「グローバル人材の3つの要素」を教えてくれた賢人との会話 (※写真はイメージです/PIXTA)

「英語、集団スポーツ、歯列矯正」――、この3つの要素が「これからの激動する社会で活躍する子どもたちには必要ではないか」と確信を持つようになったのは、2人のキーパーソンが同じ発言をしたからだといいます。その二人の人物とは。成田信一氏が著書『自分で考え、やり抜く子の育て方』(プレジデント社)で解説します。

【関連記事】「灘中の落ちこぼれ」が「東大医学部」に大逆転合格した勉強法

「3つの要素」が大切だと思ったきっかけ

「英語を勉強すること」
「集団スポーツをすること」
「歯の矯正をすること」

 

この三つの要素が、「これから世界で活躍したいと思う子どもたちには大事なのではないか」と私が確信を持つようになったのは、私が尊敬する二人が、別々のシーンで同じ発言をしたからです。

 

その二人というのは、『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』(SBクリエイティブ)の著者として知られる鎌田洋さんと、ザ・リッツ・カールトン・ホテル元日本支社長の高野登さんです。

 

ここでは、その二人のキーパーソンの話をしたいと思います。二人の背景を知っていただくことで、「三つの要素」の必要性を、説得力をもって理解していただけると思います。

 

■ディズニーランドで夜間掃除を続けていた鎌田洋さんのこと

 

鎌田洋さんは現在、ヴィジョナリー・ジャパンという企業向けのコンサルティング会社の代表取締役をされています。

 

鎌田さんについては、『ディズニー そうじの神様が教えてくれたこと』が中学校の道徳の本にも採用されていたので、ご存じの方も多いかもしれません。

 

ほかに『ディズニー おもてなしの神様が教えてくれたこと』『ディズニー 夢をかなえる神様が教えてくれたこと』(ともにSBクリエイティブ)など、いずれも話題となった本を書かれています。

 

これらは鎌田さんが、ディズニーランドを運営するオリエンタルランドに勤務されていた時の話がベースになっています。ただ、鎌田さんは、簡単に同社に入社されたわけではありません。

 

鎌田さんは商社やハウスメーカーを経て、5度目のチャレンジの末にオリエンタルランドに入社されました。米国旅行で現地のディズニーランドに行って感動した経験があり、今度日本にもできるということで、当時勤めていた商社を勢いよく辞めたそうです。

 

ところが入社試験になかなか受からず、ハウスメーカーでアルバイトをしながら受け続けたとか。

 

そして、ようやく採用され入社したものの、配属先は「ナイトカストーディアル」、つまり、「夜間の清掃部門」でした。閉園後、誰もいなくなったパーク内を清掃する部門です。

もし、あなたが憧れのディズニーランドで働くことになった時、「閉園後の夜の掃除を担当してください」と言われたら、どう感じますか?

 

昼間の清掃「デイカストーディアル」であれば、来場者とコミュニケーションが取れ、質問に答えたり道を案内したりして「ありがとうございます」と言われます。しかし、閉園後の清掃ですから誰からもそんなことは言われません。

 

この部門に配属が決まると、泣いたり辞めたりする人もいるそうです。そんな部門に、鎌田さんは8年間在籍し、その仕事に真剣に取り組みました。

 

鎌田さんが言うには、「ディズニーの教えを理解するには、やっぱりナイトカストーディアルが一番だ」ということです。

 

同部門に勤務中、ウォルト・ディズニーがこよなく信頼を寄せていた、アメリカのディズニーランドの初代カストーディアル・マネジャー、チャック・ボヤージン氏から2年間にわたり直接指導を受けたそうで、「ウォルト・ディズニーの言っていることがよくわかった」とおっしゃっていました。

 

ただ、当時鎌田さんはあまり英語が得意ではなく、チャック氏とのコミュニケーションも、「英語がもっとできていれば、もっとスムーズにやり取りできたのかもしれない」と感じていたようです。

 

それで、私にも「これから何をするにしても、やはり英語はできたほうがいい」とアドバイスしてくださったのだと思います。

 

鎌田さんはその後、デイカストーディアルとしてお客様との関わりを学び、ディズニー・ユニバーシティ(教育部門)の教育部長代理となり、オリエンタルランド全スタッフを指導・育成し、東京ディズニーランドの現在の教育制度の基礎をつくり上げました。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5月16日(月)開催
高いリターンと⼀括償却の節税が可能新しい投資商品
「国の補助金(4500万円)×太陽光発電×マイニング事業」
緊急セミナー[法人様限定] 詳しくはこちら>>>

自由が丘矯正歯科クリニック院長
歯学博士

1965年神奈川県生まれ。神奈川県立湘南高等学校卒業、東京医科歯科大学歯学部卒業、歯科医師免許取得、東京医科歯科大学歯学部歯科矯正学第1講座入局。同大学大学院博士過程修了、東京医科歯科大学歯学部付属病院第1矯正科勤務。
1999年、東京・自由が丘に自由が丘矯正歯科クリニックを開設し院長に就任。「矯正治療は時間がかかる」という固定観念を根底から見直し、治療期間の短縮と痛みの軽減を追求したJETsystemを構築し、年々改良を重ねている。
クリニック経営と並行して、JETsystemの普及を目指し、JETsystemの研究会を主宰。日本矯正歯科学会正会員、アメリカ矯正歯科学会国際会員、東京矯正歯科学会正会員、顎変形症学会正会員。2005年以降、日本矯正歯科学会大会、東京矯正歯科学会大会などで、矯正治療システムや症例発表を積極的に行う。
3児の父として、自身の子どもを含め、日本の子どもたちが世界と対等に戦うことができる力を身につけてほしいと願い、子どもの人間性を育て、自立を促していくべく日々、情報を収集している。

著者紹介

連載「自分の力で生きていける力」を身につける方法

自分で考え、やり抜く子の育て方

自分で考え、やり抜く子の育て方

成田 信一

プレジデント社

今、日本も世界も激動の時代の真っ只中にあります。2020年以降、新型コロナウイルスの影響でどの国も鎖国に近い状態が続きましたが、落ち着きを取り戻す頃には、グローバル化の波がこれまで以上に強くやってくることになると予…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ