(※写真はイメージです/PIXTA)

あなたが心底実現したいと思える「ぶっとんだ目標」を明確にすると、その目標に引き込まれていきます。未来に引っ張られるので予定調和の日常から抜け出せます。積極的に行動してしまうので、夢や目標が次々と実現してしまいます。エグゼクティブコーチの大平信孝氏が著書『部下は動かすな。』(すばる舎)で解説します。

「予定調和、縮小均衡」の現状から抜け出せる

もうひとつのメリットは、過去より未来が勝てるようになることです。

 

あなたは、過去と未来どちらからより影響を受けているでしょう。もしも、

 

・同じようなことの繰り返しの日々を送っている
・新しいことに挑戦しようとしても「うまくいかないかも」と躊ちゅう躇ち ょしてしまう
・うまくいく可能性よりも、うまくいかなかったときに失うリスクのほうが怖い

 

という場合は、過去からの影響を大きく受けています。

 

「過去」と「未来」が綱引きしているところを想像してみてください。

 

過去の出来事は自分でリアルに体験しているので記憶が鮮明でイメージしやすいので、「ぶっとんだ目標」がないと、未来よりも過去が勝ってしまいます。

 

そうすると、過去からの延長線上に予定調和の未来しか描けなくなります。結果的に、縮小均衡していくので、すべきことにばかり追われてしまい、あなたが本当にやりたいことを実現することは難しくなるわけです。

 

行きたい未来が鮮明に描ける「ぶっとんだ目標」があれば、「予定調和、縮小均衡」の現状から抜け出せます。「理想の未来」から引っ張ってもらえるからです。

 

・朝、目を覚ますと希望や勇気が湧いてきて、ついつい行動してしまう
・どうしようか迷ったときに、挑戦してしまう
・行きたい未来を思い浮かべるだけで、体が動いてしまう

 

という場合は未来から引っ張られています。

 

「ぶっとんだ目標」を描けると、いい映画を観たときと同じように、目標に引き込まれ、未来に引っ張られるので予定調和の日常から抜け出せます。つい行動してしまうので、夢や目標が次々と実現してしまいます。

 

実際、私がサポートして「ぶっとんだ目標」をたてられた方は、

 

・チームで「社長賞」を受賞
・部下から相談してくれるようになった
・成果が認められ、部署の増員が認められた
・部下が「人を育てられる」ようになった
・やめようと思っていた「会社で大抜擢」された
・チームの営業成績が「全国1 位」になった
・チームでの売上げが「数千万円アップ」した
・部下が「新人賞」を受賞
・大手の出版社から商業出版が決定
・憧れていた会社からヘッドハンティング
・グローバル企業への転職
・ご縁に恵まれて結婚
・夫婦関係が劇的に改善した
・独立早々、複数の顧問契約を獲得
・出版した本が40 万部を超えるベストセラーになった
・オリンピック出場が決定
・全国大会連続総合優勝
・ずっとやりたかった新規事業が軌道に!

 

など、次々に成果を生み出しています。

 

大平信孝
株式会社アンカリング・イノベーション代表取締役

 

 

 

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、大平信孝氏の書籍『部下は動かすな。』(すばる舎)から一部を抜粋し、再編集したものです。

    部下は動かすな。

    部下は動かすな。

    大平 信孝

    すばる舎

    「部下が動いてくれない」「部下が一向に成長しない」「怒っても褒めてもうまくいかない」「チームが全然まとまらない」「リーダーとしての自信がない」… このような悩みを抱えるリーダーのあなたは、なんとかして部下・チ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ