「エジプトでは肛門の羊飼い」古代文明で使われていた薬と治療 (※画像はイメージです/PIXTA)

医学が発達していなかった頃、人々は神に祈ったり、呪術などで怪我や病気を治そうとしていましたが、薬草の効果も知っていて治療に用いていたようです。どのような植物が薬として使われ、どのような治療が行われていたのでしょうか

関連記事】タワマン大撃沈…もうすぐ「東京の不動産」が直面する、恐ろしい事態

古代遺跡から見つかった薬草

イラク北部にあるシャニダール洞窟からは、約6万年前のネアンデンタール人の骨が見つかっていますが、セイヨウノコギリソウやゼニアオイの花粉も多く見つかっており、これらの植物を利用していたと考えられています。

 

セイヨウノコギリソウはヨーロッパ原産のアキレア属の多年草で、春から秋にかけて白色または薄紅色のふさ状の花を咲かせます。組織を収縮させる効果があるので、出血を減らしますから、切り傷や擦り傷に草の汁を塗っていたのかもしれません。

 

属名のアキレアは、ホメロスの叙事詩『イリアス』に登場するトロイア戦争の英雄アキレスが傷薬として利用したことに由来する、といわれています。ヨーロッパでも「兵士の傷薬」と呼ばれ、古くから利用されていました。また、抗炎症作用や抗病原性、抗潰瘍性もあり、今でも呼吸器感染症や消化器疾患、皮膚疾患の治療に使われています。

 

また、ゼニアオイの花や葉には、粘膜を保護する成分が含まれているので、風邪を引いた時の喉の痛みや腫れを抑えるために利用されていたのかもしれません。現在もゼニアオイの花のエキスは、保湿効果を高めるために化粧品や洗顔料、ボディーソープなどに利用されています。

環境ジャーナリスト

1966年北海道生まれ。おもに、化学物質や電磁波、低周波音など環境因子による健康影響をテーマに執筆。『シックスクール問題と対策』(緑風出版)など著書多数。スウェーデンのオーレ・ヨハンソン博士(カロリンスカ研究所准教授・当時)と共に日本の電磁波過敏症発症者の実態調査をまとめた共著論文(Pathophysiology. 2012 Apr;19(2):95-100.)を発表

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!