今、安易に家を建てると「資産価値激減」の可能性…これから日本の住宅が「快適になる」ワケ 写真提供:アトリエカムイ

記事前編では、「日本で住宅の断熱性能が軽視され続けてきた背景」について解説してきました。後編では、今後予想される「住宅性能の制度改革」と、これから家を建てる人へのアドバイスについて、住まいるサポート株式会社代表取締役・高橋彰氏と東京大学大学院准教授・前真之氏がインタビュー形式で解説していきます。

【前編】我慢強いにもほどがある…「日本の家が寒すぎる」残念な理由

最小限の暖房で健康快適に…「等級5・6・7」の新設

Q:現状で国交省により推奨されている、省エネ基準最上位の「断熱等級4」は、1999年に定められたものです。しかし今後、省エネ基準の適合が義務化され、「断熱等級5・6・7」が新設される方向のようですね。

 

A:日本では断熱や省エネは住宅の新築・改修において義務ではなく、必ずしも満たす必要がありませんでした。さすがにそれはまずいということで、本来は2020年度から適合義務化を行う予定だったのですが、なぜか無期限延期になっていました。

 

今回、「脱炭素社会に向けた住宅・建築物の省エネ対策等のあり方検討会」などでの議論を通して、「2025年までに断熱等級4」と新築で一定の省エネ性能を義務化することが決まりました。また、等級5・6・7が上位の断熱等級として新たに設定されることも決まりました([図表]参照)。

 

[図表]等級5・6・7

 

Q:今回新たに設定された断熱等級5・6・7について、簡単に説明をお願いできますか?

 

A:断熱等級5はゼロエネルギー住宅、通称ZEHに求められている断熱性能です。これまでの断熱等級4よりは改善されていますが、健康快適のために全館空調を行うと暖房に多くのエネルギーが必要となり、残念ながら十分とは言えません。

 

一つ上位の断熱等級6なら、断熱等級4の家で部分間欠暖房を行うのと同じエネルギーで全館空調が行えます。最上位の断熱等級7は世界でもトップクラスと言ってよいでしょう。

 

また、[画像1]断熱・気密性能が異なる室内のサーモカメラの画像を見ていただければ、G2レベル(断熱等級6)の住まいの快適さがお分かりいただけると思います。

 

出典:暮らし創造研究会「心地よい住まいの暖房計画 増補改訂版」 https://kurashisozo.jp/img/effort/pdf2.pdf 撮影協力:LIXIL住まいStudio東京
[画像1]断熱・気密性能が異なる室内のサーモカメラの画像 出典:暮らし創造研究会「心地よい住まいの暖房計画 増補改訂版」
https://kurashisozo.jp/img/effort/pdf2.pdf
撮影協力:LIXIL住まいStudio東京

 

Q:等級5・6・7ができると、これからの住宅業界にどのような影響を及ぼすとお考えですか?

 

A:断熱等級5が当面は誘導基準とされ、2030年までに義務化される予定ですが、省エネと健康快適の両立には不十分です。

 

断熱等級6なら、現状と同じ暖房エネルギーで圧倒的に健康・快適な室内環境を得られます。高断熱な窓の普及に伴い追加コストも下がってきており、この断熱等級6を新築のベースラインと考えるべきです。

 

断熱等級7は、非常に強力な断熱レベルですが、窓をかなり小さくする必要があるなど、設計の制約は厳しく、コストも高くなります。

 

メニューに松竹梅があれば多くの人が竹を選ぶように、等級5・6・7があれば6を選ぶ人が多いでしょう。今後は断熱等級6をベースラインに、地域の気候に基づいて、最小限の暖房エネルギーで健康快適な室内環境を実現する、最適な断熱レベルが普及していくことが期待されます。

住まいるサポート株式会社 代表取締役
一般社団法人日本エネルギーパス協会 広報室長 

神奈川県出身。東京大学修士課程(社会人特別選抜 木造建築コース)に在学中。千葉大学工学部建築工学科卒。リクルートビル事業部、UG都市建築、三和総合研究所、日本ERIなどで都市計画コンサルティングや省エネ住宅に関する制度設計等に携わった後、2018年に「高性能な住まいの相談室」を運営する住まいるサポートを起業。

日本でトップクラスの性能を誇る住宅会社を厳選して提携し、消費者に無料で紹介する等、住まいづくりのサポートを行うサービスを提供。

また、横浜市住宅政策課主催のセミナーや毎日新聞社主催のセミナー等、多数のセミナーに登壇、メディアへの出演など、高性能な住まいづくりに関する情報発信に積極的に取り組んでいる。

住まいづくりを考えている方々への情報発信を通して、ひとりでも多くの方が、住宅の性能に関する基礎知識を持つようになり、他の先進国並みに「結露のない健康・快適な家」を普及させることを目標としている。

住まいるサポート株式会社ウェブサイト:https://sml-support.com/

著者紹介

東京大学大学院 工学系研究科建築学専攻 准教授 

昭和50年生まれ。広島県出身。

住宅のエネルギー消費全般を研究テーマに、建築物省エネ法における住宅の給湯・コジェネ設備の実態に即した1次エネ評価手法の開発に関わる。

現在は、健康・快適な生活を太陽エネルギーで実現するエコハウスの実現と普及のための要素技術・設計手法の開発に取り組んでいる。

著者紹介

連載人生の質(QOL)が激変!性能にこだわった住まいづくりの知識

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ