家を購入したが団体信用生命保険に入れない…生命保険の見直し方【FPが指南】 (※画像はイメージです/PIXTA)

家庭の状況によって、あるいはライフステージごとに必要な保障は変わります。現状にピッタリ合った保障になるよう整えることが大事です。マイホームの購入、夫婦共稼ぎのディンクス、シングルマザーのライフプランに合わせた保険の見直しを考えます。ファイナンシャルプランナーの長尾義弘氏と横川由理氏が『NEWよい保険・悪い保険2022年版』(徳間書店)で解説します。

【関連記事】やってはいけない「保険の見直し」思わぬ落とし穴に要注意!

保険は定期的に見直すことが重要です

 

ひと口にリスクといっても、年代や家庭の状況によって、それぞれ内容は変わってきます。小さい子どものいる家庭とディンクスでは、必要保障額が違います。自営業者は会社員より社会保障が弱い分、保険などを利用して自助で備える必要があるのです。

 

住宅ローンを抱えている時期、教育費がかかる時期、定年後といったように、ひとつの家庭でもそのときどきに応じて必要保障額は変化します。

 

ずっと同じ保険では、そのときの必要額とズレが生じかねません。保障額が足りなかったり、逆に多すぎてムダな保険料を払っていることもあります。保険はいったん入れば終わりではありません。定期的に見直すことが重要です。

持病のある人の注意点…マイホームのライフプラン

■いまの保険を見直しつつ死亡保障を手厚くする

ケーススタディ③
夫:藤堂貴之さん(仮名)32歳、公務員
妻:ひろみさん(仮名)30歳、会社員
子ども:5歳
家計の状況
夫の年収:700万円
妻の年収:380万円
●月額の保険料:1万7,300円


藤堂さんは、32歳の公務員です。妻のひろみさんは会社員として働いています。加入中の保険は、大手保険会社の組立総合保険。定期保険特約の死亡保障は、2000万円です。子どもの教育費と生活費になればよいと、5年ほど前に加入しました。

 

先日、子どもが小学校に入る前にと、家を購入しました。通常、家を購入すると団体信用生命保険(以下団信)に加入することになります。団信は、住宅ローンの返済中に死亡した場合、保険金により残りの住宅ローンが相殺される保障制度をいいます。

 

しかし、藤堂さんは持病があるために団信に加入することができませんでした。そこで、加入中の保険を見直しつつ、引受基準緩和型の収入保障保険に加入することにしました。

 

組立保険の内容は、死亡、災害死亡、がん、急性心筋梗塞、脳卒中時の一時金、介護、障害、入院など多くの保障がついています。27歳のときに契約しました。保障期間は10年更新型で毎月1万4000円の保険料を支払っています。

 

藤堂さんは、新たな保険に入りにくいことから、死亡保障である定期保険特約2000万円と特定疾病特約200万円、医療特約を残して、解約することにしました。一部解約後の保険料は7000円になります。

 

さらに、引受基準緩和型の収入保障保険は60歳まで毎月15万円の保障を確保します。災害時の配偶者同時死亡保障もついており、保険料は7710円です。見直し前より、わずか710円分の保険料アップで、加入直後の保障は5000万円分多く準備をすることができました。

 

なお、定期保険特約の2000万円については、更新を迎えるタイミングで、減額して更新してください。健康状態が改善するまでは、今ある保険を上手に見直していきましょう。

 

ひろみさんは、100万円の三大疾病一時金がついた医療保険に加入をしています。この医療保険は、このまま続けます。

 

一方、ひろみさんの死亡に伴う収入のダウンに備えて死亡保障を確保しましょう。追加で収入保障保険に入っておくと安心です。夫と同様に、60歳まで15万円を確保すると、保険料は1966円です。

 

『NEWよい保険・悪い保険2022年版』(徳間書店)より。
●見直し前と見直し後 『NEWよい保険・悪い保険2022年版』(徳間書店)より。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】6/21(火)開催決定!
インドアゴルフ事業は次なるステージに突入します!
FCビジネスだけではない、新しいビジネス事業投資が登場
「シミュレーションゴルフ事業」投資の全貌 >>>>

ファイナンシャルプランナー
AFP
日本年金学会会員

大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。

著書には『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

【ホームページ:http://neo.my.coocan.jp/nagao/

著者紹介

FPエージェンシー代表
CFP®
MBA(会計&ファイナンス)
日本証券アナリスト協会 認定アナリスト

生命保険会社での勤務を通じて、買う立場の人が不利にならない説明をする人が必要だと痛感。ファイナンシャル・プランニングの教育業界に飛び込む。

現在は、大学や企業、マネーセミナーの講師をはじめ、執筆など幅広く活動中。

著書には『2022〜2023年版保険 こう選ぶのが正解!』(実務教育出版)、『大切な人を亡くしたあとのお金のこと手続きのこと』(河出書房新社)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

【ホームページ:https://fp-agency.com/

著者紹介

連載忖度なし!プロが選ぶよい保険・悪い保険

NEWよい保険・悪い保険2022年版

NEWよい保険・悪い保険2022年版

長尾 義弘
横川 由理

徳間書店

人生100年時代といわれるほど人の一生は長くなりました。しかし長生きになることによって、新たなリスクが生じています。それは「生きるリスク」です。80~85歳の27%が要支援・要介護、85歳以上だと59%超というデータがあるよ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ