豆菓子店・二代目社長の度肝を抜いた「中国のピーナッツ工場」想像を絶するスケール

日本が豊かになっていく過程で、顧客は商品の多様性を重視するようになり、従来の大量生産型ビジネスモデルでは厳しくなってきました。ある二代目社長は、主力商品の売り上げ低下をきっかけに、ライバルとして台頭してきた中国の商品を視察すべく現地の工場を訪れますが、目の前に広がるけた外れの光景に「これでは勝てない」と、大変な衝撃を受けます。

多様化する消費者ニーズ、大企業は対応可能だが…

消費者ニーズの多様化は、価格競争と同様に、生活に必要なものがひと通り揃ったことによる結果です。これも中小企業には厳しい変化で、特に中小メーカーは対応に苦労することになりました。

 

国全体が豊かになっていく中で、消費者はまず安さを求めるようになりました。また、企業の努力と価格競争によってある程度の安さが実現されると、次の段階として他と違うもの、自分らしいものといった基準でもの選びをするようになります。大量生産される既製品ではなく、機能、見た目、特徴などの点で、ニーズが分散し、一つひとつのニーズが小さくなっていくわけです。

 

ニーズの多様化は、簡単にいえば、顧客を一つの塊として捉えるのではなく、細分化して捉えるということです。従来は一つの商品で大勢のお客さんが満足してくれましたが、ニーズが多様化した市場では、複数の商品を作り、複数のタイプのお客さんを満足させなければなりません。

 

大手企業は、それが可能です。資金や労働力が豊富ですので、新たな商品を作り出し、ラインナップを広げていくことができます。しかし、中小企業はそれができません。商品開発に取り組む余裕がなく、特にメーカーは一つの商品を作るだけでもそれなりの設備投資が必要になるため、多品種小ロットの生産体制を作ることができないからです。

 

そのため、ニーズの多様化に対応していくには、「これ」という層のニーズに絞り込んで商品を作る必要があります。私の会社の例でいえば、バターピーナッツを好むお客さんだけに絞って商売するということです。当然、バターピーナッツ以外を求めるお客さんは諦めなければならず、その分だけ売り上げは減ります。バターピーナッツを好むお客さんが減っていくリスクもありますし、お客さんを限られた層だけに絞り込むこと自体が賭けです。

 

実際、80年代まではバターピーナッツがおつまみの定番として認識されていましたが、消費者の好みが多様化し、それに対応するための新たな商品の開発に迫られてもいました。そのような変化も含めて、私が入社した1977年ごろは、市場の嗜好が変わり始めた時期であり、地方の中小メーカーの不況が始まった時期でもあったのです。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

池田食品株式会社 代表取締役社長

1949年北海道生まれ。
明治大学卒業後に東京・大阪でのサラリーマン生活を経て、池田食品株式会社に入社、1984年に二代目の同社代表取締役社長に就任。
北海道ローカルであることを強みに、時代や流行に媚びることなくおいしさを届ける、これを信条とし、売上は年々向上している。
毎年開催する節分のイベントでは1万人集客するなど、地元から愛されている。

著者紹介

連載成長を続ける「豆菓子店」のスゴいレジリエンス経営

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

小さな豆屋の反逆 田舎の菓子製造業が貫いたレジリエンス経営

池田 光司

詩想社

価格競争や人材不足、災害やコロナ禍のような外部環境の変化によって多くの中小企業が苦境に立たされています。 創業74年を迎える老舗豆菓子メーカーの池田食品も例外ではなく、何度も経営の危機に直面しました。中国からの…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ