「指数」と「銘柄」の違い…偽者どうしの対決

本記事は、フィデリティ投信株式会社が提供するマーケット情報『マーケットを語らず』を転載したものです。
※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

 

【関連記事】資産ポートフォリオの形成における「伝統的資産」の役割

バリューvs.グロースではなく、偽者どうしの対決

筆者は、2007年からパンデミック以降も続く「バリュー劣後・グロース優位」の株式市場について、対決の支配的な構図は、「本来のバリュー株式」vs.「本来のグロース株式」ではなく、

 

「バリュー(回復力)を消されてしまった企業」vs.「資本力やレントシーキング(ロビー活動)によって、成長ポテンシャルのある小型企業(≒本来のグロース企業)との競争を回避し、消費者の選択肢を狭め、価格や家計にとっての潜在コストを引き上げる大型・独占企業」との対決だろうと考えています。

 

いわば「偽者どうしの対決」と言ってよいかもしれません。

 

[図表1]期間:1926年6月~2021年6月、月次。1926年6月=100。時価総額加重平均ポートフォリオのトータルリターンの相対値。
[図表1]期間:1926年6月~2021年6月、月次。1926年6月=100。時価総額加重平均ポートフォリオのトータルリターンの相対値。

規制vs.自由

「バリュー劣後・グロース優位」の株式市場は、ひとつには、「市場構造に制約を課されている企業」と「自由なままの企業」との差から生じているでしょう。

 

言い換えれば、金融規制(→ボルカー・ルール施行は2015年)、中国を含む地球温暖化対策(→パリ協定発効は2016年)、最近では金融抑圧(インフレを下回る水準への長期金利の誘導)やESGなど、過去の「自由と資本主義の行き過ぎ」から制約を課されつつある企業と、

 

ITテクノロジーが持つネットワーク外部性のみならず、類似スタートアップ企業の買収やロビー活動などで独占を強め、租税回避を含むグローバル化でマージンや株主利益を最大化する、いわば「自由と資本主義の行き過ぎ」の恩恵を依然受ける企業との差です。

 

グローバル化や単純労働の増加、独占資本の蓄積や租税回避、財政難は、経済格差とディスインフレにつながっています。あるいは「単なる景気敏感銘柄」が「大型・独占銘柄」に居場所を奪われていることもあるかもしれません。

 

地球・金融環境の制約やテクノロジー独占企業の存在もあって、利益の長期的な成長期待に乏しく、景気循環の波を漂うだけの「単なる景気敏感銘柄」は景気回復・インフレ時には「上げ潮」的に浮き上がるものの、だとすれば、同じ景気敏感でかつ、ディスインフレ時にも底堅い「大型・独占銘柄」を選好する動きが続いているのかもしれません。

単なるモメンタム効果

もうひとつは、グロースに分類される株式が「正のモメンタム効果」(買いのトレンドフォロー)の恩恵を受け、バリューに分類される株式には、グロース・ロングの裏側として「負のモメンタム効果」(アンダーウェイトのトレンドフォロー)が生じている、というものです。

 

「過去が今後も続く」との強い思い込みや群集心理(≒個人投資家の台頭)と、彼らを追いかけたり先回りしたりするプロのトレンドフォロワーとの相互依存、言い換えれば、テクノロジーやESG、独占企業に対する「正のモメンタム効果」と、それら以外に対する「負のモメンタム効果」です。

 

これらをサポートしているのは、手数料ゼロの株式や信用・オプション取引(レバレッジ)と、プロによるフロントランニングを可能にすることで個人の取引手数料ゼロを実現させるペイメント・オーダー・フロー(POF)であり、まとめれば金融テクノロジーの進化です。

 

[図表2]期間:1926年12月~2021年6月、月次。1926年12月末=100。時価総額加重平均ポートフォリオのトータルリターンの相対値
[図表2]期間:1926年12月~2021年6月、月次。1926年12月末=100。時価総額加重平均ポートフォリオのトータルリターンの相対値

低金利は?

3つ目として、低金利が挙げられるかもしれません。

 

確かに、低金利やゼロ金利は、当面は利益がゼロや赤字であるものの、遠い将来には利益や利益の成長が期待されるような小型企業(≒本来のグロース企業)の株価をサポートします。

 

しかし、足元では、いくら金利が低下しても、小型・成長株式は冴えないままで、株価は「モメンタム」を失ったように見えます。そして、残されるのは大型・独占銘柄です。

 

やはり根底を流れるのは、モメンタムと独占に見えます。ちなみに、2000年のITバブル崩壊時も、小型・成長株式が大型・成長株式よりも先にピークを付けました。

 

[図表3]期間:2007年1月~2021年8月6日、週次。2006年末=100。大型グロース株式:Russell 1000 Growth Index、小型グロース株式:Russell 2000 Growth Index。
[図表3]期間:2007年1月~2021年8月6日、週次。2006年末=100。大型グロース株式:Russell 1000 Growth Index、小型グロース株式:Russell 2000 Growth Index。

 

「君主」による独占や富の追求、個人投資家の台頭、過去の外挿は、いったん走り出したら止まることはできず、それゆえいつか終わることを歴史は示唆します。

 

元のレポート:『【マーケットを語らず Vol.24】「指数」と「銘柄」の違い① 偽者どうしの対決』

 

重見 吉徳

フィデリティ投信株式会社

マクロストラテジスト

 

12/2(木)緊急開催!WEBセミナー
2022年4月、東証の「市場再編」で
中小型株に生まれる投資機会とは?

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【12/1開催】希少な"FIT型案件”を限定公開「太陽光発電」投資の最新事情

 

【12/1開催】「立ち退き、賃料増額調停」のトラブル事例と対応のコツ<弁護士が解説>

 

【12/2開催】税務メリットとキャピタルゲインが狙える!小型航空機・ヘリ投資とは?

 

【12/2開催】プロでも間違えやすいグループ再編成を活用した事業承継のルールとは?

 

【12/2開催】2022年4月、東証の「市場再編」中小型株に生まれる投資機会とは?

 

【12/7開催】市場の変動に左右されず安定した収益を獲得するための 「ヘッジファンド」戦略

 

【12/8開催】企業オーナー向けの決算対策「オペレーティングリース」投資の基礎講座

 

【12/8開催】相続、事業・資産承継の悩みを解決する「民事信託」の具体的活用術

 

【12/11開催】償却メリットを狙った「京都の町家」投資の魅力<幻冬舎会場・限定版>

フィデリティ投信株式会社
マクロストラテジスト

大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了後、農林中央金庫にて、外国証券・外国為替・デリバティブ等の会計・決済業務および外国債券・デリバティブ等の投資・運用業務に従事。

その後、野村アセットマネジメントの東京・シンガポール両拠点において、グローバル債券の運用およびプロダクトマネジメントに従事。

アール・ビー・エス証券にて外国債券ストラテジストを務めた後、2013年にJ.P.モルガン・アセット・マネジメントに入社、2019年同社マネージング・ディレクターに就任。ストラテジストとして、個人投資家や販売会社、機関投資家向けに経済や金融市場の情報提供を担う。2020年8月、フィデリティ投信入社。

著者紹介

連載フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」

【ご注意】
•当資料は、情報提供を目的としたものであり、ファンドの推奨(有価証券の勧誘)を目的としたものではありません。
•当資料は、信頼できる情報をもとにフィデリティ投信が作成しておりますが、その正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。
•当資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値、運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
•当資料にかかわる一切の権利は引用部分を除き作成者に属し、いかなる目的であれ当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!