認知症「早期発見」を妨げる“世間の思い込み”…認知症の「リアルな経過」を知る (※写真はイメージです/PIXTA)

認知症の重度化を防ぐには、早期発見が重要です。アルツハイマー病というと、世間では「家族の顔が分からなくなり、何もできなくなる」という思い込みが根強いようです。これは裏を返せば、軽微な症状が出ていても「この程度だったらただのもの忘れであり、認知症ではないだろう」ととらえられがちだということです。早期発見・適切なケアを始めるタイミングを見逃してしまわないように、アルツハイマー型認知症の病期と経過について見ていきましょう。

【中期】

この段階では、側頭葉から頭頂葉へと変性が広がり、見当識障害も進みます。現在の時間に加え、今いる場所も分からなくなるため、本人の混乱がいっそう大きくなる時期でもあります。

 

一方、身体は元気なことが多く、それゆえ徘徊と呼ばれる一人歩きをしたり、暴れたりするBPSDが最も出やすい時期でもあります。

 

〈見当識障害(時間・場所)〉

●季節が分からなくなり、真冬に薄着したり、真夏にセーターを着たりする

●家の中と外の区別がつかなくなり、道路を裸足で歩いたりする

 

〈道具や手足が使えない(失行)〉

●食事が一人で食べられない

●歯みがきや洗顔などの日常動作ができなくなり、着替えにも介助が必要になる

 

〈言葉がうまく使えない(失語)〉

●意味の通らない言葉を使う

●言葉が出なくなる

 

〈徘徊〉

●家の外に出て目的もなく歩き回る

●外出先から帰れなくなる

 

【後期】

後期には、人物の見当識障害が進みます。徐々に、脳内の大脳皮質の機能が広い範囲で失われていきます。運動機能も障害されてパーキンソン様症状や歩行障害も見られます。画像診断では脳の萎縮が高度にみられます。

 

〈見当識障害(人物)〉

●長年連れ添った配偶者の顔が分からなくなる

●自分の子どもなど、身近な人が判別できなくなる

 

〈排尿、排便障害〉

●便や尿をもらしてしまう

●トイレ以外の場所で排泄をする

●排泄物が何か分からなくなり、便をいじってしまう

 

【終末期】

認知機能が高度に障害されて、言語によるコミュニケーションがほとんど取れず、寝たきりの状態になります。なお、後期から終末期にかけては、活動力の低下に伴い運動や嚥下、呼吸機能といった認知機能以外の機能も衰えやすくなり、種々の合併症のリスクが高くなります。

 

〈表情が非常に乏しくなる〉

●話しかけても反応しなくなる

●表情を動かさなくなる

 

〈摂食障害〉

●嚥下障害等が進み、介助があっても食べ物を受けつけなくなる

●食べ方自体が分からなくなる

 

〈寝たきりになる〉

●歩行や座位を保つことが困難になり、寝たきりになる

●寝たきりになることにより、症状がさらに進んでしまう

 

病期別の症状と受診医療機関、推奨されるリハビリの一覧を【図表】に示します。

 

【図表】アルツハイマー病の症状と受診医療機関

 

病期が進むにつれ、記憶障害だけでなくBPSDの出現、運動機能の低下、内科的な病気の合併などが積み上がり、それらに応じたリハビリや治療が必要になってきます。これらもまた、患者の高齢化や余命の延伸によって、昔よりもその必要性は高まっているといえます。

 

認知症専門医だけでなく、かかりつけ医、精神科病院、リハビリ病院、救急病院等との連携を図ることが適切な治療にとって重要になってきます。

 

 

旭俊臣

旭神経内科リハビリテーション病院 院長

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

あなたにオススメのセミナー

    旭神経内科リハビリテーション病院 院長 日本神経学会認定神経内科専門医
    日本老年精神医学会専門医
    日本認知症学会専門医
    日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医

    千葉大学医学部を卒業後、銚子市立病院精神科、松戸市立病院神経内科を経て、旭神経内科医院を設立、院長に就任。

    介護老人保護施設栗ヶ沢デイホーム施設長、千葉県東葛北部地域リハビリテーション広域支援センター長を兼任。

    2002年には、回復期リハビリテーション病棟を開設。2004年に旭神経内科リハビリテーション病院に改称。認知症、寝たきりになっても、住み慣れた地域で長く暮らせる街づくりに取り組んでいる。

    日本認知症ケア学会平成26年度奨励賞、2016年第25回若月賞受賞。

    著者紹介

    連載専門医が徹底解説!「隠れ認知症」の早期発見・早期ケア

    ※本連載は、旭俊臣氏の著書『増補改訂版 早期発見+早期ケアで怖くない隠れ認知症』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

    増補改訂版 早期発見+早期ケアで怖くない隠れ認知症

    増補改訂版 早期発見+早期ケアで怖くない隠れ認知症

    旭 俊臣

    幻冬舎メディアコンサルティング

    近年、日本では高齢化に伴って認知症患者が増えています。罹患を疑われる高齢者やその家族の間では進行防止や早期のケアに対する関心も高まっていますが、本人の自覚もなく、家族も気づいていない「隠れ認知症」についてはあま…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ