40代になっても立ち直れる人と立ち直れない人の決定的な違い (画像はイメージです/PIXTA)

40代になると、職場で、家庭で、親子関係で、友人関係で、健康問題で複雑なトラブルが続発してきます。そんなとき立ち直る力があるかないかで、その後の人生が違ってきます。※本連載は松尾一也著『40代から深く生きる人、浅く生きる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【関連記事】40代になると「人生がつまらなくなった」と感じてしまう理由

心が折れる40代こそ立ち直る力を高める

▼浅く生きる人=復元力がない

 

40代は心が折れること満載の日々です。職場で、家庭で、親子関係で、友人関係で、健康問題で複雑なトラブルが続発してきます。すべてが裏目、裏目に出ることもままあります。

 

友人に40代のときにすごい辛酸をなめた男がいます。軌道に乗せたつもりの事業も一夜にして破綻してしまい、家族にも逃げられて、おまけに謎の頸椎の強い痛みにさいなまれて、大手術を受けました。

 

当時、彼の話をただひたすら聴くことくらいしかしてあげられずにもどかしい思いでした。

 

彼はあるときから「もうくよくよしない!」と自分の心に誓い、思いっきり「陽気」にふるまうことを旨としたそうです。恐らくたくさんもがき苦しんだことでしょうが、ときが流れて現在、彼は新しい仕事を愉しみ、新しいパートナーと幸せに暮らしています。

 

逆に人間、落ちるところまで落ちないとこのような覚悟が定まらないとも言えますが、大いに勇気づけられる話です。

 

そんななか、現代人が身につけるべきスキルがあります。ひとつはネガティブな思考・感情を上書きさせるリフレーミングの習慣。リフレーミングとはまさに思い直す、考え直す、感じ直す、気分を直すことです。

 

たいしたことではない、誰も気にはしていない、これの方がよかった、またやり直せばいい、自分には縁がなかった、もっと楽しくなるかも……。

 

もうひとつは小さな希望のカケラをみつける習慣。

 

今日も元気に朝食を食べられる。

桜のつぼみがふくらんだのを心から愛でる。

陽の当たるカフェでコーヒーのおいしさを味わう。

終えた仕事にお客様から感謝のメールに喜ぶ。

お祝いのお酒のありがたみに酔う。

 

人は幸せの糸口をみつけるのが上手い人と下手な人に分かれます。これも生き方トレーニングなのです。やり直しはできないけれど、出直しは誰にでもできます。

株式会社ルネッサンス・アイズ 

1961年東京都生まれ。大学時代より安岡正篤、中村天風のセミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間教育」に目覚める。富士通を経て、株式会社ルネッサンス・アイズを設立。

26歳で起業以来、「人間学の探求」をライフワークに、日本をリードする人物の講演会などを数多くプロデュース、現在では800名を超える講師陣ネットワークを築く。

また、自身も本物の人物から薫陶を受けた英知をわかりやすく伝え、人間力・リーダーシップ・モチベーション・コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマで日本各地を講演している。次世代リーダー育成スクール「Nexting」を展開中。

著書に、『出逢い力─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成─大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)がある。

著者紹介

連載激動の「40代」を深く、愉快に生きるコツ

40代から深く生きる人、浅く生きるひと

40代から深く生きる人、浅く生きるひと

松尾 一也

海竜社

気がつけば最近、たのしいと感じる瞬間がなくなっている。モチベーションがあがらない、人間関係に疲れている。就寝する頃には自分が完全に電池切れ、燃料切れになっている……。 最近の自分、ヤバくないっ!? それを特に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧