新型コロナワクチンを「接種したくない」と思っていた人が接種を決めた理由 (写真はイメージです/PIXTA)

本連載は、ニッセイ基礎研究所が2021年10月20日に公開したレポートを転載したものです。

【関連記事】医師「放置しないでほしい」食後に眠い…は脳の危険信号だった

1―はじめに

新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種意向等についての分析としては、2021年3月に実施した同第4回調査を使って、ワクチン接種意向が高いのは高年齢者や、持病、肥満がある人のほか、同居家族のリスクへの配慮や、収束後には外出の機会が増えると予想している人であることを確認した

※村松容子「新型コロナワクチンをすぐにでも接種したい人とは?~同居家族のリスクへの配慮や収束後の行動への期待」ニッセイ基礎研究所基礎研レポート(2021年6月15日)

 

一方、すぐにはワクチンの接種を希望しない理由は、4つの因子「安全性への不安」「順番待ち・様子見」「面倒」「ワクチン不要」に集約できた

※村松容子「新型コロナワクチンをすぐには接種しない人の理由と特徴~「安全性への不安」「順番待ち・様子見」「面倒」「ワクチン不要」」ニッセイ基礎研究所基礎研レポート(2021年6月15日)

 

7月に実施した同第5回調査による分析では、ワクチン接種意向は高まっていたが、副反応への不安が依然として強かったことを示した

※村松容子「ワクチン接種意向は高まったが、副反応への不安は依然として高い~効果を認めつつも接種を躊躇している人をどう後押しするか」ニッセイ基礎研究所基礎研レポート(2021年7月20日)

 

本稿では、第5回調査(2021年7月5~7日実施)と第6回調査(9月22~29日実施)の両方に回答をした2,347人のうち7月時点ではワクチンをすぐには接種を希望していなかったが、9月時点では接種をしていた、あるいは接種予約をしていた人の、7月時点におけるワクチンをすぐには接種したくなかった理由、7~9月における感染不安の変化、ワクチン接種(予約)理由を紹介し、今後のワクチン接種体制で考慮すべき点について考えたい。

※20~74歳男女個人を対象とするインターネット調査。2021年7月5日~7日実施。有効回答数2,582。詳細は、「第5回新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」調査結果概要をご参照ください。


※20~74歳男女個人を対象とするインターネット調査。2021年9月22日~29日実施。有効回答数2,579。詳細は、「第6回新型コロナによる暮らしの変化に関する調査」調査結果概要をご参照ください。

2―7月から9月における接種状況・意向の変化~7月に「接種希望なし」の半数は9月にも「接種希望なし」。4割は「予約・接種済」

7月調査と9月調査の両方を回答した2,347人について、両時点におけるワクチン接種状況・意向を[図表1]に示す。

 

全体でみると、7月の調査時点では「すぐにでも接種したい」または「しばらく様子を見てから接種したい」(以下、「未予約・意向あり」とする。)が45.0%と最も高く半数近くを占めていた。

 

以下、「二回目まで接種を完了している」「一回目の接種は終えている」「一回目の接種予約は完了し、接種日を待っている」(以下、「予約・接種済」とする。)は37.3%、「あまり接種したくない」または「絶対に接種したくない」(以下、「接種希望なし」とする。)は17.8%だった。

 

それからおよそ3か月後の9月の調査時点では、「予約・接種済」が81.5%であり、「未予約・意向あり」が7.8%、「接種希望なし」が10.8%と、接種が進んでいた。「まだ予約していないが、すぐにでも接種したい」は2.8%と、予約待ちである人は大幅に減少していた。

 

接種意向のある人はおおむね予約まで終えたと考えられそうだ。

 

続いて、7月の接種状況・意向別の9月時点での接種状況・意向を[図表2]に示す

※7月時点で「予約・接種済」は図示を省略した。

 

全体でみると、7月時点で「未予約・意向あり」の8割以上が既に予約、または接種を済ませていた。「接種希望なし」だった人の半数近くが9月時点でも「接種希望なし」だったが、36.8%が9月時点で「予約・接種済」となっていた。

 

[図表1]と[図表2]を年代別にみると、60歳未満と60歳以上で差が大きい。60歳未満では7月の時点で「予約・接種済」だったのは2割強、「未予約・意向あり」が過半数を占めた。

 

7月時点の意向別に9月の接種状況・意向をみると、「接種希望なし」の4割弱が「予約・接種済」となっていた。

 

一方、60歳以上では、7月の時点で既に7割近くが「予約・接種済」だったが、7月の時点で「接種希望なし」だった人で9月に「予約・接種済」だったのは3割程度にとどまった。

 

60歳以上では、7月の時点で希望すれば予約はできる状況にあった自治体が多かったことから、若い世代と比べて9月までに意向が変わった人が少なかったものと考えられる。

 

[図表1]7月と9月時点におけるワクチン接種状況・意向
[図表1]7月と9月時点におけるワクチン接種状況・意向

 

[図表2]7月の接種状況・意向別 9月の接種状況・意向
[図表2]7月の接種状況・意向別9月の接種状況・意向

 

以下では、(1)7月の時点で既に「予約・接種済」(以下、「予約・接種済(7~9月)とする。」、(2)7月には「接種希望なし」で9月時点で「予約・接種済」(以下、「希望なし→予約・接種済」とする。)、(3)9月の時点でも「接種希望なし」(以下、「希望なし(7~9月)」を比較する。

 

ニッセイ基礎研究所 保険研究部 准主任研究員

【職歴】
 2003年 ニッセイ基礎研究所入社

著者紹介

連載ニッセイ基礎研究所レポート・インサイト

本記事記載のデータは各種の情報源からニッセイ基礎研究所が入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本記事は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!