中高生に伝えたい「予測不可能な時代を生き抜く3つの条件」 (※写真はイメージです/PIXTA)

今、日本も世界も激動の時代のさなかにあります。ロシアによるウクライナ侵攻、新型コロナウィルスの影響など人類が未経験の予測不可能な時代に突入しています。いま子どもたちに身につけさせておくべき力は何か。成田信一氏が著書『自分で考え、やり抜く子の育て方』(プレジデント社)で語ります。

【関連記事】「灘中の落ちこぼれ」が「東大医学部」に大逆転合格した勉強法

いい学校、いい会社がゴールではない

■3児の父としてわが子に伝えたいこと

 

今、日本も世界も激動の時代のさなかにあります。2020年以降、新型コロナウイルスの影響でどの国も鎖国に近い状態が続きましたが、落ち着きを取り戻す頃には、以前と同じグローバル化の波がこれまで以上に強くやってくることになると思います。日本一国だけですべてを完結させることはできないというのは、皆さんも実感されていることと思います。

 

そして、これからの未来も、何が起こるかわかりません。そのような予測不可能な時代を生きるにあたって、今、子どもたちに身につけさせておくべき力は何か。

 

子育て中である私自身も、子どもたちの将来について、日々、思いを巡らせています。かつて自分が子どもだった頃は、いい成績を取って、いい大学へ進学して、いい会社に就職することが“いいこと”“幸せなこと”だとされていました。しかし現在では、そうした考えは根底から揺らいでいます。

 

そうした中、親ができるのは、目先の第1志望合格……“いい学校”や“いい会社”をゴールに頑張らせることではなく、どうなるかわからない世の中を生きるにあたって、“自分の力で生きていける力”を、身につけさせることではないでしょうか。

 

高校生くらいまでは、親がある程度レールを敷いて、その先は自分で道を探していく。人に言われてやるのではなく、「自分が本当は何をやるべきか」がわかっていて、それに応じて目標を設定して、「自分で計画を立てて実行する」……それが一番大事ではないかと思います。

 

そして、「社会の役に立ち、社会に貢献できる人」となってくれれば、親としてこれほどうれしいことはないでしょう。

 

では、そのためには、具体的にどうしたらよいのでしょうか。もちろん、幼少期からの「家庭での教育」がカギとなるのはいうまでもありません。ただ、私は幼児教育の専門家ではありません。

 

そんな私ではありますが、矯正歯科医として中高生やその保護者と接する機会が多くあり、かつ予備校講師を務めた経験、そして3人の子を育てている実体験から、「中高時代にこそ大切なこと」が、ぼんやりと見えてくるようになりました。

 

一つは「英語を身につけること」です。2020年度から小学校の英語授業が公立でも3年生から必修に、そして5年生になると教科になることからも、今後はますます重要性を増すことになるのはおわかりでしょう。

 

そして、欧米人とコミュニケーションを取るのであれば、歯並びは治しておいたほうがよいでしょう。これが、私が考える「中高時代にこそ大切なこと」の二つめ、「歯を矯正すること」です。

 

先にお伝えしたように、私は「患者さんの喜ぶ顔」が見たくて矯正歯科医になりました。確かに歯並びが美しくなることで、患者さんは笑顔になりますが、それだけでなく、矯正というのは、欧米人とのコミュニケーションを取る際にも、大いにプラスになるということを実感するようになりました。

 

留学を控えた中高生の来院はもちろん、留学を終えた子どもたちの言葉から、それは伝わってきました。欧米では「見た目が整っているかどうか」が、特に意識されるのです。

 

したがって、英語を勉強するということと、歯の矯正をすることは、どちらも同じくらい大切で、セットで考える必要があると私は思っています。どちらもグローバル化していく社会で将来活躍する子どもにとって、絶対といえるほど必要なことなのです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

自由が丘矯正歯科クリニック院長
歯学博士

1965年神奈川県生まれ。神奈川県立湘南高等学校卒業、東京医科歯科大学歯学部卒業、歯科医師免許取得、東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第1講座入局。同大学大学院博士過程修了、東京医科歯科大学歯学部付属病院第1矯正科勤務。
1999年、東京・自由が丘に自由が丘矯正歯科クリニックを開設し院長に就任。「矯正治療は時間がかかる」という固定観念を根底から見直し、治療期間の短縮と痛みの軽減を追求したJETsystemを構築し、年々改良を重ねている。
クリニック経営と並行して、JETsystemの普及を目指し、JETsystemの研究会を主宰。日本矯正歯科学会正会員、アメリカ矯正歯科学会国際会員、東京矯正歯科学会正会員、顎変形症学会正会員。2005年以降、日本矯正歯科学会大会、東京矯正歯科学会大会などで、矯正治療システムや症例発表を積極的に行う。
3児の父として、自身の子どもを含め、日本の子どもたちが世界と対等に戦うことができる力を身につけてほしいと願い、子どもの人間性を育て、自立を促していくべく日々、情報を収集している。

著者紹介

連載「自分の力で生きていける力」を身につける方法

自分で考え、やり抜く子の育て方

自分で考え、やり抜く子の育て方

成田 信一

プレジデント社

今、日本も世界も激動の時代の真っ只中にあります。2020年以降、新型コロナウイルスの影響でどの国も鎖国に近い状態が続きましたが、落ち着きを取り戻す頃には、グローバル化の波がこれまで以上に強くやってくることになると予…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ