「冬の朝でも目覚めやすく、ほこりは減る」高断熱住宅に住んで“家事が楽になった”5つの理由 写真提供:アトリエハレトケ

日本の住宅は、他の先進国と比べて「断熱・気密性能」がかなり低くなっています。冬の脱衣所が寒いのも、結露が発生しやすいのも、この性能の低さが原因です。家を建てる際には、「断熱性能」の高さを重視し、健康で快適な生活を実現したいもの。さらに、「高気密・高断熱住宅」では家事も楽になることが明らかになっています。なぜ楽になるのか、住まいるサポート株式会社代表取締役の高橋彰氏が解説していきます。

【関連記事】日本の家の「寒すぎる脱衣所」…年間“約1.9万人”が「ヒートショック」で亡くなる

高断熱住宅に暮らすママ「家事が楽になった」と回答

住宅の断熱・気密性能を高めると、基本的にはメリットばかりで、デメリットはほとんどありません。以前の記事でヒートショックリスクが大幅に低減されることを説明したように、健康面で非常によい影響があります。

 

また、高気密・高断熱住宅での暮らしはとても快適です。人生の質、つまりQOL(Quality of Life)が大幅に向上すると言っても、決して大げさではありません。

 

建築費は少し高くなりますが、それ以上に光熱費をはじめとした維持コストが下がりますから、実は経済的にも「圧倒的」にお得です。さらに、家の耐久性も向上します。高気密住宅は通風のいい住宅に比べて耐久性が低いと思っている方が多いようですが、これは誤解です。これらについては、以降の連載で詳しくご説明します。

 

今回は、「家事」に焦点を当ててご説明したいと思います。あまり知られていないのですが、住宅の断熱・気密性能を高めると、家事がとても楽になるというメリットもあるのです。

 

新建新聞社から、「だん」という、高断熱住宅をテーマにした一般の方向けの雑誌が発行されています。

 

03号の特集は「暖かい家は家事楽ハウス! ママが楽しく暮らせる家」でした。3年ほど前の号ですが、まだAmazon等で購入可能です。

 

「だん」03号表紙

 

この特集記事の中で、「高断熱住宅に住むママ100人に聞きました。暮らしてみて『変わった』と感じることは?」というアンケートの結果が掲載されています。1位の「光熱費が下がった」が45%、それに次ぐ僅差の43%で2位が、「家事が楽になった」でした([図表1]参照)。

 

出典:「だん」03号(2019年 SPRING)新建新聞社を基に住まいるサポートが作成
[図表1]高断熱住宅は、家事も楽になる! 出典:「だん」03号(2019年 SPRING)新建新聞社を基に住まいるサポートが作成

あなたにオススメのセミナー

    住まいるサポート株式会社 代表取締役
    一般社団法人日本エネルギーパス協会 広報室長 

    神奈川県出身。東京大学修士課程(社会人特別選抜 木造建築コース)に在学中。千葉大学工学部建築工学科卒。リクルートビル事業部、UG都市建築、三和総合研究所、日本ERIなどで都市計画コンサルティングや省エネ住宅に関する制度設計等に携わった後、2018年に「高性能な住まいの相談室」を運営する住まいるサポートを起業。

    日本でトップクラスの性能を誇る住宅会社を厳選して提携し、消費者に無料で紹介する等、住まいづくりのサポートを行うサービスを提供。

    また、横浜市住宅政策課主催のセミナーや毎日新聞社主催のセミナー等、多数のセミナーに登壇、メディアへの出演など、高性能な住まいづくりに関する情報発信に積極的に取り組んでいる。

    住まいづくりを考えている方々への情報発信を通して、ひとりでも多くの方が、住宅の性能に関する基礎知識を持つようになり、他の先進国並みに「結露のない健康・快適な家」を普及させることを目標としている。

    住まいるサポート株式会社ウェブサイト:https://sml-support.com/

    著者紹介

    連載人生の質(QOL)が激変!性能にこだわった住まいづくりの知識

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ