※画像はイメージです/PIXTA

資産形成の選択肢として、個人向け国債や個人向け社債もお勧めです。極めて堅実な投資商品でありながら、金利上昇の可能性もある「変動10年タイプ」の国債、格付けの高さを選択基準にすることで一層の安定感が期待できる個人向け社債など、メリットの高い商品があります。お金のプロが平易に解説します。

【関連記事】年収500万円だったが…14万円の年金生活におびえる人、続出

個人向け国債「3つのタイプ」のうちおすすめは?

債券は、国や地方自治体、会社などがお金を借りるために発行する借用証書のようなもの。国が発行している債券(国債)のなかで、政府が個人でも買いやすくしたものを「個人向け国債」といいます。個人向け国債を買うと、6カ月に1度利息が受け取れるうえ、満期になると貸したお金が返ってきます。

 

個人向け国債は年12回、毎月発売されており、銀行や証券会社で1万円から購入可能です。最低でも年0.05%の金利が保証されています。満期になる前でも、発行後1年以上経てば換金できますが、直近2回の利息にあたる金額が差し引かれる点には注意です。

 

個人向け国債には、満期までの期間と金利のタイプによって「固定3年」「固定5年」「変動10年」の3種類が用意されています。おすすめは半年ごとに金利が見直される「変動10年」です。現状、個人向け国債の金利はどれも下限の0.05%。しかし今後、市場金利が上昇した場合に、金利が見直されて上昇する可能性があるのは変動10年のみだからです。

 

 

 

 10秒チェック! 

 

現状、個人向け国債の金利はどれも下限の0.05%。そのため、半年ごとに金利が見直され上昇する可能性のある「変動10年」がおすすめ。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】4月25日(木)開催
【税理士が徹底解説】
駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
安定の賃貸経営&節税を実現
「ガレージハウス」で進める相続税対策

 

【資産運用】5月8日(水)開催
米国株式投資に新たな選択肢
知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

次ページ企業が発行する債券、個人向け社債とは?

本記事は『1日1分読むだけで身につく お金大全100』(自由国民社)より抜粋・再編集したものです。

1日1分読むだけで身につく お金大全100

1日1分読むだけで身につく お金大全100

頼藤 太希 高山 一恵

自由国民社

著書累計70万部突破の著者が教える、お金にまつわる教養が盛りだくさん!貯め方、増やし方、節約の仕方をわかりやすく解説します。 忙しい人も、お金のことがわからなくて不安な人も1日1分読めば、お金の知識がしっかりと身…

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
会員向けセミナーの一覧