なぜ進まない日本の「周波数オークション」結局、先送りか? (※写真はイメージです/PIXTA)

日本で電波オークションを導入すると、現在の政府の利用料収入も現在とはかなり変わるはずです。外国ですでに導入された実績からの推計では、約1兆円の予算が生まれると言われています。渡瀬裕哉氏が著書『無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和』(ワニブックス)で解説します。

【関連記事】医療先進国・日本が「ワクチン開発競争」に勝てない納得の理由

美術品オークションは展覧会方式の競売

オークションというと、現在は様々なものを扱っているインターネット・オークションを思い浮かべる人が多いかも知れません。もしくは『ルパン三世』でルパンが盗みに行くお宝のあるところのイメージとか、あるいは実際にテレビでニュースとなるような、高額の美術品を売買するサザビーズやクリスティーズを思い浮かべる人もいるかも知れません。

 

美術品オークションは、美術展覧会が発展した系譜上にあります。

 

世界で初めて美術展が開かれたのは、1667年のことです。フランスの王立アカデミーによるもので、「太陽王」と通称されるルイ十四世の頃にパレ・ロワイヤルの一画で開催されました。アカデミー会員の作品が一般公開され、市民が芸術に親しむ機会が作られたのです。

 

この美術展に対して、一般の人たちはそれほど興味を示さなかったといいます。隔年で開催された王立アカデミーの美術展はアカデミー会員の発表の場にはなりましたが、当時、美術品は王侯貴族のものであって、一般の人たちにとっては日々の生活の方が大事だったのです。

 

ルイ十四世の治世はフランスの絶対王政最盛期と言われ、親政のもとでフランスの国力強化が行われました。重商主義政策をとり、常備軍を作ってフランスが陸軍大国になったのもルイ十四世のときです。国王の権威を高める派手な施策も様々に行われます。よく知られているのはベルサイユ宮殿の建築で、貴族や聖職者に部屋を与えて宮廷文化が大いに花開きます。美術品もそういった中で振興されたものです。

 

日本で言えば、戦国時代に織田信長が安土城を建築したことや、茶の湯が盛んになったことと通じるところがあります。信長が茶器を武将への褒賞として利用したことで、茶器が一国を揺るがすぐらいの価値で取引されるまでになったのです。芸術をうまく権威と結びつけ、統治に利用する発想は、洋の東西を問わず共通のことなのかも知れません。

 

ルイ十四世が始めた美術展は、美術品の取引のあり方を大きく変えます。当時の美術品は、受注生産が主流です。貴族や裕福な人が気に入った画家を見つけると、パトロンとして支援し、注文に応じた作品を描かせて報酬を払うのです。

 

これが展覧会方式に変わっていく契機となったのが美術展の開催だったのです。フランス革命後は美術展が一般に広がっていき、美術品を展示して買い手が付き、価格が決まる方式が広まりました。日本人はあまりピンときませんが、海外で美術品と言えばすぐに頭の中でオークションとつながります。

 

オークションは、要するに展覧会方式の競売です。絵画などを展示して、一番高い価格を提示した人が落札し自分のものにできるという取引手法です。有名な画家の絵などは、びっくりするような高額で取引されることがあります。日本の実業家で著名な前澤友作氏がジャン=ミシェル・バスキアの作品を百億円以上の値で落札したときは、ニュースにもなりました。

 

最近の高額落札で報じられたのは、レオナルド・ダ・ヴィンチの『救世主(Salvator Mundi)』という作品で、このときの落札価格は500億円を超えました。ポール・ゴーギャンの『いつ結婚するの(NAFEA Faa ipoipo)』という絵画は300億円以上の値が付いています。

 

画商の人たちは、オークションの動向を見ながら仕入れや販売をします。たとえば、絵画作品を描いている人が大きなイベントのデザインをすることになると、箔が付いて元からの作品も値上がりするとか、生前よりも亡くなった後に作品が評価されるパターンを睨んで仕入れするなど、買い手が購入した後に価値が上がることを考えた取引をしているということです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】5月16日(月)開催
高いリターンと⼀括償却の節税が可能新しい投資商品
「国の補助金(4500万円)×太陽光発電×マイニング事業」
緊急セミナー[法人様限定] 詳しくはこちら>>>

国際政治アナリスト
早稲田大学招聘研究員

1981年東京都生まれ。早稲田大学公共政策研究所招聘研究員、事業創造大学院大学国際公共政策研究所上席研究員。選挙コンサルタントとして知事・市長のマニフェスト作成など公共政策の立案に携わる。その後、創業メンバーとして立ち上げたIT企業が一部上場企業にM&Aされてグループ会社取締役として従事。
現在、一般社団法人「救国シンクタンク」を立ち上げ政策提言活動を展開。また、減税・規制廃止を求める国民運動一般社団法人「一国民の会」代表を務める。
著書に『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか―アメリカから世界に拡散する格差と分断の構図』(すばる舎)『税金下げろ、規制をなくせ日本経済復活の処方箋』(光文社新書)など多数。雑誌『プレジデント』(プレジデント社)にて連載中

著者紹介

連載「無駄な規制をやめる、税金を下げる」と日本は元気になる!

※本連載は渡瀬裕哉氏の著書『無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和』(ワニブックス)から一部を抜粋し、再編集したものです。

無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和

無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和

渡瀬 裕哉

ワニブックス

現在の日本の政治や経済のムードを変えていくにはどうしたらよいのでしょうか。 タックスペイヤー(納税者)やリスクを取って挑戦する人を大事にする政治を作っていくことが求められているといいいます。 本書には「世の中に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ