意外と安い?必要な時期に必要なだけ保障「共済」活用方法は【FPが解説】 (※画像はイメージです/PIXTA)

死亡や医療などの保障は、一生涯を通じて必要とはならないものです。それぞれのライフステージに必要な時期に必要なだけ、保障を得たいのなら、共済も有効な選択肢となってきます。ファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏と横川由理氏が『NEWよい保険・悪い保険2022年版』(徳間書店)で解説します。

顧客目線に立った商品内容やサービスか?

▶顧客に優しい保険会社

■顧客のためか、売上げ重視か保険会社の姿勢に注目

 

「顧客思いの保険会社」とは、本当に顧客のことを考えて保険業を営んでいるのか、顧客思いの商品を開発しているかなど、保険会社の姿勢も大きな要素となります。

 

以前、金融庁がダメ出しをした商品のひとつに、「外貨建て保険」があります。金融庁は、外貨建て保険で運用したケースと、外貨建ての債券や投資信託で運用したケースを比べて、外貨建て保険のほうが「10年で10%程度低くなる」と指摘しました。

 

たとえば「メットライフ生命」の「スーパー割引定期保険」では、保険料率を4つに分け、特に非喫煙者で健康状態のよい人の保険料を安く設定するなど、顧客の状況に合った商品を開発しています。

 

また、セカンドオピニオン相談デスクは、より高度な専門性が必要と判断した場合に、「優秀専門臨床医」を紹介するなどの付帯サービスにも定評があります。

 

「チューリッヒ生命」は、オリジナリティのある商品の開発や、業界に先駆けてストレス性疾患に注力するなど、方針がブレないこと、そして新しい商品にもチャレンジする精神が評価されています。

 

さらに、クーリング・オフの期間が長いこと。通常、クーリング・オフは、申込日または「申込みの撤回等に関する事項を記載した書面」を交付された日のいずれか遅い日から、その日を含めて8日以内。でも、チューリッヒ生命は31日以内と長いのです。

 

「SOMPOひまわり生命」は、「健康応援企業」への変革を目指しています。たとえば、医療保険の健康回復支援給付特約では、高血圧症・脂質異常症・高血糖症の投薬治療を受けた場合、健康回復支援給付金を受け取れます。また、生活習慣病重症化予防プログラムShipを提供しています。収入保障保険の「健康☆チャレンジ!制度」も画期的だといえるでしょう。

 

「オリックス生命」は、ホームページが見やすいことや、シンプルさを心掛けていることが見て取れます。

 

ティーペック社のサービスが医療関係の商品だけでなく死亡関係の商品まで広げたことは評価できます。

 

シンプルな保障内容を心掛け、喫煙の有無や健康状態に関わらず一律の保険料体系を採用。もちろん、肝心の保険料も安いといえるでしょう。

 

インターネット保険会社の先駆け「ライフネット生命」は、「ネットの会社だからこそリアルな接点を大切にしたい」と、開業当時から毎年、「ふれあいフェア」を開催。ふれあいフェアは、契約者向けイベントで、社長や社員が会社や保険のことを話したり、顧客側からも質問や要望を直接、伝えることができます。

 

託児サービスやお菓子・飲み物も用意。ライフネット生命には、顧客からの声や意見を参考にして、ウェブサイトを見やすく・使いやすくするための改善案を企画するセクションがあります。顧客の声が反映されるのはよいことだといえるでしょう。

 

『NEWよい保険・悪い保険2022年版』(徳間書店)より。
『NEWよい保険・悪い保険2022年版』(徳間書店)より。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/18(土)開催
投資家必見!銀行預金、国債に代わる新しい資産運用
ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」な理由

ファイナンシャルプランナー
AFP
日本年金学会会員

大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。

著書には『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

【ホームページ:http://neo.my.coocan.jp/nagao/

著者紹介

FPエージェンシー代表
CFP®
MBA(会計&ファイナンス)
日本証券アナリスト協会 認定アナリスト

生命保険会社での勤務を通じて、買う立場の人が不利にならない説明をする人が必要だと痛感。ファイナンシャル・プランニングの教育業界に飛び込む。

現在は、大学や企業、マネーセミナーの講師をはじめ、執筆など幅広く活動中。

著書には『2022〜2023年版保険 こう選ぶのが正解!』(実務教育出版)、『大切な人を亡くしたあとのお金のこと手続きのこと』(河出書房新社)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

【ホームページ:https://fp-agency.com/

著者紹介

連載忖度なし!プロが選ぶよい保険・悪い保険

NEWよい保険・悪い保険2022年版

NEWよい保険・悪い保険2022年版

長尾 義弘
横川 由理

徳間書店

人生100年時代といわれるほど人の一生は長くなりました。しかし長生きになることによって、新たなリスクが生じています。それは「生きるリスク」です。80~85歳の27%が要支援・要介護、85歳以上だと59%超というデータがあるよ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ