米雇用統計(21年11月)…雇用者数(前月比)は市場予想を大幅に下回った一方、失業率は予想を上回る低下 (写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、ニッセイ基礎研究所が2021年12月6日に公開したレポートを転載したものです。

【関連記事】非正規だけでなくニートも…氷河期世代の生活が「今なお厳しい」ワケ

結果の概要:雇用者数は前月、市場予想を下回った一方、失業率は市場予想を上回る改善

12月3日、米国労働省(BLS)は11月の雇用統計を公表した。非農業部門雇用者数は、前月対比で+21.0万人の増加(前月改定値:+54.6万人)と、+53.1万人から上方修正された前月を下回ったほか、市場予想の+55.0万人(Bloomberg集計の中央値、以下同様)を大幅に下回った(後掲図表2参照)。

※ 季節調整済の数値。以下、特に断りがない限り、季節調整済の数値を記載している。

 

失業率は4.2%(前月:4.6%、市場予想:4.5%)と前月から▲0.4%ポイント低下し、市場予想を上回る改善を示した(後掲図表6参照)。労働参加率は61.8%(前月:61.6%、市場予想:61.7%)と前月から+0.2%ポイント増加し、市場予想を上回った(後掲図表5参照)。

※ 労働参加率は、生産年齢人口(16歳以上の人口)に対する労働力人口(就業者数と失業者数を合計したもの)の比率。

結果の評価:雇用回復ペースは大幅に鈍化も家計調査は労働市場の回復を示唆

事業所調査では、11月の非農業部門雇用者数の対前月比増加数が年初来で最低となったほか、年初来の月間平均増加数の+55.5万人を大幅に下回るなど、雇用増加ペースが大幅に鈍化したことを示した。

 

とくに、10月に前月比+17.0万人の大幅な増加となっていた娯楽・宿泊業で+2.3万人と雇用の伸びが大幅に鈍化したほか、幅広い業種で雇用の伸びが鈍化した。

 

一方、家計調査では失業率が大幅に低下したほか、就業者数が前月比+113.6万人増加し、労働力人口も+59.4万人増加した結果、労働参加率が20年3月以来の水準に増加するなど、事業所調査とは対照的に労働市場の回復を示した。

 

[図表1]時間当たり賃金の伸び率
[図表1]時間当たり賃金の伸び率

 

時間当たり賃金(全雇用者ベース)は、前月比が+0.3%(前月:+0.4%、市場予想:+0.4%)と前月、市場予想を下回った。前年同月比は+4.8%(前月改訂値:+4.8%、市場予想:+5.0%)と+4.9%から下方修正された前月に一致した一方、市場予想を下回った(図表1)。このため、賃金上昇率は前月、前年同月比ともに上昇は一服した。

 

このようにみると、11月は雇用増加ペースが大幅に鈍化したものの、労働力人口の大幅な増加を伴って労働参加率が増加するなど、事業所調査と家計調査で対照的な結果となった。

 

パウエルFRB議長は先日の議会証言で12月のFOMC会合でテーパリングペースの拡大を議論することを示唆したが、11月の雇用統計の結果によってその方針が変更される可能性は低いだろう。

 

ニッセイ基礎研究所 経済研究部 主任研究員

【職歴】
 1991年 日本生命保険相互会社入社
 1999年 NLI International Inc.(米国)
 2004年 ニッセイアセットマネジメント株式会社
 2008年 公益財団法人 国際金融情報センター
 2014年10月より現職

著者紹介

連載ニッセイ基礎研究所レポート・インサイト

本記事記載のデータは各種の情報源からニッセイ基礎研究所が入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本記事は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧