若者にとっては普通だが…40代が「持っていない価値観」3つ (画像はイメージです/PIXTA)

日本人は持ち家に住むのが当たり前でしたが、昨今、若い人を中心に家を持たず、旅をするように暮らす生き方が話題になっています。家族持ちや企業に勤める40代には絵空事のような暮らしですが、どうなるのでしょうか。※本連載は松尾一也著『40代から深く生きる人、浅く生きる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【関連記事】40代になると「人生がつまらなくなった」と感じてしまう理由

「感謝」「リスペクト」「シェア」の3つの価値観

▼浅く生きる人=エゴが強いまま

 

価値観も多様化して、ほとほと参ることがありますね。価値観の多様化は愉しむことがポイントとはいえ、特に若い人たちの文化は未知なことばかり。タピる、女装・美容男子、完全草食系、イケボ(イケメンボイス)などなど。

 

私は大学生や専門学生などの若者にも講義をする機会も多く、彼らと接して気づいたことがあります。

 

若者が大切にしている価値観は、まずは「感謝」。常に感謝を口にする習慣が目立ちます。

 

親や友だちへも素直に「ありがとう」を言う光景をよく見かけます。お店でも店員さんに「ありがとうございます!!」と気持ちのよいレスポンスをしています。

 

彼らにとって感謝の念を持つことが欠かせないようで、それをLINEスタンプやSNSでもキッチリ表現しているようです。これは我々世代とは顕著に違っています。「いつか言おう、言わなくても察してよ」はもう完全に時代遅れです。

 

次に「リスペクト」。お互いにリスペクト(敬意)を持たないと関係性が続かないとも言います。無論、これは若者世代ばかりではなくどの世代でも同じですが、彼らは特に重要視しています。

 

逆に友人や仲間をがっかりさせることが一番イヤなことで、信頼関係を築くように心がけているようです。これもあまり過敏になりすぎると生きづらくなりますが見習うべき文化ですね。

 

そして「シェア」。ルームシェア、カーシェア、洋服のシェアなど多彩です。わかち合いの精神はかなり進化しています。

 

我々世代までは所有する欲求が強く、「オレの車」「オレの家」「オレの彼女」自慢が激しかった記憶がありますが、今はそんな話題にはあまりなりません。そんな感性の若者が増えていることは事実なので、気持ちのよいところは進んで取り入れたいものです。

 

感謝、リスペクト、シェアの好循環に乗り遅れないように!

 

株式会社ルネッサンス・アイズ 

1961年東京都生まれ。大学時代より安岡正篤、中村天風のセミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間教育」に目覚める。富士通を経て、株式会社ルネッサンス・アイズを設立。

26歳で起業以来、「人間学の探求」をライフワークに、日本をリードする人物の講演会などを数多くプロデュース、現在では800名を超える講師陣ネットワークを築く。

また、自身も本物の人物から薫陶を受けた英知をわかりやすく伝え、人間力・リーダーシップ・モチベーション・コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマで日本各地を講演している。次世代リーダー育成スクール「Nexting」を展開中。

著書に、『出逢い力─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成─大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)がある。

著者紹介

連載激動の「40代」を深く、愉快に生きるコツ

40代から深く生きる人、浅く生きるひと

40代から深く生きる人、浅く生きるひと

松尾 一也

海竜社

気がつけば最近、たのしいと感じる瞬間がなくなっている。モチベーションがあがらない、人間関係に疲れている。就寝する頃には自分が完全に電池切れ、燃料切れになっている……。 最近の自分、ヤバくないっ!? それを特に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧