(※写真はイメージです/PIXTA)

元気だった父親が急死し、1000坪の土地と収益不動産を中心とした遺産が残されました。相続人は3人ですが、相談に乗ってもらった相手から相続税1億円との概算を出され、驚愕。多額の預貯金の準備もなく、納税資金をどうするべきか答えが見つかりません。相続実務士である曽根惠子氏(株式会社夢相続代表取締役)が、実際に寄せられた相談内容をもとに解説します。

【関連記事】子のない叔父の逝去…「これからもお願いね」泣き崩れた叔母が甥姪を調停に呼びつけた理由

土地持ちの不動産経営者の父、倒れる

今回の相談者は、40代の会社員の大塚さんです。先日、75歳の誕生日を迎えたばかりの父親が心臓発作を起こしてあっという間に亡くなってしまい、思ってもみないタイミングで相続が発生したとのことです。一切の準備をしていなかったため、父親の所有する土地の相続税の支払いにも大きな不安があり、いてもたってもいられず相談先を探したそうです。

 

 

大塚さんの父親の相続人は、70代の母親と、長男の大塚さん、二男の弟の3人。父親は遺言書を残しておらず、相続対策もしていませんでした。億に近い相続税をどうするか、家族全員が戦々恐々としています。

財産は1000坪の敷地と収益不動産、自宅と預貯金

大塚さんの父親は祖父から相続した土地を所有しており、そこに建てた貸家と貸店舗から入る家賃と地代で生活していました。土地は1000坪ほどもありますが、私道が通っていて、3つのブロックに分かれています。

 

母親の知り合いの親族だという、専門家を名乗る人に見てもらったところ、土地の評価は約4億円で、相続税は1億円近くかかるといわれ、驚愕し、夜もよく眠れないといいます。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページ適正な評価に脱力…

あなたにオススメのセミナー

    本記事は、株式会社夢相続が運営するサイトに掲載された相談事例を転載・再編集したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ