なぜアマゾンを分析すれば自社の業務・情報システムの課題が発見できるのか (※写真はイメージです/PIXTA)

会社の業務・情報システムの生産性や効率性を高めることは経営分析の重要なテーマです。中小企業の業務・情報システムの改善では、アマゾンの事例を分析すれば、自社の業務・情報システムのDX化の課題や問題点を発見することができるといいます。

【関連記事】入社3年で3割の社員が退職…少子高齢化で変わった、転職事情

業務・情報システム分析はDX化の観点で

自社経営資源分析の「業務・情報システム分析」の解説です。

 

会社の仕事は業務を通じて処理されますから、業務の生産性や効率性を高めることは重要です。そこで活躍するのが情報システムですが、一般的な日本的企業では、情報システム化がまだまだ遅れています。近年の情報システム化は、DXという言葉で表現される方向に進んでいます。

 

DXとは、Digital Transformationの略で、2004年にスェーデンのエリック・ストルターマン教授が提唱した概念で、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という少々抽象的な概念ですが、近年は、以下のようなポイントでDX化が進んでいます。

 

(1)クラウド活用で場所を問わない

 

DX化を皆さんも利用可能なAmazonを例に考えてみることにします。今やAmazonは、世界中で、家の中でも会社でも、自動車や電車の中でも使えます。それは、システムがクラウドと呼ばれる特定の場所を問わないところにあり、インターネットを通じて自由に使えるようになっているからです。Amazonは、一部例外を除き基本的に自社店舗を持ちません。クラウド上に仮想店舗があり、利用者はそこで商品を購入します。

 

さらにAmazonは、自社の製品・サービスをWebストアで売るだけでなく、AWSというサービスで、クラウド上にシステム構築するサービスも提供しています。AWS上に仕事で使うシステムを構築すれば、完全にリモートワークができるわけです。

 

(2)IoTでモノの情報を把握

 

IoTとは、Internet of Thingsの略で、モノにバーコードやICタグを付けて、場所や移動情報を捉えられるようになっています。このため、いつ頃商品を届けられるか、今どこにあるかが把握できるようになっています。

 

(3)AIで分析や付加価値を付ける

 

Amazonでは、膨大な顧客・購買データをAIで分析して、「この商品を買った人は、これも買っています」というようなお勧めをしてきます。取得・蓄積したデータを活用して、そのような付加価値や付加サービスを提供することもできるようになっています。

 

(4)モバイル活用でいつでも、どこでも使える

 

Amazonは、スマホなどのモバイル端末からでも注文することができます。電車の中で、ふと気づいた日用品の補充注文を行うこともできます。

 

(5)ペーパーレス・はんこレス

 

Amazonを利用するのに紙を必要としません。データ入力は、基本的に顧客が自分で行います。ですから、会社側で改めてデータ入力をする必要がありません。そして、入力されたデータは、システム間で連携され、配達される商品の伝票印刷まで繋がっています。また、返品も顧客が返品処理入力を行うため、Amazon側での作業はありません。

 

また、自分であることを認証するのに、デジタル認証を行いますから、はんこを必要としません。わざわざはんこを押すために出社する必要がないわけです。

 

このように皆さんも活用しているAmazonを例にとると、自社の業務・システムのDX化の課題が見えてきます。

 

ポイント
Amazonを例にDXの切り口を見つける

 

株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット 代表取締役
オフィス井口 代表

岐阜県出身。東京大学文学部社会学科卒業、シカゴ大学MBA。

日産自動車にて情報システム部門、海外企画部門を経験、中期計画・事業計画を担当。三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)にて、中堅~大企業向けに中計策定支援をはじめ、数多くの経営コンサルティング案件を手がける。その後、IT系などのコンサルティング会社を経て、2008年にオフィス井口設立。2009年から株式会社ユニバーサル・ワイ・ネット代表取締役。

2010年代には中央大学ビジネススクール客員教授、立教大学経営学部講師、対外経済貿易大学客員教授(中国・北京)等も務める。

クライアント企業の新規事業企画コンサル、中期経営計画策定やワークショップ方式の企業研修講師を多く務める。「研修程度の費用でコンサル以上の成果を」が売り。研修・講師実績多数。研修・セミナー等は年間100回程度のペースで実施(Zoom等を使ったオンラインセミナーや研修も実施している)。

【主な著書】
『マンガでやさしくわかる中期経営計画の立て方・使い方』(2019年)
『マンガでやさしくわかる経営企画の仕事』(2018年)
『マンガでやさしくわかる事業計画書』(2013年)
『ゼロからわかる事業計画書の作り方』(2009年)
(以上、日本能率協会マネジメントセンター)

『これならわかるマンガで入門!新規事業のはじめ方』(ダイヤモンド社、2015年)
『中期経営計画の立て方・使い方』(かんき出版、2008年)
『経営戦略のフレームワークがわかる』(産業能率大学出版部、2011年) ほか

著者紹介

連載事業計画書の作り方100の法則

※本連載は、井口嘉則氏の著書『事業計画書の作り方100の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)より一部を抜粋・再編集したものです。

事業計画書の作り方100の法則

事業計画書の作り方100の法則

井口 嘉則

日本能率協会マネジメントセンター

経営環境が激変する最悪シナリオを乗り切る「事業計画書」の立て方・作り方とは? 「ビジョン・戦略立案フレームワーク」で何を/どの段階で行うかがわかる“これからの”実践教科書。 コロナ禍にあっても、事業計画の立…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ