「手を繋ぐこともできない」自閉症の娘に拒否されて八方塞がりだった私を救った医師の言葉 「悔しい思いもたくさんした」と話す大迫環奈さん(仮名)

自閉症の特徴の一つに、触れ合いを苦手とする「接触過敏」という症状があります。そのせいで娘と手を繋げないと語る大迫環奈さん(仮名)35歳は、当時、周囲からの心ない言葉に苦しんでいました。今回は、そんな彼女を救った医師の言葉を紹介します。

【関連記事】「心臓病の妹が羨ましかった」12歳で双子の妹を亡くした姉を救った医師の言葉

砂が手に付くだけでパニックになる娘  

「『女の子なのに可哀想』と周囲に言われながら娘を育てました」

 

こう語るのは、自閉症の娘を持つ大迫環奈さん(仮名)、35歳。子どもがASDならではの苦悩をたくさん経験してきたと彼女はいいます。

 

ASD、いわゆる自閉症には様々な症状があり、

 

・こだわりが強い

・一人遊びが多い

・表情が乏しい

・発語の遅れ

 

などが挙げられるそう。

 

環奈さんの娘、茉莉花ちゃん(仮名)は、その中でも接触(感覚)過敏という症状が一番顕著だったといいます。

 

「数か月の頃から症状は出ていました。遊んでいても砂や水が手に付くだけで大泣きし、パニックになることが多々ありました。最初は、何がそんなに嫌なのか分からなくて、少し潔癖な子なのかな?くらいにしか思っていませんでした……。でも嫌がり方が尋常ではないので調べてみると、感覚過敏というものがあることを知り、これだと思いました」

 

感覚過敏の原因として、自閉症などの発達障害が隠れていることがあると知った環奈さん。

 

それが確信に変わったのは、娘さんのとある行動だったようです。

愛する娘との抱っこや手繋ぎができない

「これも1歳になる前からでしたが、娘は、手を繋いだり抱っこされたりすることを嫌がっていました。ハイハイであちこち行くので危ないと思い、抱き上げようものなら大泣き……。最初は行動を止められるのが嫌なのかと思っていましたが、そのうち触れられることが嫌なのだと気付いた時にはかなりのショックを受けました」

 

抱っこされたり、手を繋いだりと、普通なら子どもから求めてくるはずの行為を、拒否されてしまった環奈さんの衝撃は相当なものだったそう。

 

「親に触られたくない子どもなんているんだと驚きました。子どもはみんな『抱っこ』と手を伸ばしてくるものだと思っていましたから……。親なのに求められない、必要とされていない。それどころか拒否されている。そんな風に感じる瞬間が何度もあり、つらくて娘の前で泣いてしまうこともありました」

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している。

著者紹介

連載私を救った医師の言葉

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!