米国、オミクロン株急増で「良いニュース」と「悪いニュース」【医師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

次から次へと変異株が登場する新型コロナウイルス。今一番勢いを増しているのはオミクロン株です。日本国内でも感染者が確認されていますが、海外に比べると圧倒的に少数。オミクロン株が猛威を振るっていると聞いても、日本人としてはあまりピンと来ないのではないでしょうか。オミクロン株の脅威性について、米国を中心に、現在の感染状況や議論を見ていきましょう。

【関連記事】いずれ日本も…米国のコロナワクチン接種率「7割で頭打ち」の背景

たった数週間でデルタ株を凌駕…オミクロン株の感染力

米国では、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染が、山火事のように広がっています。

 

米疾病対策センター(CDC)によると、2021年12月1日、米国で最初のオミクロン株の感染者が確認されました。その後ゲノムサーベイランスの結果、12月4日に終了した週は、オミクロン株は新規感染者の0.6%(同日新規感染者数6万728人)、12月11日に終了した週は6.9%(同5万9612人)、12月18日に終了した週は22.5%(同7万6510人)、そして12月25日に終了した週は58.6%(同10万4068人)でした。たった数週間でデルタ株からオミクロン株の優勢に置き換わってしまったのです。

 

米国立アレルギー感染症研究所(NIAID)のアンソニー・ファウチ所長が米ニュース番組で「前例がない」と述べたほどの割合です。

 

*CDCは当初、12月18日に終了した週の感染者の73%がオミクロン株と推測しました。ところがその後、推定値は22.5%に修正されました。CDCの当初の推定値はかなり外れていましたが、感染者数の増加と新しいデータは、依然として、オミクロン株の急速な広がりを示しています。

 

※1 https://covid.cdc.gov/covid-data-tracker/#variant-proportions

※2 https://covid.cdc.gov/covid-data-tracker/#trends_dailycases

※3 https://www.cnbc.com/2021/12/22/omicron-could-potentially-hasten-the-covid-pandemics-end-says-expert.html

どの地域も、いずれオミクロン株が主流になる見込み

ワシントン大学医学部保健指標評価研究所(IHME)と共同で外交問題評議会が主導する「Think Global Health」に、IHMEのアリ・モクダッド博士とキャサリン・リーチ・ケモン博士は「オミクロン株の拡散スピードは目を見張るものがあります。今後2ヵ月の間に、過去2年間に新型コロナウイルスに感染した人と同数の人が感染することが推測されます」と指摘します(※4)

 

実際、全米で感染者数は増え続け、12月27日は44万1278人もの新規感染者が確認されました。

 

ただし、オミクロン株の広がりは、地域ごとに差があります。たとえば、12月25日のCDCのデータによると、ニューヨーク州とニュージャージー州では、オミクロン株は感染者の88.4%。一方、ニューイングランド地方(メイン州、マサチューセッツ州、ニューハンプシャー州、バーモント州、コネチカット州、ロードアイランド州)では、まだオミクロン株は44.5%で、デルタ株が55.3%とまだ過半数を占めていました。

 

それでも、ニューイングランド地方もすぐにオミクロン株に置き換わることでしょう。事実、私が住むマサチューセッツ州でも、新型コロナウイルスの感染者が急増しています。12月27日には、1万2983人の感染が確認されました。1日で報告された過去最大の感染者数です。同日、25人が亡くなりました(※5)

 

※4 https://www.thinkglobalhealth.org/article/sensible-approach-omicron

※5 https://www.mass.gov/info-details/covid-19-response-reporting

星槎グループ医療・教育未来創生研究所 ボストン支部 研究員 内科医師、医学博士

米国ボストン在住。東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部付属病院血液・腫瘍内科にて造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。08年から13年まで、ハーバード大学で、肥満や老化などに関する研究に従事。ハーバード大学学部長賞を2度授与。現在、星槎グループ医療・教育未来創生研究所ボストン支部の研究員。

【主な著書】
『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)
『「カロリーゼロ」はかえって太る!』(講談社+α新書)
『健康でいたければ「それ」は食べるな』(朝日新聞出版)

著者紹介

医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から研究し、その成果を社会に発信していく特定非営利活動法人「医療ガバナンス研究所」による学会。「官でない公」を体現する次世代の研究者の育成を目的とし、全国の医療従事者が会員として名を連ねている。

著者紹介

連載医療従事者が本音で語る「日本社会」の現状~GGO For Doctor

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧