50代男性が離婚、転職…「ローン残額2300万円」で破綻の危機 (※写真はイメージです/PIXTA)

住宅金融支援機構が公表しているデータによると、コロナ禍の現在、25人に1人が住宅ローンの返済に問題を抱えていると分かっています。他人事ではない住宅ローン危機。解決策はあるのでしょうか。離婚した後、マイホームの住宅ローンを返済できなくなったFさんの事例をもとに、クラッチ不動産株式会社代表取締役の井上悠一氏が解説します。

離婚後…借金に加え、住宅ローンを半年滞納した男性

Fさん〈大阪市城東区在住/職業:旅行・運送業/年齢:50代〉

 

○不動産……中古マンション

○家族………離婚した妻、息子

○住宅ローンの残額……2300万円

 

Fさんは2年前に離婚し、マイホームには別れた妻と中学生になる息子が住んでいます。マイホームは大阪の都心部から少し離れた住宅地にある築15年の中古マンションで、15年前に、3800万円、返済期間35年の住宅ローンを組んでFさんが購入したもので、2300万円の住宅ローンが残っています。

 

離婚では、婚姻後に夫婦が築いた財産は、その貢献度に応じて分配する「財産分与」が行われますが、Fさん家では、マイホーム以外にこれといった財産がなかったので、離婚後もFさんが住宅ローンの返済を続け、完済後にFさんから妻へ名義を変えることを約束。自宅には妻と息子にそのまま居住してもらい、Fさんが家を出ることで離婚が成立しました。

 

自宅を出たFさんは地元福岡に戻り、旅行会社に再就職をしましたが、以前勤めていた会社より給料が低くなってしまったことから、消費者金融にお金を借りてどうにか住宅ローンの返済と、息子の養育費の支払いを続けていました。

 

しかし、次第に消費者金融から借りたお金を返すことができなくなり、どこからもお金を借りることができなくなったことから、ついに住宅ローンを滞納してしまいます。

 

離婚後Fさんのようにマイホームの所有者が新たに別の場所に家を借りて住むケースでは、住宅ローンの支払いに加え、自分自身の賃料の支払いが新たに発生します。

 

これに養育費の支払いが重なると経済的な負担が増えて、どうしても住宅ローンを支払う余裕がなくなり、住宅ローン破綻を引き起こしてしまいます。なかには、別れた妻が無償で住んでいることに嫌気がさして、なかば嫌がらせのように住宅ローンの支払いをやめてしまう人もいます。

 

Fさんの場合は、離れて暮らす息子のためにどうにか住宅ローンの支払いを続けようと、お金の工面に奔走しましたが、ご自身の収入では住宅ローンの支払いは重く、消費者金融からの借入を繰り返せば、負債は膨らみ、いずれ破綻してしまいます。

 

私の事務所に相談に来られたときには、すでに住宅ローンを半年滞納したあとでした。「息子はまだ中学生なので、転校させず、このまま自宅に住まわせてあげたい」「なんとか住み続けられる方法はないか」と必死に訴えるFさんを見ていると、なんとかしたいという強い思いがこみ上げてきました。

クラッチ不動産株式会社 代表取締役
一般社団法人住宅ローン滞納問題相談室 代表理事 

兵庫県立姫路西高校卒業、立命館大学卒業。
弁護士を志し、立命館大学法科大学院へ進学するも、断念し、東証一部上場企業にて内部監査業務に従事。
自身のマンション購入をきっかけに不動産業界に入る決意をし、住友不動産販売へ転職。
法科大学院時代の友人弁護士から弁護士業務専門の不動産会社があることを知り、司法試験の経験が活かせると考え、中央プランナーへ転職。
任意売却専門の仲介会社である、クラッチ不動産株式会社を設立し、住宅ローンで悩める方のリスタートを支援。
一般社団法人住宅ローン滞納問題相談室を設立し、住宅ローンでお困りの多くの方々の幅広い相談に乗る。

著者紹介

連載あなたを住宅ローン危機から救う方法

※本連載は、井上悠一氏の著書『あなたを住宅ローン危機から救う方法』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

あなたを住宅ローン危機から救う方法

あなたを住宅ローン危機から救う方法

井上 悠一

幻冬舎メディアコンサルティング

住宅ローンの月々の返済が滞ると、金融機関から住宅ローンの一括返済を求められます。 しかし、そもそも月々の返済ができなくなっているわけですから一括返済などできるはずがありません。 そうなると裁判所の決定により自宅…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧