(※写真はイメージです/PIXTA)

大阪の中心地に佇む築60年超の建物。家主は取り壊したいと考えていますが、唯一の入居者が退去を拒みます。83歳、生涯独身の杉山二郎さんです。頼れる身内は、連帯保証人である兄のみ。目を患っており、3年ほど家賃を払っていません。しかし高齢のため、強制執行は高確率で不能になると予想されます…。そこで家主たちは形だけ催告をし、調書をもって役所等へかけ合うことで転居先を探す、という方法を取ることにしました。OAG司法書士法人代表・太田垣章子氏が解説します。 ※本記事は、書籍『老後に住める家がない!』(ポプラ社)より一部を抜粋・編集したものです。

あなたにオススメのセミナー

    強制執行の催告…ドアを開くと、強烈な悪臭が漂った

    まだ肌寒い3月、強制執行の催告が行われました。

     

    二郎さんは室内にいましたが、部屋の引き戸を開けません。執行官がいくら声をかけても、籠城です。古い建具なので、ガタガタしていたらドアごと外れそうな勢いでした。

     

    「開けるよ」

     

    執行官が声をかけると、二郎さんは中から何やら大声を出しています。同時に鍵屋さんが簡単にドアを開けました。家主さんにすれば、何年かぶりに会う二郎さん。執行官や私にとっては、姿を見るのは初めてです。

     

    二郎さんは痩せ細り、銭湯にも行っていないからか、髪の毛は長く絡まったまま。洋服もいつ着替えたのかすら、分からないほど汚れています。ドアが開いた瞬間からツンと鼻をつく悪臭が漂い、とてもじゃないけれど耐えられません。思わず口で息をしました。

     

    部屋の隅には、使用済みの下着が積まれたままでした。悪臭の源はこれなのでしょう。二郎さんは障害者手帳も持っていながら、必要なサポートを受けていないのでしょうか。

     

    家賃を滞納していることは悪いし、高齢者だから許されるという訳ではありません。年齢的には執行不能かもしれませんが、二郎さんの姿を見れば、この部屋で住み続けることはもう不可能としか思えません。想像以上に劣悪な環境です。これでは、一人で近くの銭湯にも行けるはずがありません。

     

    窓のない4畳ほどの空間で1日の大半を過ごしているのでしょう。あまりに非衛生的でもあります。部屋に脱ぎっぱなしになっていた下着からしても、廊下を挟んだ対面にあるトイレにも行けていないようです。明らかに介護が必要な状況なのに、それが得られていません。ご飯もどうしているのでしょう。

     

    執行官も同じことを感じたようです。

     

    「体調はどうなの? 大丈夫なの?」

     

    二郎さんは必死にドアを閉めようとします。

     

    「このままだと執行で荷物全部出しちゃうことになるよ。そうなったら大変でしょう? ちゃんとここにいる司法書士さんとか、周りの人と相談してね。分かった?」

     

    執行官は、あとはよろしくと逃げ腰です。

     

    「二郎さん、目の見えない人たちの施設もありますから。そこを探していきましょう」

     

    私が声をかけても、返事はただ「帰れ!」の一点張り。

     

    「今日は帰るけど、これからのこと一緒に考えていきましょうね」

     

    そう声をかけても返事もなく、ドアがぴしゃっと閉められてしまいました。

    次ページならば、「お兄さん宅に引き取ってもらいたい」が…

    あなたにオススメのセミナー

      老後に住める家がない!

      老後に住める家がない!

      太田垣 章子

      ポプラ社

      今すぐ、「住活」を始めなさい!「住活」とは、自分のライフプランに合った「終の棲家」を得ることです。60代以降の自分の収入を確認して、最期まで払っていける家賃に合う住居を決めるのです。そのためには、さまざまな「断捨…

      人気記事ランキング

      • デイリー
      • 週間
      • 月間

      メルマガ会員登録者の
      ご案内

      メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

      メルマガ登録
      TOPへ