※画像はイメージです/PIXTA

日本の公的保険は大変充実しています。医療保険、労災保険、雇用保険、介護保険、年金保険など、病気やケガ、失業、介護、老後生活など、人生のあらゆる局面を手厚くサポートしてくれるのです。内容を具体的に見てきましょう。著名FPで投資家の頼藤太希氏と高山一恵氏が解説します。

【関連記事】年収500万円だったが…14万円の年金生活におびえる人、続出

「公的保険」にはどのようなものがある?

もしものときに頼るのは、まず公的保険です。

 

たとえば、医療保険(健康保険)ひとつとってみても、医療費の3割負担に加えて、高額療養費制度を利用すれば、自己負担の上限を超える医療費を払う必要がなくなります。仮に医療費が100万円かかった月があっても、自己負担額は9万円程度にまで抑えられるのです。

 

病気やケガで働けず、会社を休んだ場合は、通算して1年6ヵ月にわたって傷病手当金を受け取ることができます。受け取れる金額は給与のおよそ3分の2(厳密には、1日あたり標準報酬日額の3分の2)ですから、かなりの金額です。

 

また、医療保険同様、仕事中にケガや病気をしたら労災保険、失業したら雇用保険、介護が必要になったら介護保険から、それぞれさまざまな給付を受けることができます。そのうえ、老後の生活費は国民年金(基礎年金)や厚生年金といった年金である程度まかなえます。

 

このように、日本の公的保険はとても充実しているのです。

 

 

 

 10秒チェック! 

 

業務内外のケガ・病気を保障するものや、失業してしまったとき、障害を持ったときなどに対応する幅広い保険があります。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

あなたにオススメのセミナー

    本記事は『1日1分読むだけで身につく お金大全100』(自由国民社)より抜粋・再編集したものです。

    1日1分読むだけで身につく お金大全100

    1日1分読むだけで身につく お金大全100

    頼藤 太希 高山 一恵

    自由国民社

    著書累計70万部突破の著者が教える、お金にまつわる教養が盛りだくさん!貯め方、増やし方、節約の仕方をわかりやすく解説します。 忙しい人も、お金のことがわからなくて不安な人も1日1分読めば、お金の知識がしっかりと身…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ