、中期計画・事業計画を担当。三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて、中堅~大企業向けに中計策定支援をはじめ、数多くの経営コンサルティング案件を手がける。その後、IT系などのコンサルティング会社を経て、2008年にオフィス井口設立。2009年から株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット代表取締役。

2010年代には中央大学ビジネススクール客員教授、立教大学経営学部講師、対外経済貿易大学客員教授(中国・北京)等も務める。

クライアント企業の新規事業企画コンサル、中期経営計画策定やワークショップ方式の企業研修講師を多く務める。「研修程度の費用でコンサル以上の成果を」が売り。研修・講師実績多数。研修・セミナー等は年間100回程度のペースで実施(Zoom等を使ったオンラインセミナーや研修も実施している)。

【主な著書】
『マンガでやさしくわかる中期経営計画の立て方・使い方』(2019年)
『マンガでやさしくわかる経営企画の仕事』(2018年)
『マンガでやさしくわかる事業計画書』(2013年)
『ゼロからわかる事業計画書の作り方』(2009年)
(以上、日本能率協会マネジメントセンター)

『これならわかるマンガで入門!新規事業のはじめ方』(ダイヤモンド社、2015年)
『中期経営計画の立て方・使い方』(かんき出版、2008年)
『経営戦略のフレームワークがわかる』(産業能率大学出版部、2011年) ほか

著者紹介

連載事業計画書の作り方100の法則

※本連載は、井口嘉則氏の著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋・再編集したものです。

事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

井口 嘉則

日本能率協会マネジメントセンター

経営環境が激変する最悪シナリオを乗り切る「事業計画書」の立て方・作り方とは? 「ビジョン・戦略立案フレームワーク」で何を/どの段階で行うかがわかる“これからの”実践教科書。 コロナ禍にあっても、事業計画の立…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ