(※画像はイメージです/PIXTA)

がんは日本人の死亡原因の1位ですが、「がん」=「死」ではなくなりました。がんとの共存が当たり前になりつつあります。そこで、がん保険もそうした人の生活や治療をサポートする保障に変わってきました。ファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏と横川由理氏が『NEWよい保険・悪い保険2022年版』(徳間書店)で解説します。

【関連記事】やってはいけない「保険の見直し」思わぬ落とし穴に要注意!

一時金でどんともらうか、長期の治療に備えるか

▶がん保険

がんだけを保障の対象とした保険です。がん治療の進歩に合わせ、がん保険も多様化してきました。治療を受けながら暮らしていく患者と、その家族をサポートする保障が増えています。

 

■高額ながん診断一時金が登場

 

2021年は、がん保険の新商品が相次いで発売されました。

 

以前のがん保険の基本的な保障は、「診断一時金」「入院・手術給付金」「特約」の組み合せでした。いまは「診断一時金」「治療給付金」「抗がん剤治療給付金」「自由診療」「特約」など多様化しています。というのも、がんの治療法が進歩しているからです。

 

がんは日本人の死亡原因の1位ではありますが、「がん」=「死」ではなくなりました。がんとの共存が当たり前になりつつあります。そこで、がん保険もそうした人の生活や治療をサポートする保障に変わってきたのです。

 

その流れとして、高額ながん診断一時金の商品が登場しました。

 

太陽生命の「がん・重大疾病予防保険」は、がんと診断されたら最大2000万円を受け取ることができます。オリックス生命の「がん保険Wish」は最高で600万円の診断一時金が出る、がん定期保険です。

 

高額な一時金は、その後の治療費に役立てたり、減少した収入の補塡に充てられます。

 

■さまざまな治療に対応した保障も

 

治療に対する保障も充実してきました。「治療給付金」「抗がん剤治療給付金」「ホルモン剤治療給付金」など、治療が継続する限り、毎月決まった金額を受け取れる商品も増えています。がんの治療が長期化したときの、収入減を補うこともできるはずです。

 

また、自由診療に対応したがん保険も、続々と登場しています。これは治療法の選択肢を広げてくれます。

 

健康保険が使えない自由診療は、かなり高額な費用がかかります。この保障があれば、お金が足りなくて治療を諦めることが少なくなります。

 

がん保険を選ぶ際には、検討する価値があると思います。

 

診断一時金を重視するか、治療給付金が充実しているほうがいいのかは、判断が分かれるところです。

 

一時金を活用すべきか、長期の治療に備えるべきか。どんながんに罹患するかわからない以上、選択が難しくなります。しかし、両方の保障を厚くすると、保険料もかなり高額になってしまいます。

 

『NEWよい保険・悪い保険2022年版』(徳間書店)より。
がん保険編 『NEWよい保険・悪い保険2022年版』(徳間書店)より。

 

 

次ページ働けないときの収入減をカバー

あなたにオススメのセミナー

    NEWよい保険・悪い保険2022年版

    NEWよい保険・悪い保険2022年版

    長尾 義弘
    横川 由理

    徳間書店

    人生100年時代といわれるほど人の一生は長くなりました。しかし長生きになることによって、新たなリスクが生じています。それは「生きるリスク」です。80~85歳の27%が要支援・要介護、85歳以上だと59%超というデータがあるよ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ