小児科医が「ユーチューブチャンネル」で大反響となった理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

クリニックの経営環境がますます厳しくなっていく今後、来院数を増やすにはネットでの情報発信が欠かせません。ブログや各種SNSなど様々な手段がありますが、「日本一忙しい小児科医」とも呼ばれる筆者いわく、手始めにユーチューブチャンネルを開設するのがオススメとのこと。ユーチューブ動画ならではの汎用性の高さを見ていきましょう。

【関連記事】歯科業界を見れば明らか…「10年後も生き残るクリニック」の決定的特徴

これからの時代、患者が選ぶのは「顔が見える医師」

コロナ禍によって、Uber Eatsや出前館といったフードデリバリーサービスが脚光を浴びました。飲食店のサイトを見てオンライン注文するという消費行動は、2020年以降、急速に広まっています。

 

飲食店の料理をオンライン注文する場合、消費者は店の様子をそこまで細かくチェックはしません。料理がおいしそうか、料金は高過ぎないかなどの情報があれば、それで十分なのです。届いた料理が期待どおりの水準に達していなかったとしても、「まあ仕方がないか」と諦め、次から注文しなければ、それで済みます。

 

一方、オンライン診療の場合はそうはいきません。医師は患者にとって健康や命を預ける存在ですから、いい加減な人には診てもらいたくないと思うのが当然なのです。そこで多くの患者は、「顔の見える医師」を選びます。

 

そのため、これからの医師、クリニックに重要になるのが、ネットでの発信力です。

 

自院のホームページを開設するのは当然ですし、ユーチューブチャンネル、フェイスブックやツイッターなどのSNSで情報発信することも欠かせません。

 

そうして、多くの人に「この先生なら安心だ」「このクリニックで診察してもらいたい」と思ってもらえれば、来院数を伸ばすことが期待できます。特に、私の院のような小児科では、インターネットを使いこなしている若い母親世代がターゲットなので、ユーチューブやSNSでの情報発信が特に大事です。 

最も使い勝手がいいのは「ユーチューブ」

「顔の見える医師」になるための第一歩は、ユーチューブチャンネルの開設です。

 

ユーチューブの優れているところは、映像をツイッター、インスタグラム、フェイスブック、ブログなどに貼り付け、手軽に紹介できることです。

 

また、ユーチューブ用映像で話した内容をまとめ、あとで文章化する際の「ネタ元」にすることも可能です。

 

加えて、しっかりした台本を作らずに済む点もユーチューブの良いところです。ブログや雑誌などに掲載する文章を自分で書く場合、筋道を立て、理路整然とした書き方をしなければ意味が通じづらくなります。

 

一方、ユーチューブなら途中で話が脱線したりしても、それほどあらは目立ちません。

 

つまり、ブログなどに比べ、ユーチューブはコンテンツを量産しやすいのです。まずは自らの専門分野について、患者の役に立つ情報を数多く発信することを心掛けましょう。

「患者の悩みを解決する動画」はバズる可能性大

私は、自らのユーチューブチャンネル「小児科医 Mama's Doctor/鈴木幹啓」を開設してから5ヵ月間で、80本以上の動画をアップロードしました【図表】。

 

【図表】筆者のユーチューブのチャンネル(動画一覧)

 

私は小児科医ですから、動画テーマも子育てに悩む親にとって気になるものを厳選しています。再生数の上位は、「うちの子、ADHD? 発達障害?」「子供のゼーゼー/家で出来る対処法」「アトピー性皮膚炎 保湿剤の使い分け法」など。外来や私のオンラインサロンでもたくさん質問が寄せられるテーマが並んでいます。ほかの診療科でも、患者の悩み事を解決できるような動画を作れば、バズる可能性が高いのです。

 

逆に、ユーチューブで再生回数の多いテーマは、多くの患者にとって悩みの種なので、そこからブログやセミナーのネタを見つけることもできます。

ユーチューブ動画は「投稿した後」も重要

ユーチューブに動画をアップしたら、SNSでフォロワーに通知します。このときに留意すべきなのが、「コールトゥアクション」を忘れずに入れることです。コールトゥアクション(行動喚起)とは、訪問者を具体的な行動に誘導することを指します。

 

例えばフェイスブックの投稿の最後に、「この投稿に共感した人は『いいね!』をお願いします。もし、友人にこうしたお悩みをもっている方がいたら、シェアしてください」と明記し、行動を促すわけです。

 

また、SNSで最も大切にすべきなのはシェア数です。閲覧者が投稿をシェアすると、その人の友達にも同じ投稿が表示されやすくなり、結果的に読者を増やせるからです。

 

 

鈴木 幹啓

すずきこどもクリニック院長

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

すずきこどもクリニック 院長/株式会社オンラインドクター.com CEO 

すずきこどもクリニック(小児科):http://www.suzukikodomo.jp/

【経歴】
自治医科大学卒業
三重大学小児科入局
三重県立総合医療センター(小児一般病棟、新生児集中治療室、小児救急を担当)
国立病院機構三重中央医療センター(新生児集中治療室を担当)
国立病院機構三重病院 (小児急性期病棟、アレルギー・糖尿病・腎臓病慢性期病棟、重症心身障害児病棟を担当)
山田赤十字病院(小児一般病棟、新生児集中治療室、小児救急を担当)
紀南病院(小児科医長)
平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院
2020年10月、株式会社オンラインドクター.comを設立。CEOに就任

イシャチョク:https://ishachoku.com/
KARADAs:https://ishachoku.com/karadas/
こどもKARADAs:https://ishachoku.com/kodomokaradas/

【資格】
日本小児科学会認定小児科専門医、日本小児アレルギー学会
日本小児皮膚科学会、日本小児精神神経学会
(ケアマネジャー資格)(日本老年医学)(日本認知症学会)

著者紹介

連載「3分診療」で収益倍増!開業医を救うオンライン診療

※本連載は、鈴木幹啓氏の著書『開業医を救うオンライン診療』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

開業医を救うオンライン診療

開業医を救うオンライン診療

鈴木 幹啓

幻冬舎メディアコンサルティング

「3分診療」で収益倍増! 1日で最大350人もの外来患者を診る地方開業医が、開業医受難時代の起死回生の一手を語る。 新型コロナウイルス感染拡大で多くの患者が受診控えを行ったことにより、開業医は苦境に立たされてい…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧