図書館の民間委託は是か非か、本当にサービスは向上するのか? (※写真はイメージです/PIXTA)

図書館などの公的な施設を民間企業に運営委託するとコストが削減でき、サービスも向上するといいます。公共施設を民間企業に管理運営を任せる指定管理者制度は魔法の杖なのでしょうか。渡瀬裕哉氏が著書『無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和』(ワニブックス)で解説します。

【関連記事】医療先進国・日本が「ワクチン開発競争」に勝てない納得の理由

図書館のポテンシャルを引き出す民間の力

学問の基本となるのは色々な本を読むことです。個人で何万冊もの蔵書を持つような人もいますが、多くの人は図書館などを利用して調べ物をしたり、あるいは趣味の読書をしたりするのではないでしょうか。

 

日本に初めて近代的な図書館ができたのは、明治5年(1872)のことです。それ以前にも、蔵書を管理し一般への貸出を行う人はありましたが、明治初期には公共の社会施設としての図書館が福澤諭吉のような知識人によって紹介されています。そこで、明治政府は東京の湯島に官立公共図書館である「書籍館(しょじゃくかん)」を設立することとなりました。今からおよそ150年近く前のことです。

 

この書籍館が東京図書館、帝国図書館と名称を変え、戦後、GHQへ依頼してアメリカ本国から専門家を招き、昭和24年(1949)に現在の国立国会図書館が設立されます。帝国図書館や議会図書館の蔵書は、ほとんどが国立国会図書館に引き継がれています。

 

国立国会図書館には、日本国内で出版されたあらゆる書物が集まってきます。絶版書を探したり、戦前の書籍を読んだりするのにはとても便利です。根拠法は一般の公共図書館とは別の「国立国会図書館法」となっていて、国内の図書館の中でも少し特別な役割があります。政府や国会からの調査研究依頼に応じ、「国会議員の職務の遂行に資する」ことが定められています(第二条)。館長は議会の指名と承認によって任命されます。

 

一般的な公共図書館は、昭和25年(1950)4月に公布された図書館法に基づいて運営され、一般の人たちが無料で利用することができるようになっています。無料といっても、税金をかけて運営されているということです。

 

この法律の適用範囲は、地方公共団体が運営する公立図書館のほか、学校を除く様々な団体が運営する私立図書館にも及びます。一般公衆が本に触れることができ、「国民の教育と文化の発展に寄与する」目的が謳われています。特に公立図書館は、入館や資料の貸出に際しては対価を徴収してはならないと定められています(第十七条)。

 

大量の蔵書を良好な状態で管理し多くの人々の利用に提供するには、人件費や施設の維持管理費など莫大なコストがかかります。図書をはじめとする資料を収集するため、億円単位のコストもかかります。それでいて、利用者から対価を得て利益を生み出すことは、法律によって規制されています。利用率が低下するに任せていては、存在意義を問われて予算獲得もままなりません。予算が得られなければ、蔵書の管理もままなりません。このため、図書館のあり方や運営の仕方を含め、見直しがされてきています。

 

図書館によっては、役所が運営するのではなく、民間企業に委託する試みも行われています。商業施設との合併や集客イベント、カフェの併設といった事業を通じて、できるだけ多くの人たちに来てもらおうということです。そして集まった人たちが楽しんで有料で利用してもらえるようなコンテンツを作り、収支を改善していこうとしているわけです。見た目にも、いかにも古臭い建物が斬新なデザインになったことによって、SNSで画像が話題になる図書館も増えてきました。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5/18(水)開催
保有不動産の「価値」を向上させる最適な提案!
家賃収入、節税対策、相続対策、資産運用…「資産活用セミナー」

国際政治アナリスト
早稲田大学招聘研究員

1981年東京都生まれ。早稲田大学公共政策研究所招聘研究員、事業創造大学院大学国際公共政策研究所上席研究員。選挙コンサルタントとして知事・市長のマニフェスト作成など公共政策の立案に携わる。その後、創業メンバーとして立ち上げたIT企業が一部上場企業にM&Aされてグループ会社取締役として従事。
現在、一般社団法人「救国シンクタンク」を立ち上げ政策提言活動を展開。また、減税・規制廃止を求める国民運動一般社団法人「一国民の会」代表を務める。
著書に『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか―アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図』(すばる舎)『税金下げろ、規制をなくせ日本経済復活の処方箋』(光文社新書)など多数。雑誌『プレジデント』(プレジデント社)にて連載中

著者紹介

連載「無駄な規制をやめる、税金を下げる」と日本は元気になる!

※本連載は渡瀬裕哉氏の著書『無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和』(ワニブックス)から一部を抜粋し、再編集したものです。

無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和

無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和

渡瀬 裕哉

ワニブックス

現在の日本の政治や経済のムードを変えていくにはどうしたらよいのでしょうか。 タックスペイヤー(納税者)やリスクを取って挑戦する人を大事にする政治を作っていくことが求められているといいいます。 本書には「世の中に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ