日本一忙しい小児科医は見た…「医療コンサル」の仰天実態 (※写真はイメージです/PIXTA)

診療報酬の削減やコロナ禍による受診控え、それに伴う「長期処方患者」の増加…。クリニックの経営環境は苦しくなる一方です。コロナ禍が収束すれば経営状況も回復すると考える医師も少なくないようですが、開業医の未来は、決して楽観視できるものではありません。ただ診察をこなすだけでは淘汰される時代において、クリニック経営者に求められるスキルや姿勢とはどのようなものでしょうか。

【関連記事】開業医の赤字転落…コロナ後「収入が3分の1になる」の現実味

「患者を大切にすること」と「利益追求」は表裏一体

医師が診察をこなすだけで高収入を得られる時代は、すでに終わりました。これからは、創意工夫をこらし一生懸命に集患を行わなければ、「下流医師」に転落する危険性が大きくなります。

 

そんな未来の医師にとって何より欠かせないのは、「経営力」です。

 

現代日本では、医師がお金について語ることをよしとしない風潮があります。「医は仁術」という言葉のとおり、金銭を追求したりせず、患者を全力で診察することが大事だというのです。

 

しかし私は、こうした考え方に賛成できません。私自身も、患者は大切にすべきだと信じています。

 

ただ、患者のために全力を注ぐことと利益向上を目指すことは、必ずしも矛盾しないと思うのです。

 

クリニックの経営状態が悪化すれば、スタッフの待遇悪化や解雇などの恐れが高まります。当然、スタッフにはつらい思いをさせますし、医療の質も下がって患者に迷惑も掛けてしまいます。

 

また、万が一クリニックが倒産や廃業に追い込まれたら、地域の医療体制にも悪影響を与えます。患者のために尽くしながら、同時に、経営についても真剣に考える。それが、これからのクリニックにとって必須の態度です。

 

医師の知的水準は高いため、医師が開業する際にはその頭脳を働かせてきちんと利益を上げられるか検討するものです。

 

ところが、ほとんどの医師には経営力が欠けているため、ピントのぼけた分析をしがちです。

 

その結果、人通りはそれなりに多いが、高齢者ばかりで子どもが少ない地域に小児科医院を開業するなどの失敗をしてしまいます。

すずきこどもクリニック 院長/株式会社オンラインドクター.com CEO 

すずきこどもクリニック(小児科):http://www.suzukikodomo.jp/

【経歴】
自治医科大学卒業
三重大学小児科入局
三重県立総合医療センター(小児一般病棟、新生児集中治療室、小児救急を担当)
国立病院機構三重中央医療センター(新生児集中治療室を担当)
国立病院機構三重病院 (小児急性期病棟、アレルギー・糖尿病・腎臓病慢性期病棟、重症心身障害児病棟を担当)
山田赤十字病院(小児一般病棟、新生児集中治療室、小児救急を担当)
紀南病院(小児科医長)
平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院
2020年10月、株式会社オンラインドクター.comを設立。CEOに就任

イシャチョク:https://ishachoku.com/
KARADAs:https://ishachoku.com/karadas/
こどもKARADAs:https://ishachoku.com/kodomokaradas/

【資格】
日本小児科学会認定小児科専門医、日本小児アレルギー学会
日本小児皮膚科学会、日本小児精神神経学会
(ケアマネジャー資格)(日本老年医学)(日本認知症学会)

著者紹介

連載「3分診療」で収益倍増!開業医を救うオンライン診療

※本連載は、鈴木幹啓氏の著書『開業医を救うオンライン診療』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

開業医を救うオンライン診療

開業医を救うオンライン診療

鈴木 幹啓

幻冬舎メディアコンサルティング

「3分診療」で収益倍増! 1日で最大350人もの外来患者を診る地方開業医が、開業医受難時代の起死回生の一手を語る。 新型コロナウイルス感染拡大で多くの患者が受診控えを行ったことにより、開業医は苦境に立たされてい…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!