なんで治らないの?…良かれとついた哀しいウソ【在宅医が見た医療の現場】 (※画像はイメージです/PIXTA)

本人に病気のことを話すのは可哀想だという家族もいます。もちろん、なかには「何も知らないでぽっくり逝きたい」と言う患者もいますが、身内や家族のあいだで隠し事があると、のちのちの不和の原因になります。それはなぜでしょうか。※本連載は中村明澄著『「在宅死」という選択』(大和書房)より一部を抜粋し、再編集した原稿です。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「現実を受け入れること」と「諦めること」

■死は誰のせいでもない

 

とても残念ですが、最後の最後まで、亡くなったのは医療者のせいだとおっしゃるご家族もいます。

 

「うちの父の病気が治らないのは、先生が早くみつけてくれなかったからだ」「もっとできる治療法があったはずなのに……」という感情から逃れられない方たちです。

 

大切な人の死を目の前にして、誰かのせいにしないとやっていられないという気持ちが湧いてしまうのは自然なことだと思います。一時的な防御反応であれば、仕方がありません。

 

ただ、そのネガティブな気持ちが長引くと、ご家族も私たち医療者も苦しくなります。

 

死は誰のせいでもありません。どう頑張っても治らない病気はありますし、老衰や認知症は誰にも止めることができません。

 

頭ではわかっているけれど、気持ちがついていかないという方もいらっしゃるでしょう。けれども医療者を恨んだり、過去の治療を疑って資料をひっくり返してみても、何の解決策にもなりません。

 

それよりも、貴重な最期の時間を、いかに有意義に過ごすかに気持ちを切り替えて考えたほうが、ご本人もご家族もずっと救われるはずです。

 

■現実を受け入れることは諦めじゃない

 

もちろん、希望を捨てなきゃいけないと言っているわけではありません。

 

もしかしたら新薬が見つかって、奇跡的に助かることを祈る気持ちがあるのは当然のことです。ただ、現実を受け入れることと、諦めることはけっして同義ではありません。

 

実際に死があと1か月ほどに迫っている場合、希望を持ちつつも、現実を受け入れて残った時間を大切に過ごせたほうが、みんなが幸せになれます。

 

いつまでも病気を誰かのせいにして引きずると、負の感情に負けて前向きになれず、苦しくなるばかりです。

 

残りの時間を受け入れたご家族は、とてもラクになります。「先生、今日は夫がたいやきを食べたいというから、買ってきたら一口食べてくれたんです」とうれしそうに報告してくださる方もいます。「今日は何を食べたいって言うかしら」とウキウキして残った時間を大切に過ごしているご家族の姿は、医療者にとっても救いです。

 

一方、「こんなはずじゃなかった。もっとリハビリさせればいいのに。もうすぐ死ぬかもしれないなんて、縁起でもないことを言うな」と、医療者に強くあたる方もいらっしゃいます。

 

どちらが幸せかは一目瞭然でしょう。

 

達観してほしいと言っているわけではありません。ただ、どんなに死にたくないと思っても、やはり死からは逃れられないのが人間です。誰かを責めて不満をぶつけたところで、現状は変わりません。

 

「どうしてこんなふうになってしまったのか」と嘆くよりも、受け入れて最期のひとときを充実させてほしいと願っています。

 

そうすることで、最期に「ああ、よかったね」と思える瞬間を迎えることができます。そして最期の時間を大切に過ごせると、実際にご本人が旅立ったあと、ご家族も穏やかな気持ちで死を受け入れることができるのです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】10/30開催
空き家再生×最低家賃で「利回り20%」を実現!
「ダイヤモンド空き家投資」最強の不動産投資ノウハウ
詳しくはこちら>>>

在宅医療専門医
家庭医療専門医
緩和医療認定医

2000年東京女子医科大学卒業。国立病院機構東京医療センター総合内科、筑波大学附属病院総合診療科を経て、2012年8月より千葉市の在宅医療を担う向日葵ホームクリニックを継承。2017年11月より千葉県八千代市に移転し「向日葵クリニック」として新規開業。訪問看護ステーション「向日葵ナースステーション」、緩和ケアの専門施設「メディカルホームKuKuRu」を併設。緩和ケア・終末期医療に力をいれ、年間100人以上の患者の方の看取りに携わっている。病院、特別支援学校、高齢者の福祉施設などで、ミュージカルの上演をしているNPO法人キャトル・リーフも理事長として運営。著書に『「在宅死」という選択 納得できる最期のために』(大和書房)がある。

著者紹介

連載「在宅死」という選択で自分らしい生き方と逝き方を探る

「在宅死」という選択~納得できる最期のために

「在宅死」という選択~納得できる最期のために

中村 明澄

大和書房

コロナ禍を経て、人と人とのつながり方や死生観について、あらためて考えを巡らせている方も多いでしょう。 実際、病院では面会がほとんどできないため、自宅療養を希望する人が増えているという。 本書は、在宅医が終末期の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧