社長失格?「1個在庫・多品種展示」は全従業員に反対されたが 圧倒的な品揃えを誇る「1個在庫・多品種源氏」の店内。

「1個在庫、多品種展示」…、どんな価値観を持ったお客様がいらしても対応できるように、商品を徹底的に集めようと決意した店長。しかし、全従業員、そして母親からも大反対された。もう後戻りできない一本道を進むだけ。※本連載は飯田結太氏の著書『浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟』(プレジデント社)を抜粋し、再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

1円硬貨を作る技術がある会社の雪平鍋

■「1個在庫、多品種展示」の理由

 

市場調査をしていると、奇妙なことに気づきました。

 

駅チカの大型商業施設の大手総合専門店にも、まちなかの小さな店にも、どこにでも必ず置かれている商品の存在です。似たようなラインアップが並び、商品説明もほとんど同じ内容が書かれていました。

 

料理道具には売りやすい商品があるのです。

 

たとえば、雑誌やメディアに取り上げられて認知度の高い商品です。それらは機能的に優れていたり、ファッション性が高かったりといくつかの理由がありますが、棚に置いておくだけでお客様を惹きつけます。

 

ならば飯田屋でも取り扱えないかと考え、気になった商品を片っ端から写真に撮り、商品表示シールに記されているメーカーのお客様相談室に電話をかけてみました。

 

「かっぱ橋道具街に店を構えている飯田屋ですが……」

 

しかし、「おたくは何屋さん?」「新規の取り扱いは一切しておりません」と断られるばかり。新規の取り扱いを認めてくれたとしても、ほとんど利益にならないような掛け率を提示されたりしました。

 

売れるとわかっているのに、仕入れたい商品が思うように仕入れられません。悔しさが募るばかりでした。

 

飯田屋がようやく手に入れられるのは、どれも無名メーカーのもの。商品の包装すらないような武骨な道具ばかりでした。もちろんバーコードなんて付いていません。

 

初めはやむを得ず仕入れていました。しかし、実際に手にして特長を調べてみると、ほかにない技術でつくられた商品が多いことに驚かされます。

 

アカオアルミの雪平鍋もその一つでした。同社は業務用では超有名企業で、1円硬貨用アルミニウム円形を製造する技術を持ち、その製造を許された唯一の会社です。

 

しかし、残念ながら一般には知られていません。その技術力の高さや商品の持つ特長も一見しただけではわかりません。

 

商品には「情緒」と「機能」という二つの要素があります。

 

皿などは「情緒的要素」が高い商品と言えるでしょう。持ちやすさや割れにくさなど機能的な一面もありますが、それ以上に見た目の好みやその場の雰囲気に合うかどうかで選ばれます。メディアが取り上げる料理道具には、この情緒的要素が高いものが好まれる傾向がありそうです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】12/11(土)開催決定
投資家必見!銀行預金に代わる新しい資産運用!
「ソーシャルレンディングの見分け方」
緊急セミナー 
詳しくはこちら>>>

株式会社飯田代表取締役社長

大正元年(1912年)に東京・かっぱ橋で創業の老舗料理道具専門店「飯田屋」6代目。料理道具をこよなく愛する料理道具の申し子。TBS「マツコの知らない世界」やNHK「あさイチ」、日本テレビ「ヒルナンデス!」など多数のメディアで道具を伝える料理道具の伝道師としても活躍。自身が仕入れを行う道具は必ず前もって使ってみるという絶対的なポリシーを持ち、日々世界中の料理人を喜ばせるために活動している。監修書に『人生が変わる料理道具』(枻出版社)。2018年、東京商工会議所「第16回 勇気ある経営大賞」優秀賞受賞。

著者紹介

連載浅草かっぱ橋商店街で営業方針は「売るな」で大繁盛

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟

浅草かっぱ橋商店街 リアル店舗の奇蹟

飯田 結太

プレジデント社

効率度外視の「売らない」経営が廃業寸前の老舗を人気店に変えた。 ノルマなし。売上目標なし。営業方針はまさかの「売るな」──型破りの経営で店舗の売上は急拡大、ECサイトもアマゾンをしのぐ販売数を達成。 廃業の危機に…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!