日本人の「先進国最低レベルの歯並び」とグローバル人材の条件 (※写真はイメージです/PIXTA)

世界は今、大きな変化の潮目にあります。ロシアによるウクライナ侵攻、新型コロナウィルスの影響など人類が未経験の予測不可能な時代に突入しています。いま子どもたちに身につけさせておくべき3つ力とは何でしょうか。成田信一氏が著書『自分で考え、やり抜く子の育て方』(プレジデント社)で解説します。

【関連記事】「灘中の落ちこぼれ」が「東大医学部」に大逆転合格した勉強法

世界で活躍できる子どもに必要な3つのこと

世界は今、大きな変化の潮目にあります。予定されていた世界的なイベントが延期や中止を余儀なくされ、これまで当然だった日常生活も思うように送ることができない状況です。

 

そうした中、子どもたちの今後の生活がどうなってしまうのか、今の中高生が大人になった時に、どのような社会となっているのか……不安に感じる保護者の方は少なくないと思います。

 

私自身、実際にどのような世の中になるのか、まったくわかりません。

 

そんな想像もつかない世の中になった時に、自分のやりたいことを存分に実行でき、かつ他人に対しても配慮することができ、社会から必要とされ、活躍できる人になってほしい。

 

保護者であれば、どなたでもそう願っているはずでしょう。

 

そうなるために必要な三つのこと、

 

「英語を勉強すること」
「集団スポーツをすること」
「歯の矯正をすること」

 

です。

 

一つずつ、もう少し詳しく「なぜ必要なのか」を、ひもといていきます。

 

■英語を勉強すること……なぜ英語なのか

世界の人とコミュニケーションを取るにはツールが必要

 

「英語はできたほうがいい」

 

感覚的に多くの人は、このように感じていると思います。以前、末娘の英語塾の説明会に参加したら、大勢の人が来ていて驚きました。皆さん、やはり英語は勉強したほうがいいと思っているのだなと実感しました。「そうではない」と言う人はあまりいないと思います。

 

ただ、私の世代であれば、「英語ができる」ことが優位になったかもしれませんが、今の時代は幼児の頃から英語を学んでいて、できる子、できる人もたくさんいるのも事実です。

 

そんな状況の中、実際に今、グローバルに活躍するには英語は必須であり、英語ができるほうが将来の選択肢の幅は広がることは確かです。

 

ですが、そもそもなぜ「グローバルに活躍するには英語が必須」なのでしょうか。なぜ英語を勉強したほうがよいのでしょうか。

 

結局のところ、「英語を話す人たちとコミュニケーションを取るため」ではないでしょうか。世界には英語をメインに使っている人たちがたくさんいて、その人たちとコミュニケーションを取る際には、英語が使えなければ意思疎通ができないのです。

 

逆にいえば、英語を話す人たちとコミュニケーションを取る必要がなければ、別に英語ができなくても構わないわけですし、世界に日本語を話せる人が多ければ、英語を学ぶ必要はないでしょう。また、日本国内だけで完結させられるビジネスであれば、英語はほとんど不要です。

 

つまり、世界の多くの人が英語を話すから「英語ができたほうがよい」のですが、実はもしかしたら、世界では中国語を話す人のほうが多いかもしれません。実際、日本でも、「中国語を勉強したほうがいい」という声も最近はよく聞かれます。しかし現実には、英語と中国語を比べた時、「英語を勉強したほうがいい」と考える人のほうが多いでしょう。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

自由が丘矯正歯科クリニック院長
歯学博士

1965年神奈川県生まれ。神奈川県立湘南高等学校卒業、東京医科歯科大学歯学部卒業、歯科医師免許取得、東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第1講座入局。同大学大学院博士過程修了、東京医科歯科大学歯学部付属病院第1矯正科勤務。
1999年、東京・自由が丘に自由が丘矯正歯科クリニックを開設し院長に就任。「矯正治療は時間がかかる」という固定観念を根底から見直し、治療期間の短縮と痛みの軽減を追求したJETsystemを構築し、年々改良を重ねている。
クリニック経営と並行して、JETsystemの普及を目指し、JETsystemの研究会を主宰。日本矯正歯科学会正会員、アメリカ矯正歯科学会国際会員、東京矯正歯科学会正会員、顎変形症学会正会員。2005年以降、日本矯正歯科学会大会、東京矯正歯科学会大会などで、矯正治療システムや症例発表を積極的に行う。
3児の父として、自身の子どもを含め、日本の子どもたちが世界と対等に戦うことができる力を身につけてほしいと願い、子どもの人間性を育て、自立を促していくべく日々、情報を収集している。

著者紹介

連載「自分の力で生きていける力」を身につける方法

自分で考え、やり抜く子の育て方

自分で考え、やり抜く子の育て方

成田 信一

プレジデント社

今、日本も世界も激動の時代の真っ只中にあります。2020年以降、新型コロナウイルスの影響でどの国も鎖国に近い状態が続きましたが、落ち着きを取り戻す頃には、グローバル化の波がこれまで以上に強くやってくることになると予…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ