「指数」と「銘柄」の違い…バリュー・グロース指数の中身

本記事は、フィデリティ投信株式会社が提供するマーケット情報『マーケットを語らず』を転載したものです。※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

 

【関連記事】「指数」と「銘柄」の違い…偽者どうしの対決

証拠金債務残高の推移…マーケット転換の可能性を示唆

前回(「指数」と「銘柄」の違い…偽者どうしの対決)に続き、バリュー「指数」とバリュー「銘柄」、グロース「指数」とグロース「銘柄」との違いについて考えます。それは、インデックス投資とアクティブ投資について考えることでもあります。

 

米金融取引業規制機構(FINRA)が、2021年7月末時点のマージンデット(証拠金債務)の残高を公表しました。同残高は、パンデミックを受けた巨額の財政・金融政策出動直後の2020年4月から15ヵ月連続で増加した後、先月に初めて減少しました。
 

[図表1]S&P500vs.米国株式市場のマージンデッド残高(証拠金債務残高)
[図表1]S&P500vs.米国株式市場のマージンデッド残高(証拠金債務残高)

 

前年同月比で見ると、今回の伸びは、2000年3月(+80.5%)、2007年6月(+62.4%)および同7月(+62.6%)に肩を並べていましたが、今年3月(+71.6%)をピークに3ヵ月連続で(大幅に)鈍化しています。どちらも気がかりなタイミングです。
 

[図表2]S&P500vs.米国株式市場のマージンデッド残高(証拠金債務残高;前年同月比)
[図表2]S&P500vs.米国株式市場のマージンデッド残高(証拠金債務残高;前年同月比)
 

念のため、マーケットの変化に備えて、ポートフォリオのリスクを再点検しておくことがよいでしょう。

バリュー「指数」とグロース「指数」の算出方法

さて、筆者は、前回の記事で次のように書きました。

 

(引用開始)2007年からパンデミック以降も続く「バリュー劣後・グロース優位」の株式市場について、対決の支配的な構図は、「本来のバリュー株式」vs.「本来のグロース株式」ではなく、

 

「バリュー(回復力)を消されてしまった企業」vs.「資本力やレントシーキング(ロビー活動)によって、成長ポテンシャルのある小型企業(≒本来のグロース企業)との競争を回避し、消費者の選択肢を狭め、価格や家計にとっての潜在コストを引き上げる大型・独占企業」との対決だろうと考えています。

 

いわば「偽者どうしの対決」と言ってよいかもしれません。(引用終わり)

 

では、バリュー「指数」とグロース「指数」がどう作られるかを確認し、それらに対する現時点の投資妙味(バリューがありそうなのか、高い期待を超える成長を遂げそうなのか)を考えてみます。

 

主要な指数を挙げると、米国市場に上場されている時価総額上位約3000銘柄で構成されるラッセル3000、同じく上位500銘柄で構成されるS&P500、先進国の株式市場から選ばれるMSCIワールド指数は、いずれもサブ指数としてバリュー指数やグロース指数を持っており、これらはメインの指数の構成銘柄を2つに分類することで作成されます。

 

これらの各指数を管理する会社の算出方法はおおむね似通っています。まず、メイン指数の全銘柄を、株価純資産倍率(PBR)や予想株価収益率(PER)、配当利回り(→以上がバリュー属性)、過去数年間の1株利益(EPS)成長率や1株売上高成長率、今後数年間の1株利益成長率、直近の株価上昇率(→以上がグロース属性)などの項目ごとに「点数付け」します。

 

次に、各項目の点数を総合し、バリュー属性に近い・グロース属性から遠い銘柄がバリュー指数に、グロース属性に近い・バリュー属性から遠い銘柄がグロース指数に、それぞれ含まれます。

 

ただし、バリュー属性を持ち、なおかつグロース属性を持つものは、バリュー指数とグロース指数の両方に含まれる場合もあります。

 

\\注目のセミナー//
2022年の中小型株の「有望銘柄」発掘方法とは?<2/3開催>

 

フィデリティ投信株式会社
マクロストラテジスト

大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了後、農林中央金庫にて、外国証券・外国為替・デリバティブ等の会計・決済業務および外国債券・デリバティブ等の投資・運用業務に従事。

その後、野村アセットマネジメントの東京・シンガポール両拠点において、グローバル債券の運用およびプロダクトマネジメントに従事。

アール・ビー・エス証券にて外国債券ストラテジストを務めた後、2013年にJ.P.モルガン・アセット・マネジメントに入社、2019年同社マネージング・ディレクターに就任。ストラテジストとして、個人投資家や販売会社、機関投資家向けに経済や金融市場の情報提供を担う。2020年8月、フィデリティ投信入社。

著者紹介

連載フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」

【ご注意】
•当資料は、情報提供を目的としたものであり、ファンドの推奨(有価証券の勧誘)を目的としたものではありません。
•当資料は、信頼できる情報をもとにフィデリティ投信が作成しておりますが、その正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。
•当資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値、運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
•当資料にかかわる一切の権利は引用部分を除き作成者に属し、いかなる目的であれ当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧