世界的デザイナーが「お土産を“小さな個人商店”で買う」ワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

私たちの消費活動によって、どのような組織や事業が次世代に譲り渡されていくのでしょうか。 ※本連載は山口周著『ビジネスの未来』(プレジデント社)の一部を抜粋し、編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「大きく、遠く、効率的」と「小さく、近く、美しく」

■「責任ある消費」で市場原理をハックする

 

私たちは日常生活の中で、特に意識することもなく、モノやサービスを購入するわけですが、この購入は一種の選挙として機能し、購入する人が意識することなく、どのようなモノやコトが、次の世代に譲り渡されていくかを決定することになります。

 

私たちが、単に「安いから」とか「便利だから」ということでお金を払い続ければ、やがて社会は「安い」「便利」というだけでしかないものによって埋め尽くされてしまうでしょう。もしあなたがそのような社会を望まないのだとすれば、まずは自分の経済活動から考え直さなければなりません。

 

だからこそ、「責任ある消費」という考えが重要になってくるのです。

 

なぜ「責任」なのかというと、私たちの消費活動によって、どのような組織や事業が次世代へと譲り渡されていくか、が決まってしまうからです。

 

私たちが、自分たちの消費活動になんらの社会的責任を意識せず、費用対効果の最大化ばかりを考えれば、社会の多様性は失われ、もっとも効率的に「役に立つモノ」を提供する事業者が社会に残るでしょう。

 

そのような大企業が社会を牛耳ることに批判的な人も多いのですが、彼らは別に権力者と結託してあのような支配的地位を獲得したわけではありません。彼らがあのような大きな権力を持つに至ったのは、なんのことはない、私たちがその事業者から多くのモノやコトを購入しているからです。

 

これはつまり、何を言っているかというと、これをひっくり返せば、市場原理をハックすれば、私たちが残したいモノやコトをしっかりと次世代に譲渡していくことが可能だということです。

 

■「小さく、近く、美しく」へ

 

ここでカギとなるのがより「小さく、近く、美しく」というベクトルです。近代社会において発展した経済は、基本的に「普遍的な物質的問題」を解消することで発展しましたから、その過程で多くの大企業を生み出すことになりました。普遍的な問題というのは顧客が全地球上にあまねく存在するということですから、スケールメリットを活かしてできるだけ長いバリューチェーンを築き、同じモノを大量に生産することが競争にとても有利だったからです。

 

その結果、今日の私たちの社会には「大きく、遠く、効率的」にという強迫的価値観が拭い難くはびこることになりました。この強迫は当然のことながら微成長が常態となる「高原社会」では精神を病む原因となりますし、何よりも「活動から得られるコンサマトリーな喜び」を排除する原因となります。

 

ここでカギとなるのが、より「小さく、近く、美しく」という逆方向のベクトルの回復です。「顔の見える関係による喜びの交換」がバリューチェーンからバリューサイクルへの転換の目的だとすれば、私たちの経済もまた、ここ200年のあいだ眦(まなじり)を決するようにして追いかけてきたより「大きく、遠く、効率的」にという価値観から脱却し、より「小さく、近く、美しく」へと物差しを逆転しなければなりません。

 

そして2020年9月現在、この方向への転換の大きな契機が世界中に訪れています。言うまでもありません、新型コロナウイルスによるパンデミックがそれです。すでに日本でも報じられている通り、感染拡大をきっかけとして大都市部から小都市・地方部への移住に関心を示す人が増えています。

 

きっかけは、いわゆるリモートワークです。リモートワークが常態化すれば、そもそも職場と住居を近接させる意味がありません。社員意識調査の世界最大手であるギャラップ社によれば、従業員のエンゲージメントは「週に80%の仕事をリモートワークにした場合、もっとも高まる」と発表しています。つまり通勤は週に1~2回程度がもっとも生産性が高く、それ以上の通勤を求めるとかえって生産性が落ちるということです。

 

ライプニッツ 代表 独立研究者
著作家
パブリックスピーカー

1970年東京都生まれ。神奈川県葉山町に在住。慶應義塾大学文学部哲学科、同大学院文学研究科美学美術史専攻修士課程修了。

電通、ボストン コンサルティング グループ等で戦略策定、文化政策、組織開発などに従事。『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(光文社新書)でビジネス書大賞2018準大賞、HRアワード2018最優秀賞(書籍部門)を受賞。

その他の著書に、『劣化するオッサン社会の処方箋』『世界で最もイノベーティブな組織の作り方』『外資系コンサルの知的生産術』『グーグルに勝つ広告モデル』(岡本一郎名義)(以上、光文社新書)、『外資系コンサルのスライド作成術』(東洋経済新報社)、『知的戦闘力を高める 独学の技法』『ニュータイプの時代』(ともにダイヤモンド社)、『武器になる哲学』(KADOKAWA)など。

(的野 弘路=撮影)

著者紹介

連載日本人はコロナ後の世界をどう生きるべきか

ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す

ビジネスの未来 エコノミーにヒューマニティを取り戻す

山口 周

プレジデント社

ビジネスはその歴史的使命をすでに終えているのではないか? 21世紀を生きる私たちの課せられた仕事は、過去のノスタルジーに引きずられて終了しつつある「経済成長」というゲームに不毛な延命・蘇生措置を施すことではない…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧