株式時価総額、20年で10倍超!驚異の成長続く「フィリピン株式市場」 ※画像はイメージです/PIXTA

ウィズコロナ、アフターコロナを見据えて、海外を活用した投資が活発になりつつあります。対象となる国は色々とありますが、「投資適格国世界第1位」と世界から注目を浴びたのがフィリピンです。低成長を歩んできた2000年代の日本に対し、かたやフィリピンはこの20年で急成長を遂げてきました。みていきましょう。

【関連記事】なぜ世界の投資家は「フィリピン不動産」に熱視線を送るのか?

投資家が注目する「フィリピン」の成長力

\\2/5開催//
投資すべき国NO.1「フィリピン」を活用した資産防衛&永住権取得術
「NFT×フィリピン小口化不動産」最新情報…資産防衛のカタチが変わる!

 

経済成長の鈍化、人口減少……そんなネガティブな状況から、日本だけでは資産を守ることはできないと、海外を活用したポートフォリオの構築に急ぐ富裕層。投資対象としてさまざまな国が挙げられますが、そのなかでも支持されている国のひとつがフィリピンです。

 

なぜフィリピンなのかというと、よく言われているのが、労働者人口が数、比率共に増え続けることを表す「人口ボーナス」。現役世代が増え続けるということは、それだけモノを生産できるということであり、消費もされるということ。国の成長との関係が深い値として知られています。日本や欧米では人口ボーナス期が終了しているといわれ、東南アジアの国々では、2030~2050年ごろまで続くとされています。

 

そんななか、フィリピンはというと、人口ボーナス期が終わると推測されているのは2062年といわれ、ほかの新興国よりも安定的な経済成長が長く続くとされているのです。

 

このような可能性が注目され、米国の『U.S. News & World Report』誌は、2018年版の「投資するのに適した国々(Best Countries to Invest In)」という記事において、ナンバー1に「フィリピン」を選びました。

 

現在、フィリピンの人口は1億1100万人で世界第13位。その規模と将来人口から推測される経済成長に大きな注目が集まっていますが、実際、フィリピンはどのような国なのか、もう少し深堀してみましょう。

 

まずGDP。国連が発表した2019年時点の実質GDPは、フィリピンは3,756億1,200万米ドルで世界33位。アセアン諸国の中では16位「インドネシア」27位「タイ」に続く、第3位。ただ1人当たりGDPになると、世界128位と下位に沈みます(2020年国際通貨基金より)。ただ2001年1,004米ドルだったのが、3,323米ドルと約3倍に。日本がその間1.1倍にしかなっていないので、投資家がフィリピンの成長性に期待するのもうなづけます。

 

また実質GDP成長率も、コロナ禍の2020年は-9.57%と世界の中でも大きなダメージを受けた国のひとつでしたが、アジア通貨危機以降、成長が落ち込んだのはリーマンショック時の2009年のみで、5~6%の安定した経済成長を続けていました。

 

そして世界経済フォーラム(WEF)による国際競争力ランキングでは、2019年に世界64位。10年前の2009年と比較すると15位ほどランクアップしています。アセアン諸国のなかでは、1位「シンガポール」27位「マレーシア」40位「タイ」50位「インドネシア」56位「ブルネイ」と、ちょうど中盤に位置します。

 

\\2/10開催//
令和4年度税制改正を徹底解説!「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える
経営者・企業オーナーのための「節税対策」2022 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

連載資産防衛のための投資手法研究

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧