日本の住宅に不可欠な「気密性能」だが…住宅メーカーが〈見て見ぬふり〉をするワケ 写真提供:オイカ創造所一級建築士事務所

日本では昔から「高温多湿な気候だから、家には風通しのよさが必要」と、半ば常識のように考えらえてきました。しかし、「換気がスムーズでほこりがたまりにくく、新鮮な空気を取り込める家=隙間風が吹き込む家」ではありません。快適な住環境を維持するには、逆説的に思えるかもしれませんが、住宅の「高気密化」が不可欠なのです。住まいるサポート株式会社代表取締役・高橋彰氏が解説していきます。

今、安易に家を建てると「資産価値激減」の可能性…これから日本の住宅が「快適になる」ワケ

日本の住宅に「高気密化」が必要な4つの理由

「住宅の改正省エネルギー基準の解説」(財団法人 建築環境・省エネルギー機構)によると、気密性を高めることが必要な理由は以下の4つとされています。

 

①漏気負荷を減らし省エネルギー化と室内温度環境の快適性向上を図る

②壁体通気を抑制し、断熱性能の低下を防止する

③壁体内結露を防止する

④計画換気の性能保持

 

やや専門的な表現ですが、①は隙間風を減らすことによる省エネと快適性能向上、②は隙間風を防いで断熱の機能を維持すること、③の壁体内結露を防止の重要性については、前回の記事『耐震性にも影響…「高温多湿の日本では、通風のいい家がよい」という“とんでもない誤解”』で解説したとおりです。

 

ここからは、④の計画換気の性能保持について説明したいと思います。

 

現在の建築基準法では、新築住宅には24時間換気システムの設置が義務づけられています。つまり新築住宅では、換気は基本的には24時間換気システムによって行われることが前提になっています。

 

また、『「冬の朝でも目覚めやすく、ほこりは減る」高断熱住宅に住んで“家事が楽になった”5つの理由』においては、高気密住宅は24時間換気システムがきちんと機能するため、ほこりが少なく掃除が楽であることも説明しました。

 

上記を踏まえてあらためて説明すると、新築住宅では、図表1の右側の図のように、24時間換気システムによって空気の流れをつくり、家全体を計画的に換気するように設計されます。ところが、気密性能の低い隙間だらけの住宅の場合、左側のように排気ファンの近くの隙間から給気することで「ショートサーキット」を起こしてしまい、計画通りに空気の流れができず、十分に換気されない場所ができてしまうのです。


 

出典:一般社団法人 日本エネルギーパス協会
[図表1]計画換気の性能保持(空気の鮮度維持) 出典:一般社団法人 日本エネルギーパス協会

 

低気密住宅では、換気が十分に機能しないため粉じんも排出されにくく、ほこりが増えます。そして、換気システムが計画通りに機能しなければ、当然、居住者の健康面だけでなく、家の耐久性にも悪影響を及ぼします。

 

矛盾するように思われるかもしれませんが、きちんと計画換気を機能させるためには、「十分な気密性能」が必要なのです。

 

住まいるサポート株式会社 代表取締役
一般社団法人日本エネルギーパス協会 広報室長 

神奈川県出身。東京大学修士課程(社会人特別選抜 木造建築コース)に在学中。千葉大学工学部建築工学科卒。リクルートビル事業部、UG都市建築、三和総合研究所、日本ERIなどで都市計画コンサルティングや省エネ住宅に関する制度設計等に携わった後、2018年に「高性能な住まいの相談室」を運営する住まいるサポートを起業。

日本でトップクラスの性能を誇る住宅会社を厳選して提携し、消費者に無料で紹介する等、住まいづくりのサポートを行うサービスを提供。

また、横浜市住宅政策課主催のセミナーや毎日新聞社主催のセミナー等、多数のセミナーに登壇、メディアへの出演など、高性能な住まいづくりに関する情報発信に積極的に取り組んでいる。

住まいづくりを考えている方々への情報発信を通して、ひとりでも多くの方が、住宅の性能に関する基礎知識を持つようになり、他の先進国並みに「結露のない健康・快適な家」を普及させることを目標としている。

住まいるサポート株式会社ウェブサイト:https://sml-support.com/

著者紹介

連載人生の質(QOL)が激変!性能にこだわった住まいづくりの知識

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ