1年間の介護費用「平均100万円以上」だが…「お金をかけすぎた介護」の罠 (※写真はイメージです/PIXTA)

リハビリ専門デイサービス「リタポンテ」を運営する筆者らは、自宅のリフォームや介護支援の内容、介護用品選びは「高齢者の身体機能ファースト」で選ぶことが重要であると語ります。高齢になるほど、足腰の痛みや体力、筋力などの低下が現れますが、身体に負担をかけないようにと活動量を減らせば身体機能は弱る一方。自力でできることも減っていき、次第に寝たきりになってしまうのです。自宅で介護を行う場合、どれくらいお金をかけるのが正解なのでしょうか? ※本稿の内容は、2021年度の介護保険法などに基づいています。

【関連記事】65歳からは要注意…“介護寸前”を示す「なにげないサイン」

「1年間の介護費用」は医療費も含めて100万円以上!?

実際に介護をするとなったら、どれぐらいのお金がかかるのでしょうか?

 

公益財団法人生命保険文化センターの調べによると、手すりをつけたり、介護用ベッドを購入したりする、住宅改造・介護受け入れ準備のための一時費用の合計額の平均は69万円です。また、毎月の介護にかかる費用の平均額は介護保険の自己負担分を含めて7.8万円、全体の3割以上は10万円以上となっています【図表】

 

※参照:生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」/2018年度
【図表】介護費用はこれだけかかる! ※参照:生命保険文化センター「生命保険に関する全国実態調査」/2018年度

 

私自身、父親の介護の準備を始めるにあたって、本人が病院でリハビリを行っている間に、まず自宅のリフォームにとりかかりました。

 

父はパーキンソン病を発症し、パーキンソン病には手足の震えや、歩行困難などの症状があるため、自宅で車いすを利用する必要があり、暮らしていくうえでは、どうしても屋内と車庫のスロープをリフォームをしなければならなかったのです。

 

そして、その後の介護費用は、要介護3~5の段階からは限度額を超える月もあり、入院、検査などの医療費も含めて、年間で100万円以上かかりました。

 

医療費については、父の医療費を自分の世帯の医療費と合算して計上し、節税することにしました。法的にも問題はなく、それによって所得税が軽減されるので、その分をまた別の介護に関する支出に充てることができます。

 

また、費用面において介護保険の限度枠を超えてしまうと10割負担になります。限度額を超えたとき、もし「訪問看護や訪問リハビリ」をケアプランに入れてもらっていた場合などは、ケアマネジャーや訪問の医療専門職などに相談し、かかりつけ医の指示の下、看護とリハビリを医療保険で利用できるようにしてもらってみてください。

 

そうすることで、介護保険の限度枠に余裕ができ、自費で支払わなくてはならない分を、介護保険適用枠にすることも可能となります。

リハビリ専門デイサービス「リタポンテ」 代表取締役 

1965年生まれ。三重短期大学卒業。合弁会社・株式会社保険市場の代表取締役を務めるなど、保険業界を中心に活躍をしていた中、親の介護の実体験がきっかけとなり「理学療法士によるリハビリテーション」「日本で初めて介護保険分野で受けられるサービス」を世に誕生させた誠和医科学(現・ポシブル医科学株式会社)と出会う。

生活期のリハビリの重要性を説く考えに共感し、同氏が代表を務めていたポシブル医科学株式会社その経営に参画した。

同社を退任後、生活期のリハビリが不毛不足する東京、関東圏に進出するため、リタポンテ株式会社を設立。リハビリ専門デイサービス、リタポンテを新宿区で開業。「日本から寝たきりをなくすために、おせっかいを科学する」を合言葉に、リハビリを中心にした介護サービス事業を展開する。

著者紹介

リハビリ専門デイサービス「リタポンテ」 執行役員兼事業部長
理学療法士 

1974年生まれ。中京女子大学(現・至学館大学)卒業後、関西女子医療技術専門学校理学療法学科(現・関西福祉科学大学)を経て、理学療法士として活動。

塩中雅博氏のポシブル医科学株式会社の創業を支援。およそ10年間で、のべ16万人に生活期のリハビリを提供し、そのビジネスモデルの骨格を現場で作り上げてきた。同社退任後、神戸とともに、リタポンテ株式会社を立ち上げ、理学療法士の立場から、「高齢者に本当に大切なリハビリ」を提供している。

著者紹介

連載家族も本人も後悔しない、介護の「答え」

道路を渡れない老人たち リハビリ難民200万人を見捨てる日本。「寝たきり老人」はこうしてつくられる

道路を渡れない老人たち リハビリ難民200万人を見捨てる日本。「寝たきり老人」はこうしてつくられる

神戸 利文
上村 理絵

アスコム

青信号で道を渡り切れず、怖くて買い物にも行けない。 トイレに間に合わず、オムツを重ね履きしている。 長期間の寝たきり生活を送り、家族に迷惑をかけているのが申し訳ない…。 間違った介護と医療で、急激に身体が弱っ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ