東京23区、初の転出超過!「不動産安全神話」は崩壊へと向かうのか? (※写真はイメージです/PIXTA)

コロナ禍で社会は大きく変わりましたが、そのひとつが人口移動。先日も「東京で初めて転出超過」と大きく報道されました。そのようななか、不動産投資家のなかには「東京都心不動産の安全神話の崩壊」とする人たちも。2021年、転出、転入の状況をみていきましょう。

【関連記事】首都圏のマンション価格バブル超え…それでも「タワマン」が増える事情 

2021年の人口移動…転入超過は10都府県

総務省『住民基本台帳人口移動報告』によると、2021年、市区町村間で移動した人は524万7744人。前年比0.2%の減少となりました。そのうち、都道府県をまたぐ移動は247万6640人、都道府県内の移動は277万1104人となりました。

 

都道府県別にみていくと、転入者数が最も多かったのは「東京都」で42万0,167人。「神奈川県」「埼玉県」「大阪府」「千葉県」と続きます。また転出数が最も多かったのも「東京都」で41万4,734人。「神奈川県」「大阪府」「埼玉県」「千葉県」と続きます。

 

転入、転出を差し引き、昨年、転入超過数が多かったのが「神奈川県」で3万1,844人。続いて「埼玉県」で2万7,807人。「千葉県」「福岡県」「大阪府」と続きます。一方でワーストは「広島県」で-5,344人人。続くのが「福島県」で-5,774人、「長崎県」「新潟県」「兵庫県」と続きます。

 

転入超過となったのは10都府県、ほかは転出超過となっています。

 

【都道府県「転入数」ベスト5】

1位「東京都」42万0,167人

2位「神奈川県」23万6,157人

3位「埼玉県」18万9,683人

4位「大阪府」16万8,009人

5位「千葉県」16万0,128人

 

【都道府県「転出数」ベスト5】

1位「東京都」41万4,734人

2位「神奈川県」20万4,313人

3位「大阪府」16万2,387人

4位「埼玉県」16万1,876人

5位「千葉県」14万3,513人

 

【都道府県「転入超過数」】

1位「神奈川県」3万1,844人

2位「埼玉県」2万7,807人

3位「千葉県」1万6,615人

4位「福岡県」5,792人

5位「大阪府」5,622人

********************

43位「兵庫県」▲5,344人

44位「新潟県」▲5,774人

45位「長崎県」▲5,899人

46位「福島県」▲6,116人

47位「広島県」▲7,159人

 

出所:総務省『住民基本台帳人口移動報告』(2021年)より

 

【7/9(土)関連セミナー開催】
機関投資家からの信頼も厚い「いちご」が不動産小口化商品を提供
「好立地×新築レジデンス」で叶える最強の「資産防衛」

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計・調査で紐解くニュースの裏側

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ